芸能

天才テリー伊藤対談「立川志らく」(2)才能が出る時ってトントン拍子だね

テリー 最初に落語に触れたのは、いつですか。

志らく 父親の影響で、小学生の時からです。ただ、その頃好きな名人はみんな亡くなっていましたし、同時に映画も好きでしたから、そもそも落語家になりたいとも思ってなくて。

テリー あらら(笑)。それがまた、どうして?

志らく たまたま大学生の時に、馬生師匠が亡くなる前の高座を観たんです。いちばん前の真ん中の席だったんですが、まあ声は出ないし、途中で絶句しちゃうしで、落語としてはボロボロだったんです。でも、なぜかすごくカッコよくって、感動したんです。「もう、この人の弟子になろう!」って。でも、その10日後に馬生師匠は亡くなられてしまって。

テリー すごい、そんな状況でも高座に上がっていたんですね。

志らく その後、寄席に行ったら談志が落語をやらずに、馬生師匠の思い出を語ってたんです。それがまたカッコよかったんですよ。客に「落語やれ!」ってヤジられても、「馬生さん死んじゃったのに、できねえよ」って、悲しみにあふれててね。それが、強烈な印象として残ったんです。

テリー それまで、談志師匠のことはどう思われていたんですか?

志らく 全然好きじゃなかったですね。落語家といっても、当時の談志はあまり落語をやっていなかったし、「どうせ、タレント議員だろ」なんて思ってて、まったく眼中になかったんですよ(笑)。

テリー アハハハハ! そこからのスタートなんだ。

志らく でも、それからあらためて談志の落語を聞きに行くと、本気でやる時はすごい落語を見せてくれて、自分が追い求めていた名人と同じ空気を出していたんですね。それで弟子になろうと、大学1年の時に日大芸術学部の落語研究会に入るんですが、4年の夏合宿に高田文夫先生が遊びに来たんですよ。

テリー ああ、日芸落研のOBなんですよね。

志らく ええ。で、いきなり「お前ら、落語やれ。俺を笑わせろ」と言われまして。みんなでやったあと、最後に私にだけ「お前、落語家になれ」と。

テリー さすが高田さん、才能への嗅覚がすごいね。

志らく その時、高田先生に「誰の弟子になりたいんだ?」って聞かれたんです。頭には「談志」の名前があったんですけど怖いし、立川流ができたばかりで寄席に出なくなった時でしたから、躊躇しつつも、はずみで「先生と同じです」と。先生と(ビート)たけしさんが、談志の弟子になった直後だったんですよ。

テリー ああ、立川藤志楼(高田)、立川錦之助(たけし)の名前をもらっていたね。

志らく そしたら「いい了見だな。お前、もう間違いなく売れるよ」と。で、夏休みが終わったら、本当に談志のところに連れてってくれて、「俺の子分なんです、弟子にして。才能はありますから」「よし、わかった」というやり取りで、あっという間に弟子になっちゃったんです。

テリー トントン拍子じゃないですか。でも、才能が外に出て行くっていうのは、こういうことなのかもしれないね。

志らく 談志に「まだ大学生なんです」と伝えると、「まあ、程よくやっとけ」とか言われましたけど、「通いで毎日来い」ってなっちゃったので、結局、親に内緒で退学届を出してやめちゃったんです。

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    暑いと思ったら顔が赤い?恥ずかしい赤ら顔は化粧水でケア

    Sponsored
    91796

    ゴールデンウィークも終わり、これから夏に向けて徐々に気温が高くなってくる季節ですね。スポーツやイベントなど出かける機会が増えてくる方も多いのではないでしょうか。そんな楽しい季節ですが、気候の変化による肌トラブルも気になります。日中の日差しか…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    高血圧・高血糖・高血中脂質が1つでもあると、動脈硬化につながる「トリプルリスク」になる!?

    Sponsored
    102085

    いま、アラフォー世代を中心に、「トリプルリスク」の危険性が叫ばれている。「かくれ肥満」を提唱し、メタボに警鐘を鳴らした医師の岡部正さんによると、「高血圧・高血糖・高血中脂質のうち、どれか1つでも該当すると他の2つも悪くなる可能性がある」そう…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    認知症の予防に期待!? 世界初、九州大学がプロポリスの認知機能向上効果を実証!

    103760

    九州大学大学院歯学研究院の武洲准教授と倪軍軍助教の研究グループは、中国青海省人民病院との共同研究において、ブラジル産プロポリスが中国チベット高原に住む健常な高齢者の認知機能低下並びに全身性炎症の改善効果をもたらすことを明らかにした。臨床研究…

    カテゴリー: 社会|タグ: , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
松本人志、BTS原爆Tシャツ問題に“号泣マジギレ”も十分ありえた「過去言動」!
2
石橋貴明もショック?「細かすぎモノマネ」に木梨憲武が出演しない理由
3
急落TV美女に「戦力外通告」の非情現場(3)かつてのスーパーアイドル・中山美穂も…
4
大みそか「ガキ使」に「新しい地図」サプライズ出演情報も立ちはだかる壁!
5
急落TV美女に「戦力外通告」の非情現場(1)期待されていた有働由美子だったが…