芸能

天才テリー伊藤対談「マギー司郎」(4)憎めないところがズルいんだよなァ

テリー 80年の「お笑いスター誕生!!」出演から、師匠の知名度が一気に上がりましたよね。生活もずいぶん変わりましたか?

マギー いやあ、変わったといえば、あまり家に帰らなくなって、その頃所属していた事務所でゴロゴロ寝てたくらいじゃないですかね。

テリー でも、お金は入ってくるでしょう?

マギー それが、全然わからないんですよ。当時出演料がいくらだとか、まったく気にならなかったし、全て事務所任せだったんですよね。それより、テレビに出していただいた喜びのほうが大きかったですから。

テリー はー、つくづくマイペースですね。

マギー ストリップが長いと、周りに芸人さんの手本がいないものですから、何から何まで全て自分流なんです。それでずっと生きてきちゃったので、もう変えられないんですよね。

テリー 本当に、根っからの芸人さんなんだね。

マギー どうなんでしょうね、とにかく、これぐらいのことで生かしてもらって、「本当に申し訳ないな」という感じがずっとありますね。あまり難しいこともできませんし。

テリー いやいや、手品は大がかりなものもありますけど、師匠の手品は人情味があっていいですよ。

マギー 僕の考えとしては、うまい手品ばかり見せられると、お客はいきなりクイズを出されて「答えられなかった」みたいな落ち込んだ気分を味わうんじゃないかと。だからこういう形で手品を楽しんでもらえればいいかな、と思いましてね。

テリー 師匠は離婚されて、今は独身のままですか。

マギー そうです、もう30年以上ですかね。結婚していた時に別の女性も好きになってしまったので、奥さんに「3人で一緒に住みたいんだけど」って相談したんです(笑)。

テリー 師匠、本当に失礼ですけど、バカじゃないですか?(笑)

マギー そうですかね? 本当は、みんなそうしたいんじゃないかと思うんですけど。それはそれで、楽しく暮らせるんじゃないかなって。

テリー でも、そんなこと言ったって、奥さんが許さないでしょう?

マギー はい。それで別れました。3人で話し合いをしたんですけど、そうすると女性2人が仲よくなるんですね、僕が悪役になってしまって(苦笑)。

テリー そりゃそうですよ(笑)。でも、そういうことをやっても、何か憎めないのが師匠のズルいところですよね。いいかげんな手品をやって怒られないの、たぶん師匠だけですよ。

マギー ああ、僕は手品をやってるようで、実際のところ半分もやってない時もありますから(笑)。最近だと、演歌と手品のコラボっていうのをやらせてもらったんですよ。

テリー それ、何なんですか。

マギー 空っぽの箱の中から女性が出てくるという手品があるじゃないですか。普通だとバニーガールとかなんですけど、そこから着物を着たお姉さんが出てきて、演歌を歌いだすんですよ。それって、新鮮でしょう?

テリー ハハハハ、くだらなくていいですね。

マギー ね、そういうのもアリだと思うんです。誰かがやったことの後追いをするより、そっちのほうが楽しいじゃないですか(笑)。

テリー 師匠、最高です。これからも我が道を進んでください。

◆テリーからひと言

 師匠は、本当に昭和の芸人さんなんだな。師匠の青春時代を書籍化してほしいよ。いつか政治家になって、一夫多妻制の法律を作ってください!

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    「男の人からこの匂いがしたら、私、惚れちゃいます!」 弥生みづきが絶賛!ひと塗りで女性を翻弄させる魅惑の香水がヤバイ…!

    Sponsored

    4月からの新生活もスタートし、若い社員たちも入社する季節だが、「いい歳なのに長年彼女がいない」「人生で一回くらいはセカンドパートナーが欲しい」「妻に魅力を感じなくなり、娘からはそっぽを向かれている」といった事情から、キャバクラ通いやマッチン…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    今永昇太「メジャー30球団でトップ」快投続きで新人王どころか「歴史的快挙」の現実味

    カブス・今永昇太が今季、歴史的快挙を成し遂げるのかもしれないと、話題になり始めている。今永は現地5月1日のメッツ戦(シティ・フィールド)に先発登板し、7回3安打7奪三振の快投。開幕から無傷の5連勝を飾った。防御率は0.78となり、試合終了時…

    カテゴリー: スポーツ|タグ: , , |

    因縁の「王将戦」でひふみんと羽生善治の仇を取った藤井聡太の清々しい偉業

    藤井聡太八冠が東京都立川市で行われた「第73期ALSOK杯王将戦七番勝負」第4局を制し、4連勝で王将戦3連覇を果たした。これで藤井王将はプロ棋士になってから出場したタイトル戦の無敗神話を更新。大山康晴十五世名人が1963年から1966年に残…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
「離婚の原因はキングカズ」元日本代表MFが告発した「有無を言わさぬ電話」事件
2
「送りバントは得点に結びつかない」統計学でわかる巨人・阿部慎之助監督の「時代遅れ」な野球
3
太川陽介YouTube版「単独バス旅」で千葉と茨城を勘違い!「プロ」の面目まる潰れの「赤面シーン」
4
「世界頂グルメ」がいただけない!水曜日の視聴率を沈下させる「ただ食べてるだけ」
5
31年目に明かされた真実!ASKAが「“しゃかりきコロンブス”の謎」を激白