芸能

古市憲寿、女優や女子アナを激怒させる「炎上コメント芸」がスゴイ!

 11月12日放送のダウンタウン松本人志がコメンテーターを務めるバラエティ番組「ワイドナショー」(フジテレビ系)にコメンテーターとして出演した社会学者古市憲寿氏。8日にベストアルバム「Finally」をリリースした安室奈美恵の引退問題について、過激な発言を繰り返し、激しいバトルの末、ネットが大炎上となった。

「同じくコメンテーターとして出演していた安室ファンの佐藤仁美が、安室への熱い思いを口にすると、『みんなほめ過ぎ』と前置きして、ベスト盤では昔の曲を全部歌い直しているが、『歌い直した曲、正直、昔のほうがいいと思う曲もある』と主張。さらに、『ずっと人気がある』と主張する佐藤に対して、『最近のシングルはオリコンで6位』とコメント。これを聞いた佐藤は、『人が好きだっていうと、すぐ上から来るんだよ。お前、受け入れる器、ゼロだな』とマジギレしていました」(番組関係者)

 さらに話題が今年の紅白に及ぶと「どっちでもいい」と答え、佐藤は「てめぇこの野郎!」と吐き捨てた。さすがに松本人志も「その答えはない」と苦言を呈していました。

 ネットでは「心無い発言しやがって」「最低!」といった批判的の声が上がる一方、「佐藤より古市氏の方が的確だと聞いていて思った」との「古市支持派」の意見も見られたが、実は古市氏は、9日に放送された「とくダネ!」(フジテレビ系)でも、経営破綻した格安航空会社「てるみくらぶ」に就職が内定した学生に対し「もともと(学生に)見る目がなかった」と発言。これに梅津弥英子アナが「今、ちょっと怒りが湧いてきました」と、これまでコメントが少なかった入社1年目の海老原優香アナも「(学生たちは)内定を獲るために死に物狂いでやっている」と反論。集中砲火を浴びる古市氏に「古市氏名指しで、ネット炎上してください」と、キャスターを務める小倉智昭がコメントして、スタジオトークを締めたものだった。

「MCの小倉にとって、こんなにおいしい展開はありません。まさにこれが、“テレビとSNSを融合”させ、ヒット番組を作る理想のカタチではないでしょうか。去年の『逃げるは恥だが役に立つ』(TBS系)あたりから、ドラマではすでに、この手法を使って視聴率をアップさせてきました。そう言った意味で古市氏は、これからのテレビ界で一番求められているコメンテーター像なのかもしれませんね」(放送作家)

 松本人志に「灯油かぶってライター持ってるで!!」と言わしめた古市氏。空気を読まない「炎上コメンテイター」は、これからますます引っ張りだこになるかもしれない!?

(窪田史郎)

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    過食やストレスによる“ぽっちゃり” 実は「脳疲労」が原因だった!?

    Sponsored
    157187

    「思うように外出できないし、友だちともなかなか会えない」「四六時中、家族と接していて息が詰まる」「在宅勤務だと仕事に集中できない」「残業がなく収入減で将来が不安」──会議に限らず、飲み会やデート、婚活まで、オンラインによるライフスタイルがニ…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    参加無料の賞金大会実況リポート!いま激アツなオンライン麻雀の“リアル”

    Sponsored
    156506

    ここ数年、急増している麻雀番組。昨今、超人気アイドルグループをはじめ、グラドル界からも麻雀にハマるメンバーが続々登場。彼女たちの間では「グラドル雀士枠」の争奪戦も展開されているとか。もはや可愛いさだけではなくプロとも渡り合えるガチな雀力が求…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    アラフォー男性の健康トラブルが増えている!?“人生100年時代”を生き抜く3つのヒントとは?

    Sponsored
    155376

    “貧乏暇なし”とはよくいったもので、来る日も来る日も働きづめでストレスはたまる一方だ。暴飲暴食で食生活は乱れ、疲れがなかなかとれないばかりか、眠りは浅く熟睡もできない。こんな毎日だから朝から体がダルいし、集中力や判断力が鈍って仕事ではミスば…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
三浦翔平が妻・桐谷美玲の“サイズ”を激白!笑み浮かべ「ちっちゃい」に騒然
2
松田聖子「40周年」と「沙也加」の誤算(1)58歳で小ぶりバスト披露の衝撃
3
佐々木希、匂わせたのは妊娠?離婚?「謎すぎインスタ」が超深読みされていた
4
桐谷美玲が最新全身ショット公開!スリムなのにバストは“サイズアップ”証言
5
芦田愛菜、「難関私立中」複数合格の「神童」女優が今抱く“野望”とは?