芸能

「一線は越えていない」「フィット感が違う」…下半期の“裏流行語”はコレだ!

 12月1日、今年の世相を反映した「2017ユーキャン新語・流行語大賞」が発表され、年間大賞には「インスタ映え」「忖度」の2つが選ばれた。

 しかし、話題にこそなったものの、それこそ“忖度”によって消え行く言葉もある。そんな“裏流行語”にスポットを当てて顕彰してみよう。

 まずは、元SPEED・今井絵理子参議院議員のあのひと言だ。

「妻子のいる橋本健神戸市議(当時)との不貞疑惑が発覚し、釈明会見で放った『一線は越えていない』。男と女が2人で一夜をともにすれば、それは一線を越えたと思われても仕方がないでしょう。ネット上では、何を持って一線かの議論が紛糾。ちゃんと避妊をしたと言いたいのでは?といった妄想意見までありました。この言葉は、後の宮迫博之や山尾志桜里衆議院議員の不貞疑惑でも用いられ、汎用性の高さにも注目が集まりました」(週刊誌記者)

 同じく元SPEEDの上原多香子の衝撃的な言葉も“助艶女優賞”ものだ。

「上原の夫で14年9月に自殺した、ヒップホップグループ『ET‐KING』のTENNさんの弟が、上原の不貞行為を女性誌で告白。相手は俳優の阿部力で、当時の2人のLINEには愛を確かめあうかのような熱いやり取りが。その中には上原から阿部に向けた『肌を合わせて感じるフィット感が今までとはまるで違う』という、肉体関係を思わせる文言もあったというのです」(芸能ライター)

 不貞疑惑を直撃された宮迫博之が、とっさに口にした言葉には「演芸賞」を贈りたい。

「不貞を否定したものの、出てきた言葉が『オフホワイト』。ほんのり色つきだと認めるかのようなこの発言は大きな話題になりました。12月4日放送の『スッキリ』(日本テレビ系)で加藤浩次が語ったところによると宮迫は、『更生して飲みにも行っていない』『(大好きだった)ドクロの服も身に付けていない』のだとか」(前出・週刊誌記者)

 現在発売中の「アサ芸シークレットVol.49」の「裏流行語大賞」では、今年下半期に芸能界、政界を彩った数々の裏流行語を紹介している。去り行く2017年を、これらの言葉で総括してみては?

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    暑いと思ったら顔が赤い?恥ずかしい赤ら顔は化粧水でケア

    Sponsored
    91796

    ゴールデンウィークも終わり、これから夏に向けて徐々に気温が高くなってくる季節ですね。スポーツやイベントなど出かける機会が増えてくる方も多いのではないでしょうか。そんな楽しい季節ですが、気候の変化による肌トラブルも気になります。日中の日差しか…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    高血圧・高血糖・高血中脂質が1つでもあると、動脈硬化につながる「トリプルリスク」になる!?

    Sponsored
    102085

    いま、アラフォー世代を中心に、「トリプルリスク」の危険性が叫ばれている。「かくれ肥満」を提唱し、メタボに警鐘を鳴らした医師の岡部正さんによると、「高血圧・高血糖・高血中脂質のうち、どれか1つでも該当すると他の2つも悪くなる可能性がある」そう…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    認知症の予防に期待!? 世界初、九州大学がプロポリスの認知機能向上効果を実証!

    103760

    九州大学大学院歯学研究院の武洲准教授と倪軍軍助教の研究グループは、中国青海省人民病院との共同研究において、ブラジル産プロポリスが中国チベット高原に住む健常な高齢者の認知機能低下並びに全身性炎症の改善効果をもたらすことを明らかにした。臨床研究…

    カテゴリー: 社会|タグ: , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
芸能界「自己責任な女」受難の後始末(1)剛力彩芽はこのまま引退?
2
若林正恭と南沢奈央の破局に、大島優子のファンが安堵するワケ
3
岡村隆史、若林正恭と南沢奈央の破局に“心ない発言”で南沢ファンが怒髪天!
4
めちゃイケの“ヤラセ”までバラされた!「イッテQ騒動」余波が止まらないッ
5
芸能界「自己責任な女」受難の後始末(3)酒井法子が住居を追い出された?