芸能

「一線は越えていない」「フィット感が違う」…下半期の“裏流行語”はコレだ!

 12月1日、今年の世相を反映した「2017ユーキャン新語・流行語大賞」が発表され、年間大賞には「インスタ映え」「忖度」の2つが選ばれた。

 しかし、話題にこそなったものの、それこそ“忖度”によって消え行く言葉もある。そんな“裏流行語”にスポットを当てて顕彰してみよう。

 まずは、元SPEED・今井絵理子参議院議員のあのひと言だ。

「妻子のいる橋本健神戸市議(当時)との不貞疑惑が発覚し、釈明会見で放った『一線は越えていない』。男と女が2人で一夜をともにすれば、それは一線を越えたと思われても仕方がないでしょう。ネット上では、何を持って一線かの議論が紛糾。ちゃんと避妊をしたと言いたいのでは?といった妄想意見までありました。この言葉は、後の宮迫博之や山尾志桜里衆議院議員の不貞疑惑でも用いられ、汎用性の高さにも注目が集まりました」(週刊誌記者)

 同じく元SPEEDの上原多香子の衝撃的な言葉も“助艶女優賞”ものだ。

「上原の夫で14年9月に自殺した、ヒップホップグループ『ET‐KING』のTENNさんの弟が、上原の不貞行為を女性誌で告白。相手は俳優の阿部力で、当時の2人のLINEには愛を確かめあうかのような熱いやり取りが。その中には上原から阿部に向けた『肌を合わせて感じるフィット感が今までとはまるで違う』という、肉体関係を思わせる文言もあったというのです」(芸能ライター)

 不貞疑惑を直撃された宮迫博之が、とっさに口にした言葉には「演芸賞」を贈りたい。

「不貞を否定したものの、出てきた言葉が『オフホワイト』。ほんのり色つきだと認めるかのようなこの発言は大きな話題になりました。12月4日放送の『スッキリ』(日本テレビ系)で加藤浩次が語ったところによると宮迫は、『更生して飲みにも行っていない』『(大好きだった)ドクロの服も身に付けていない』のだとか」(前出・週刊誌記者)

 現在発売中の「アサ芸シークレットVol.49」の「裏流行語大賞」では、今年下半期に芸能界、政界を彩った数々の裏流行語を紹介している。去り行く2017年を、これらの言葉で総括してみては?

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    バーガーキングが「空き物件」募集「成約で10万円」太っ腹作戦の狙い

    ファーストフードチェーン「バーガーキング」が2月5日から、出店してほしい物件を応募フォームから送ると特典がもらえる「バーガーキングを増やそう」キャンペーンを開始した。紹介した物件に出店が決まった場合には、何と10万円がもらえるという。「同チ…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , |

    藤井聡太の年間獲得賞金「1憶8000万円」は安すぎる?チェス世界チャンピオンと比べると…

    日本将棋連盟が2月5日、2023年の年間獲得賞金・対局料上位10棋士を発表。藤井聡太八冠が1億8634万円を獲得し、2年連続で1位となった。2位は渡辺明九段の4562万円、3位は永瀬拓矢九段の3509万円だった。史上最年少で前人未到の八大タ…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , |

    因縁の「王将戦」でひふみんと羽生善治の仇を取った藤井聡太の清々しい偉業

    藤井聡太八冠が東京都立川市で行われた「第73期ALSOK杯王将戦七番勝負」第4局を制し、4連勝で王将戦3連覇を果たした。これで藤井王将はプロ棋士になってから出場したタイトル戦の無敗神話を更新。大山康晴十五世名人が1963年から1966年に残…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
さいたま市民が埼玉高速鉄道の「延伸」を熱望するのは「大宮駅で乗り換え」がダメダメすぎるから
2
「ドジャースVSパドレス」韓国開幕戦で「山本由伸先発」が決まったのは巨額放映権料の特権
3
古代シュメール人に文明を与えた「幻獣オアンネス」は宇宙服を着た地球外生命体だったという考察
4
タモリ・たけしが徐々にテレビから消えていき…「ビッグ3」で残るのは「さんま」だけ
5
3メートル近い大刀を振り回した体重250キロの巨漢武将「織田・徳川連合軍との激戦」