社会

妻が絶縁宣告「死後離婚」の悲惨な現実(2)残りの人生を楽しむために

 夫との仲だけではなく、親族との関係の悪化から「死後離婚」に踏み切るケースもある。

 関西の海沿いに位置する県は閉鎖性が強いことで知られるが、山田直子さん(48)=仮名=が住んでいる場所は、その中でもかなりのへき地。25歳で一回り年上の夫と結婚し、2人の息子と生活していた。が、直子さんにとって、どうにも我慢ならなかったのは、義父母、夫、そして親族全員が吝嗇家であることだった。

「ものすごいケチなんです。知人や親戚にお歳暮、お中元を贈るにしても、10円単位のことで文句を言われる。おまけに、日が入ると畳が傷むからと、窓を開けない。もう、家の中が年中、辛気臭かったです」

 つまり、家風が合わなかったとも言えるが、もっと鷹揚になってほしいと言うと、夫は冷たく笑った。そればかりか母も我慢するように意見してくるので、直子さんはずっと耐えてきたのだ。

 転機は長男が交通事故で亡くなったことである。さらに追い打ちをかけるように、葬儀のことでモメた。直子さんは長男のために盛大な葬儀にしたかったが、またしてもケチな義父母や親戚が反対。夫もそれに唯々諾々と従った。

「その時、私の中でプッツンと何かが切れました。『こんな人とはとうていやっていけない』と」

 ひそかに離婚を決意していたが、そんな時、夫が突然の死。心筋梗塞だった。

 直子さんは迷わず、夫の両親とも縁を切ろうと「姻族関係終了届」を提出し、家を出たという。

「もちろん、義理の両親や親戚中から大反対されました。『そんな世間体の悪いことをするな』って。でも、これ以上、辛気臭い家にいるのは嫌でした。あちらの両親はともに80代ですが、親戚が多くて財産のことでまたモメることも目に見えていますし。私は公務員で地元の市役所に30年勤めているんですけど、幸い次男も独立しているので、残りの人生は自分のために生きていこうと思います」

 ちなみに「姻族関係終了届」は、義理の両親などにわざわざ通告する必要はなく、妻が単独で提出することができるのだ。

監修/離婚問題アドバイザー・露木幸彦

カテゴリー: 社会   タグ: , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    まだそんなに料金払ってるの? 今さら聞けない光回線カンタン乗り換え術

    Sponsored
    231550

    「も~、うちのネット回線ってマジ遅いんだけど?ホントに光なの?」今年、大学受験を控える娘がプリプリした態度で怒鳴り込んできた。自室で受講していたオンライン塾の画面がフリーズしたという。M氏(51歳)は、妻と共働きで、高3の娘、中学2年になる…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , |

    出会いのカタチもニューノーマルに!「本気で結婚したい」男がやるべきこと

    Sponsored
    168750

    「結婚はしたいけど、もう少し先でいいかな……」「自然な出会いを待っている……」と思いながらも、「実は独りが寂しい……」と感じてはいないだろうか。当然だ。だって男は弱いし、寂しがりだから。先の“言い訳”じみた考えも、寂しさの裏返しのようなもの…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    テストコアNO3が若者から評判なワケは?理由と口コミ調査

    Sponsored
    184479

    男性の性の悩みといえば、中高年世代のイメージが強い。ところが今、若者の半数近くが夜のパフォーマンスに悩みを抱えている。ヘルスケアメディアの調査(※1)によって、10代から30代の44.7%が「下半身」に悩みを抱えているという衝撃の実態が明ら…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
「男闘呼組」成田昭次がついに受けたインタビューでも語らない「薬物の話」
2
平愛梨に真野恵里菜…次々にゴールを決めるサッカー選手に“怨嗟”の声
3
吉岡里帆「監督に叱られた無名時代」ブレイクのきっかけは新垣結衣だった!
4
阪神の「夜遊び帝王」糸原健斗に忍び寄る「アレ流」レギュラー剥奪危機
5
スペイン戦直前…本田圭佑が放った「権力者は退場せよ」猛烈批判の真意