女子アナ

フジ山崎夕貴、局関係者が明かす“好感度ランキング伸び悩み”の理由

 12月1日にオリコンが発表した今年の「好きな女子アナウンサーランキング」。

 例年恒例の同調査では、オリコンのモニターリサーチにより、各局女子アナの好感度を1年間の活躍を反映して可視化。

 これまで4年連続で1位だった日本テレビの水卜麻美アナが5連覇を達成し、来年からの“殿堂入り”を決めた今回の同調査だが、その結果に局の内部からも関心が寄せられている。

「ウチとしては今年も厳しい結果になりましたね」と肩を落とすのはフジテレビ関係者である。

 今年、10位以内にランクインした同局アナは9位の山崎夕貴アナのみ。OGで現フリーの加藤綾子アナは昨年2位から順位を下げ、4位だった。

「想像以上に惨憺たる結果でした。今年は『グッディ!』の三田友梨佳アナ、新人の久慈暁子アナが入るのではと期待していたのですが…」

 自局アナの不人気ぶりに落胆する同関係者だが、意外にも「“最大の不満”は9位にランクインした山崎アナ」だという。

「今年は芸人・おばたのお兄さんとの交際報道で“庶民派女子アナ”として好感度が目に見えて上がっていた。それでも9位止まりとは、伸び悩んだ感が否めません。“伸び悩み”の理由については、交際発覚後に、おばたの不貞の過去が写真誌報道によってバレても、懸命にそれを許そうと努力するサマが、健気にも映った反面、やっぱり『バカップルぽさ』のほうが勝ってしまった。それが微妙な順位となって顕在化したんでしょうね」(前出・フジ関係者)

 フジテレビの不振は「好きな女子アナウンサーランキング」にも色濃く反映されてしまったようだ。

(白川健一)

カテゴリー: 女子アナ   タグ: , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    出会いのカタチもニューノーマルに!「本気で結婚したい」男がやるべきこと

    Sponsored
    168750

    「結婚はしたいけど、もう少し先でいいかな……」「自然な出会いを待っている……」と思いながらも、「実は独りが寂しい……」と感じてはいないだろうか。当然だ。だって男は弱いし、寂しがりだから。先の“言い訳”じみた考えも、寂しさの裏返しのようなもの…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    多部未華子、「行列のできる法律相談所」で見せた“顔の進化”に視聴者騒然!

    132223

    8月24日から25日にかけ放送された「24時間テレビ」(日本テレビ系)は、平均視聴率16.5%で歴代13位の好成績を記録。駅伝マラソンでの、いとうあさこのラストスパートのシーンでは瞬間最高視聴率39.0%と驚異的な数字をとり、そのまま後番組…

    カテゴリー: 芸能|タグ: , , , , |

    過食やストレスによる“ぽっちゃり” 実は「脳疲労」が原因だった!?

    Sponsored
    157187

    「思うように外出できないし、友だちともなかなか会えない」「四六時中、家族と接していて息が詰まる」「在宅勤務だと仕事に集中できない」「残業がなく収入減で将来が不安」──会議に限らず、飲み会やデート、婚活まで、オンラインによるライフスタイルがニ…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
ボタンが弾け飛びそう!新井恵理那、“Dバスト”躍動バドミントン動画に絶賛の声
2
ゴムは常備!? 重盛さと美、32年間お泊りなしの”連れ込み型女子”宣言のワケとは
3
テレ東・角谷暁子、ニットがキツそう!まん丸“お椀バスト”がまた進化!?
4
とんねるず、「タモリのビールをよそにドンペリ」押し通した驚愕バブリー現場
5
森川夕貴の“電撃婚”で弘中綾香の「円満独立プラン」が頓挫したワケ