芸能

古市憲寿、女優や女子アナを激怒させる「炎上コメント芸」がスゴイ!

 11月12日放送のダウンタウン松本人志がコメンテーターを務めるバラエティ番組「ワイドナショー」(フジテレビ系)にコメンテーターとして出演した社会学者古市憲寿氏。8日にベストアルバム「Finally」をリリースした安室奈美恵の引退問題について、過激な発言を繰り返し、激しいバトルの末、ネットが大炎上となった。

「同じくコメンテーターとして出演していた安室ファンの佐藤仁美が、安室への熱い思いを口にすると、『みんなほめ過ぎ』と前置きして、ベスト盤では昔の曲を全部歌い直しているが、『歌い直した曲、正直、昔のほうがいいと思う曲もある』と主張。さらに、『ずっと人気がある』と主張する佐藤に対して、『最近のシングルはオリコンで6位』とコメント。これを聞いた佐藤は、『人が好きだっていうと、すぐ上から来るんだよ。お前、受け入れる器、ゼロだな』とマジギレしていました」(番組関係者)

 さらに話題が今年の紅白に及ぶと「どっちでもいい」と答え、佐藤は「てめぇこの野郎!」と吐き捨てた。さすがに松本人志も「その答えはない」と苦言を呈していました。

 ネットでは「心無い発言しやがって」「最低!」といった批判的の声が上がる一方、「佐藤より古市氏の方が的確だと聞いていて思った」との「古市支持派」の意見も見られたが、実は古市氏は、9日に放送された「とくダネ!」(フジテレビ系)でも、経営破綻した格安航空会社「てるみくらぶ」に就職が内定した学生に対し「もともと(学生に)見る目がなかった」と発言。これに梅津弥英子アナが「今、ちょっと怒りが湧いてきました」と、これまでコメントが少なかった入社1年目の海老原優香アナも「(学生たちは)内定を獲るために死に物狂いでやっている」と反論。集中砲火を浴びる古市氏に「古市氏名指しで、ネット炎上してください」と、キャスターを務める小倉智昭がコメントして、スタジオトークを締めたものだった。

「MCの小倉にとって、こんなにおいしい展開はありません。まさにこれが、“テレビとSNSを融合”させ、ヒット番組を作る理想のカタチではないでしょうか。去年の『逃げるは恥だが役に立つ』(TBS系)あたりから、ドラマではすでに、この手法を使って視聴率をアップさせてきました。そう言った意味で古市氏は、これからのテレビ界で一番求められているコメンテーター像なのかもしれませんね」(放送作家)

 松本人志に「灯油かぶってライター持ってるで!!」と言わしめた古市氏。空気を読まない「炎上コメンテイター」は、これからますます引っ張りだこになるかもしれない!?

(窪田史郎)

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    実力派ジョッキー戸崎圭太も登場!「KEIRIN GP2019」スペシャル企画動画『The DAN(座談)』をチェックせよ!

    Sponsored
    138500

    12月にもなると「なんだか気持ちが落ち着かない…」というギャンブル好きの読者諸兄も多いことだろう。というのも年末は、競馬の「有馬記念」、競艇の「賞金王」、オートレースの「SS王座」といったビッグレースが目白押しだからだ。競輪では、12月30…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    センベロ、野球、鉄ちゃん、アニメ、オタク……趣味などの価値観重視で生涯のパートナーを見つけるマッチングアプリが中高年に最適なワケ

    Sponsored
    136162

    50歳で結婚歴のない「生涯未婚率」が激増している。これは2015年の国勢調査の結果によるもので、親世代となる1970年の同調査に比べると、その率なんと約14倍なんだとか。この現実をみると、「結婚できない……」ことを切実な問題として不安に思う…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , |

    “男の活力低下”につけこむ甘い罠…手軽に入手できる海外未承認薬の危険過ぎる実態に迫る!

    Sponsored
    133097

    40代50代の中高年男性といえば、人間関係、リストラの恐怖、のしかかる責任感など仕事上の悩みに加えて、妻や子どもとの関係、健康や老後の不安といったプライベートなことまで、さまざまな問題を抱えているもの。そしてこれらがストレスとなり、加齢によ…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , |

注目キーワード

人気記事

1
「ドクターX」米倉涼子の降板説で飛び交う“2代目大門未知子”仰天候補
2
NHK・近江友里恵アナ「15歳差婚」発覚で“あの若手アナ”に男性人気集中!?
3
水川あさみと年下イケメン俳優の「同棲交際」、3年以上前から始まっていた!?
4
“幻の”ローカル路線バス乗り継ぎの旅を再放送!太川陽介が音を上げた理由は!?
5
人前で夜の営みを!?沢尻エリカ、「18歳からクスリ漬け&ハメまくり生活」の衝撃