スポーツ

サンスポ水戸正晴の「絶対万券」論「臨戦態勢万全ウインガニオン」

 秋競馬も佳境。京都競馬場で行われるマイルCSが今週のメイン。テンからやり合う激しいレースが毎度展開されることで、見応えある一戦になること請け合いだ。

 まずは顔ぶれを見てみよう。先の天皇賞・秋でも有力視されたサトノアラジン、ネオリアリズムが登録してきた。尋常ならざる道悪で期待を大きく裏切ったことで、捲土重来を期してのことなのだろう。

 が、巻き返しはそう簡単なことではない。能力は高いが、マイルのスペシャリストが多い中、力量どおりの走りは難しいと見るべきだろう。

 ただ、「この馬でやむをえない」という突出した存在はいない。イスラボニータ、エアスピネル、レッドファルクス、レーヌミノルといったところが有力候補ということになるが、絶対視できるほどではない。簡単に人気どおり収まりそうにない雰囲気が漂う。

 それではデータをひもといてみようか。

 02年に馬単が導入されて以降、これまでの15年間、その馬単で万馬券が飛び出たのは4回(馬連は3回)。1番人気馬は4勝(2着3回)、2番人気馬はわずか1勝(2着3回)。特に大きく荒れるということは少ないが、それでも順当に収まることは少なく、小、中波乱の中穴傾向のGIと捉えるべきなのだろう。

 サラブレッドが最も充実して力を出せるのは4歳秋とは昔から言われることだが、やはりデータもそう教えている。過去15年間を振り返ってみても4歳馬が5勝(2着7回)、5歳馬が6勝(2着6回)と圧倒的だ。

 であれば、やはり4、5歳馬に目をつけるのが筋ということになるか。

 ただ今回は、前述したように図抜けた存在が見当たらない。あらためてメンバーを見渡すと、逃げる馬は、はっきりしている。マルターズアポジーだ。

 今年新設されたGI大阪杯の結果は12着と悪かったが、調子も決してよくはなかった。それでも果敢に挑戦したのは、厩舎関係者がこの馬の能力を高く評価していることの証しだろう。

 今回は春と比べものにならないほど状態がいい。大阪杯は2000メートルだったが、この馬のベストはマイル戦。同型の逃げ馬はダノンメジャーしか見当たらないが、そのダノンメジャーはテンのスピードで劣るだけに、無謀な競り合いは避けるに違いない。

「ここはひそかに狙っていたレース。楽しみにしている」

 とは堀井調教師の弁だが、ならば、マルターズアポジーの逃げ切りも大いにあっていいわけだ。

 が、逃げるのは他陣営も周知のことで、そうであればマークはことのほか厳しい。そこで大きく期待できるのがウインガニオンだ。

 恐らく番手か、3番手の競馬だろう。前走の関屋記念では、マルターズアポジーにまんまと逃げ切られたが、そのあとはここ一本に備え、短期放牧でリフレッシュ。しっかりと乗り込まれて臨戦態勢は万全だ。

 気のいいタイプで鉄砲駆けが利く馬だが、右回りに実績がなく、評価、人気は低いはず。であれば穴党としては好都合だ。

「以前と違って体に柔らかみが出て、器用さが加わった。脚質を思えば、今なら右回りのほうが力を発揮できるはず」

 とは西園調教師の弁。この馬も充実著しい5歳馬。ステイゴールド産駒で道悪になった場合でも対応力は十分。マイル戦を最も得意としており、大きく狙ってみたい。

カテゴリー: スポーツ   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    暑いと思ったら顔が赤い?恥ずかしい赤ら顔は化粧水でケア

    Sponsored
    91796

    ゴールデンウィークも終わり、これから夏に向けて徐々に気温が高くなってくる季節ですね。スポーツやイベントなど出かける機会が増えてくる方も多いのではないでしょうか。そんな楽しい季節ですが、気候の変化による肌トラブルも気になります。日中の日差しか…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    高血圧・高血糖・高血中脂質が1つでもあると、動脈硬化につながる「トリプルリスク」になる!?

    Sponsored
    102085

    いま、アラフォー世代を中心に、「トリプルリスク」の危険性が叫ばれている。「かくれ肥満」を提唱し、メタボに警鐘を鳴らした医師の岡部正さんによると、「高血圧・高血糖・高血中脂質のうち、どれか1つでも該当すると他の2つも悪くなる可能性がある」そう…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    認知症の予防に期待!? 世界初、九州大学がプロポリスの認知機能向上効果を実証!

    103760

    九州大学大学院歯学研究院の武洲准教授と倪軍軍助教の研究グループは、中国青海省人民病院との共同研究において、ブラジル産プロポリスが中国チベット高原に住む健常な高齢者の認知機能低下並びに全身性炎症の改善効果をもたらすことを明らかにした。臨床研究…

    カテゴリー: 社会|タグ: , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
吉澤ひとみ、「飲酒ひき逃げで実刑」後に待っている“地獄”の全容とは?
2
吉澤ひとみ逮捕の「タチの悪さ」で業界関係者が元モー娘。“苦い記憶”を暴露!
3
嵐・松本潤とあの艶系女優が復縁!?インスタに投稿された“意味深”写真とは?
4
「過保護のカホコ」高畑充希、番宣であの大御所に触られまくり視聴者ドン引き
5
芸能男女がひた隠す「積年遺恨」18ラウンド(4)柳葉敏郎は酒癖の悪さが災いして…