芸能

ビートたけしの名言集「忘年会で飲み続けて、しゃべり倒した殿」

「しかしこないだは大宴会やっちまったな!」

 先日の土曜にお会いした殿は、直前の水曜に開催された忘年会を振り返ると、笑顔でこう漏らしたのです。

 近年、殿がたけし軍団全員を招集しての大忘年会はほとんどなく、その時々、なにかと近くにいる弟子3~4人を呼んでのコンパクトな忘年会が主流となっています。で、わたくしの場合、毎週土曜の生放送「ニュースキャスター」の作家をやっている性質上、間違いなく週に2回程は殿にお会いできるため、「お前、来週の水曜空いてるか? 忘年会がてら、ちょっと宴会でもやるか」的な誘いを受けやすく、ここ5年ばかしは、そんな宴に皆勤賞で参加しています。で、今年の忘年会は、わたくしを含めた弟子3名と殿の総勢4名にて、18時からのスタートと相成りました。

 ただ、わたくしともう一人、〆さばアタルは、宴会の1時間前に、「ちょっと○○○の打ち合わせをするから、悪いけど17時に来てくれ」と指示を受け、少し早く殿の仕事場へ。まだ発表のできない性質の打ち合わせを高いテンションで約30分程こなした殿は、「じゃー、ちょっと早いけど飲むか!」と、少しばかり前倒しで、忘年会開始を高らかに宣言したのです。

 時刻は17時30分過ぎ、まずはシャンパンでの乾杯。

「おい、俺はまだシャンパンでいいけど、お前ら、他にもいろいろあるから、適当に好きなの飲めな」

「さっきのやつ(打ち合わせしたやつね)、ちょっといいだろ?」

「こないだ俺がライブでやった落語(爆笑問題さんの事務所の主催ライブで披露したやつ)、お前ら、見た?」

「今また小説書いてるけどよ、来年は映画もやらなきゃいけねーし、何だかんだで来年も忙しいな」

 打ち合わせでの高いテンションのままなだれ込んだ宴は、いつになく殿が楽しげで、次から次へと全方位に話題を振りまき、じょう舌にしゃべり倒していました。で、極め付きは、

「おい、俺とお前ら(わたくしとアタル)で、お笑いのユニット組むか? とにかくバカバカしいことしかやらない3人組。そうだな、名前はたけしのTと北郷のKとアタルのAで、TKAか!」

 と、まるでゴルゴ松本さんの「TIM」の弟分的なユニット名を、半ば強引に命名しようとする殿なのでした。結局、17時半から始まった忘年会は23時半まで続き、わたくしたちが途中、ウーロン茶でインターバルを入れ調整していたのに対し、殿はシャンパン、赤ワイン、焼酎と、ずーっと飲み続け、しゃべり倒していました。そして、

「よし、3人でツアーするか?」

 と、まだネタも何も決まっていない段階から「TKA」の営業的な話まで持ち出し、最後はいつもどおり、“こいつでタクシーで帰れな”的な“心づけ”を弟子に配った殿は、

「とりあえず今日はお開きだ!」

 と、やはり笑顔で、その日の夜を〆たのでした。

ビートたけしが責任編集長を務める有料ネットマガジン「お笑いKGB」好評配信中!

http://www.owarai-kgb.jp/

◆プロフィール アル北郷(ある・きたごう) 95年、ビートたけしに弟子入り。08年、「アキレスと亀」にて「東スポ映画大賞新人賞」受賞。現在、TBS系「新・情報7daysニュースキャスター」ブレーンなど多方面で活躍中。本連載の単行本「たけし金言集~あるいは資料として現代北野武秘語録」も絶賛発売中!

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    「男の人からこの匂いがしたら、私、惚れちゃいます!」 弥生みづきが絶賛!ひと塗りで女性を翻弄させる魅惑の香水がヤバイ…!

    Sponsored

    4月からの新生活もスタートし、若い社員たちも入社する季節だが、「いい歳なのに長年彼女がいない」「人生で一回くらいはセカンドパートナーが欲しい」「妻に魅力を感じなくなり、娘からはそっぽを向かれている」といった事情から、キャバクラ通いやマッチン…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    今永昇太「メジャー30球団でトップ」快投続きで新人王どころか「歴史的快挙」の現実味

    カブス・今永昇太が今季、歴史的快挙を成し遂げるのかもしれないと、話題になり始めている。今永は現地5月1日のメッツ戦(シティ・フィールド)に先発登板し、7回3安打7奪三振の快投。開幕から無傷の5連勝を飾った。防御率は0.78となり、試合終了時…

    カテゴリー: スポーツ|タグ: , , |

    因縁の「王将戦」でひふみんと羽生善治の仇を取った藤井聡太の清々しい偉業

    藤井聡太八冠が東京都立川市で行われた「第73期ALSOK杯王将戦七番勝負」第4局を制し、4連勝で王将戦3連覇を果たした。これで藤井王将はプロ棋士になってから出場したタイトル戦の無敗神話を更新。大山康晴十五世名人が1963年から1966年に残…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
【球界爆笑秘話】ボールがアレに当たって悶絶する捕手に長嶋茂雄が放った「まさかのオヤジギャグ」
2
事務所が猛抗議!「星野源W不倫10億円もみ消し」仰天暴露投稿に挙がった「NHK美女アナ」の名前
3
2試合33失点の歴史的惨敗!楽天・今江敏晃監督「打つ手なし」で「途中休養」カウントダウン
4
「ちょっと待って」と視聴者!由美かおる73歳の短すぎるスカートが真っ昼間にさく裂で「これ、ひざ上何センチ?」
5
元フジテレビ・久代萌美が「仕方なく妊娠発表」したのは「気になりすぎるネットニュース」があったから