芸能

女優・タレント・女子アナ「一線を越えた」赤面アクシデント大賞が決定!

 多くの芸能ニュースが駆け抜けた2017年。大々的に報じられることはなかったが、TV美女たちによる「見えちゃった!」「こぼれてるッ」な事件もまた数多く発生した。

 今年、大ブレイクを果たした土屋太鳳もそのうちの1人。3月に行われた映画「PとJK」の完成披露会に肩も露わなドレス姿で出席すると、深々とおじぎをした瞬間に胸の渓谷がはっきりと見えてしまった。この時の様子を取材カメラマンが振り返る。

「白いドレスの胸元から推定Eカップの胸がこぼれ落ちるんじゃないかと、ハラハラしながら必死でシャッターを切りました(笑)。残念ながら期待、もとい心配した事態こそ回避してましたが、透けるような真っ白な肌と、豊かな胸のふくらみに作られた深い渓谷が目に焼き付いて離れません。今年、いちばん興奮した瞬間です」

 胸で魅了したのが土屋なら、お股で視線を独り占めしたのがフジテレビの久慈暁子アナ。久慈アナは2017年春に入社すると、未来のエースアナ候補が起用される「パンシリーズ」(フジテレビ系)のMCに抜擢された注目株。その期待にみごと応えようとしたのか、スカートの奥の純白デルタゾーンをチラリしてしまった。

「彼女は秋の交通安全運動で1日署長を務めました。1日署長は“三角痴態”をさらけ出してしまうことが多く、これまでに川村ゆきえや白石美帆などがチラリしています。久慈アナも椅子に腰掛けた瞬間、スカートがパッツンになり奥が見えてしまったんです。色は白。例えるなら、まるで繁みの上に降り積もったバージンスノーが、太陽の光を浴びてキラキラと輝くかのようでした」(取材カメラマン)

 他にも美脚の最深部を御開帳してしまったモデルの森星や、推定Gカップを揺らして踊るテレビ東京の鷲見玲奈アナなど“重大事故”が多発。12月5日発売の「アサ芸シークレットVol.49」では、そんな“一線を越えた”アクシデントの数々を写真つきで振り返り、「赤面ハプニング大賞」を決定している。チラリ、スケスケで2017年を振り返ってみてはいかがだろうか。

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    実力派ジョッキー戸崎圭太も登場!「KEIRIN GP2019」スペシャル企画動画『The DAN(座談)』をチェックせよ!

    Sponsored
    138500

    12月にもなると「なんだか気持ちが落ち着かない…」というギャンブル好きの読者諸兄も多いことだろう。というのも年末は、競馬の「有馬記念」、競艇の「賞金王」、オートレースの「SS王座」といったビッグレースが目白押しだからだ。競輪では、12月30…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    センベロ、野球、鉄ちゃん、アニメ、オタク……趣味などの価値観重視で生涯のパートナーを見つけるマッチングアプリが中高年に最適なワケ

    Sponsored
    136162

    50歳で結婚歴のない「生涯未婚率」が激増している。これは2015年の国勢調査の結果によるもので、親世代となる1970年の同調査に比べると、その率なんと約14倍なんだとか。この現実をみると、「結婚できない……」ことを切実な問題として不安に思う…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , |

    “男の活力低下”につけこむ甘い罠…手軽に入手できる海外未承認薬の危険過ぎる実態に迫る!

    Sponsored
    133097

    40代50代の中高年男性といえば、人間関係、リストラの恐怖、のしかかる責任感など仕事上の悩みに加えて、妻や子どもとの関係、健康や老後の不安といったプライベートなことまで、さまざまな問題を抱えているもの。そしてこれらがストレスとなり、加齢によ…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , |

注目キーワード

人気記事

1
田中みな実「先端当て」VS 鷲見玲奈「極太パックン」!/妖艶「放送事故」大全(3)
2
バス旅お蔵入り回がついに放送!「封印」された理由は“2つのルール破り”か!?
3
マリッジブルー!?深田恭子、横浜流星に“バスト押し付けハグ”した危うい心理
4
中居正広、「ジャニーズ退所」報道で再噴出する“裏切り者キムタク”の辛辣声!
5
藤原紀香、「ミニ丈スカート」白美脚に熱視線!「生で見たかった」の声が続々