女子アナ

フジ山崎夕貴、局関係者が明かす“好感度ランキング伸び悩み”の理由

 12月1日にオリコンが発表した今年の「好きな女子アナウンサーランキング」。

 例年恒例の同調査では、オリコンのモニターリサーチにより、各局女子アナの好感度を1年間の活躍を反映して可視化。

 これまで4年連続で1位だった日本テレビの水卜麻美アナが5連覇を達成し、来年からの“殿堂入り”を決めた今回の同調査だが、その結果に局の内部からも関心が寄せられている。

「ウチとしては今年も厳しい結果になりましたね」と肩を落とすのはフジテレビ関係者である。

 今年、10位以内にランクインした同局アナは9位の山崎夕貴アナのみ。OGで現フリーの加藤綾子アナは昨年2位から順位を下げ、4位だった。

「想像以上に惨憺たる結果でした。今年は『グッディ!』の三田友梨佳アナ、新人の久慈暁子アナが入るのではと期待していたのですが…」

 自局アナの不人気ぶりに落胆する同関係者だが、意外にも「“最大の不満”は9位にランクインした山崎アナ」だという。

「今年は芸人・おばたのお兄さんとの交際報道で“庶民派女子アナ”として好感度が目に見えて上がっていた。それでも9位止まりとは、伸び悩んだ感が否めません。“伸び悩み”の理由については、交際発覚後に、おばたの不貞の過去が写真誌報道によってバレても、懸命にそれを許そうと努力するサマが、健気にも映った反面、やっぱり『バカップルぽさ』のほうが勝ってしまった。それが微妙な順位となって顕在化したんでしょうね」(前出・フジ関係者)

 フジテレビの不振は「好きな女子アナウンサーランキング」にも色濃く反映されてしまったようだ。

(白川健一)

カテゴリー: 女子アナ   タグ: , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    暑いと思ったら顔が赤い?恥ずかしい赤ら顔は化粧水でケア

    Sponsored
    91796

    ゴールデンウィークも終わり、これから夏に向けて徐々に気温が高くなってくる季節ですね。スポーツやイベントなど出かける機会が増えてくる方も多いのではないでしょうか。そんな楽しい季節ですが、気候の変化による肌トラブルも気になります。日中の日差しか…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    高血圧・高血糖・高血中脂質が1つでもあると、動脈硬化につながる「トリプルリスク」になる!?

    Sponsored
    102085

    いま、アラフォー世代を中心に、「トリプルリスク」の危険性が叫ばれている。「かくれ肥満」を提唱し、メタボに警鐘を鳴らした医師の岡部正さんによると、「高血圧・高血糖・高血中脂質のうち、どれか1つでも該当すると他の2つも悪くなる可能性がある」そう…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    認知症の予防に期待!? 世界初、九州大学がプロポリスの認知機能向上効果を実証!

    103760

    九州大学大学院歯学研究院の武洲准教授と倪軍軍助教の研究グループは、中国青海省人民病院との共同研究において、ブラジル産プロポリスが中国チベット高原に住む健常な高齢者の認知機能低下並びに全身性炎症の改善効果をもたらすことを明らかにした。臨床研究…

    カテゴリー: 社会|タグ: , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
芸能界「自己責任な女」受難の後始末(1)剛力彩芽はこのまま引退?
2
めちゃイケの“ヤラセ”までバラされた!「イッテQ騒動」余波が止まらないッ
3
若林正恭と南沢奈央の破局に、大島優子のファンが安堵するワケ
4
岡村隆史、若林正恭と南沢奈央の破局に“心ない発言”で南沢ファンが怒髪天!
5
「中学聖日記が大反響」有村架純を待ち受ける“第二の裕木奈江”になる罠!