芸能

女優・タレント・女子アナ「一線を越えた」赤面アクシデント大賞が決定!

 多くの芸能ニュースが駆け抜けた2017年。大々的に報じられることはなかったが、TV美女たちによる「見えちゃった!」「こぼれてるッ」な事件もまた数多く発生した。

 今年、大ブレイクを果たした土屋太鳳もそのうちの1人。3月に行われた映画「PとJK」の完成披露会に肩も露わなドレス姿で出席すると、深々とおじぎをした瞬間に胸の渓谷がはっきりと見えてしまった。この時の様子を取材カメラマンが振り返る。

「白いドレスの胸元から推定Eカップの胸がこぼれ落ちるんじゃないかと、ハラハラしながら必死でシャッターを切りました(笑)。残念ながら期待、もとい心配した事態こそ回避してましたが、透けるような真っ白な肌と、豊かな胸のふくらみに作られた深い渓谷が目に焼き付いて離れません。今年、いちばん興奮した瞬間です」

 胸で魅了したのが土屋なら、お股で視線を独り占めしたのがフジテレビの久慈暁子アナ。久慈アナは2017年春に入社すると、未来のエースアナ候補が起用される「パンシリーズ」(フジテレビ系)のMCに抜擢された注目株。その期待にみごと応えようとしたのか、スカートの奥の純白デルタゾーンをチラリしてしまった。

「彼女は秋の交通安全運動で1日署長を務めました。1日署長は“三角痴態”をさらけ出してしまうことが多く、これまでに川村ゆきえや白石美帆などがチラリしています。久慈アナも椅子に腰掛けた瞬間、スカートがパッツンになり奥が見えてしまったんです。色は白。例えるなら、まるで繁みの上に降り積もったバージンスノーが、太陽の光を浴びてキラキラと輝くかのようでした」(取材カメラマン)

 他にも美脚の最深部を御開帳してしまったモデルの森星や、推定Gカップを揺らして踊るテレビ東京の鷲見玲奈アナなど“重大事故”が多発。12月5日発売の「アサ芸シークレットVol.49」では、そんな“一線を越えた”アクシデントの数々を写真つきで振り返り、「赤面ハプニング大賞」を決定している。チラリ、スケスケで2017年を振り返ってみてはいかがだろうか。

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    暑いと思ったら顔が赤い?恥ずかしい赤ら顔は化粧水でケア

    Sponsored
    91796

    ゴールデンウィークも終わり、これから夏に向けて徐々に気温が高くなってくる季節ですね。スポーツやイベントなど出かける機会が増えてくる方も多いのではないでしょうか。そんな楽しい季節ですが、気候の変化による肌トラブルも気になります。日中の日差しか…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    高血圧・高血糖・高血中脂質が1つでもあると、動脈硬化につながる「トリプルリスク」になる!?

    Sponsored
    102085

    いま、アラフォー世代を中心に、「トリプルリスク」の危険性が叫ばれている。「かくれ肥満」を提唱し、メタボに警鐘を鳴らした医師の岡部正さんによると、「高血圧・高血糖・高血中脂質のうち、どれか1つでも該当すると他の2つも悪くなる可能性がある」そう…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    認知症の予防に期待!? 世界初、九州大学がプロポリスの認知機能向上効果を実証!

    103760

    九州大学大学院歯学研究院の武洲准教授と倪軍軍助教の研究グループは、中国青海省人民病院との共同研究において、ブラジル産プロポリスが中国チベット高原に住む健常な高齢者の認知機能低下並びに全身性炎症の改善効果をもたらすことを明らかにした。臨床研究…

    カテゴリー: 社会|タグ: , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
櫻井翔が披露した「嵐グループメール」のレスの速さにファン驚嘆!
2
大みそか「ガキ使」に「新しい地図」サプライズ出演情報も立ちはだかる壁!
3
急落TV美女に「戦力外通告」の非情現場(3)かつてのスーパーアイドル・中山美穂も…
4
注目はF胸だけじゃない!土屋太鳳、同性人気も集めた“開き直り肌見せ戦略”
5
フリー転身も間近?TBS宇垣美里、先輩・田中みな実を超えた「名艶技」!