スポーツ

九州場所 四横綱が抱える「禁秘バクダン」(3)気が強い若手力士の台頭で…

 秋場所では優勝したものの、この阿武咲に金星を献上したのが日馬富士(33)だ。先の激戦の疲れはまだ取れていないようで、

「全身に疲労がたまり、巡業では稽古らしい稽古ができていません。本人には『次の初場所で‥‥』という気持ちがあるかもしれませんが、連覇は難しいのでは」(相撲関係者)

 実際、13年の初場所で横綱に昇進して以降、連覇は一度もない。

「昨年手術した肘のケアもある。もう満身創痍ですよ。ただ、チャンスが巡ってきた時の執念、集中力は日本人力士とは違う。あと1回の優勝で、名力士の一つの基準とされる10回に手が届くので、ノーマークとはいかないでしょう」(銅谷氏)

 さて、四横綱の中で崖っぷちの戦いを強いられるのが鶴竜(32)だ。今年は春場所を除いて、全ての場所で休場している。師匠の井筒親方は報道陣を前に、

「次に土俵に上がっても勝てなければ、潔く決断しなければならない」  

 と引退を示唆、当の鶴竜も悲壮な覚悟で稽古に臨んでいた。

「もし九州場所でも本来の相撲が取れなければ、横審も黙っていない。今場所に『進退をかける』と意気込んでいるとおり、状態は万全。体の張りも動きも綱取りの全盛期と遜色ありません」(相撲関係者)

 その裏には、九州で結果を出さなければならない理由があった。

「鶴竜としては、東京にいる後援者のこともあって、『九州を最後の場所にするわけにはいかない』という思いがある。滑り出しからふだんどおりの相撲ができればいいのですが、力みは禁物。緊張で硬くなって負けがつくと、一気に崩れる可能性があります」(前出・相撲関係者)

 稀勢の里と同様、序盤でぶつかる若手力士との対戦が明暗を分けそうだ。

「貴景勝(21)と阿武咲との一番がヤマ場になりそうです。2人とも気が強いですからね。鶴竜が弱気になって引いてしまえば思うツボです」(相撲担当記者)

 四横綱をおびやかす存在は他にもいる。

「このところの安定した成績といい、若手の中では上位に定着した関脇の御嶽海(24)が優勝争いに絡む活躍を見せるかもしれない」(前出・銅谷氏)

 相撲ジャーナリストの杉山邦博氏が言う。

「ケガで万全でない稀勢の里や本調子でないモンゴル人横綱に加え、若手の台頭もあって、今場所は誰が優勝するか予想しづらい状況です」

 四横綱が意地を見せるか、若手にとって下克上となるか。次代を占う重要な場所になりそうだ。

カテゴリー: スポーツ   タグ: , , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    暑いと思ったら顔が赤い?恥ずかしい赤ら顔は化粧水でケア

    Sponsored
    91796

    ゴールデンウィークも終わり、これから夏に向けて徐々に気温が高くなってくる季節ですね。スポーツやイベントなど出かける機会が増えてくる方も多いのではないでしょうか。そんな楽しい季節ですが、気候の変化による肌トラブルも気になります。日中の日差しか…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    高血圧・高血糖・高血中脂質が1つでもあると、動脈硬化につながる「トリプルリスク」になる!?

    Sponsored
    102085

    いま、アラフォー世代を中心に、「トリプルリスク」の危険性が叫ばれている。「かくれ肥満」を提唱し、メタボに警鐘を鳴らした医師の岡部正さんによると、「高血圧・高血糖・高血中脂質のうち、どれか1つでも該当すると他の2つも悪くなる可能性がある」そう…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    認知症の予防に期待!? 世界初、九州大学がプロポリスの認知機能向上効果を実証!

    103760

    九州大学大学院歯学研究院の武洲准教授と倪軍軍助教の研究グループは、中国青海省人民病院との共同研究において、ブラジル産プロポリスが中国チベット高原に住む健常な高齢者の認知機能低下並びに全身性炎症の改善効果をもたらすことを明らかにした。臨床研究…

    カテゴリー: 社会|タグ: , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
嵐・相葉主演ドラマが爆死状態で“なりふり構わぬテコ入れ作戦”始まった!
2
関ジャニ大倉、ファンからカバンに「使用後肌着」大量入れられ被害の“苦悩”
3
今年もダウンタウンが「嫌いな芸人」1位!選出される“キーワード”とは?
4
新垣結衣があの新婚女優に見える瞬間?「けもなれ」でささやかれる珍現象
5
本田翼、「あざとすぎるCMダンス」に業界から「やっちまったな」の声!