芸能

安室奈美恵に対抗?浜崎あゆみがつづった「意味深メッセージ」

 12月19日、安室奈美恵が「紅白歌合戦」(NHK)に出場することをNHKが発表した。安室は2018年9月で芸能界を引退すると表明しており、NHKは最後の紅白出場に向けて粘り強く交渉を続けていたという。安室は特別出演歌手として出場する。

 このニュースに、安室のライバルである浜崎あゆみが反応を示したようだ。発表の翌日、12月20日のインスタグラムに〈綺麗なマルにはなれないけれど、いびつに輝くよ〉と記したことが、安室の紅白出場に対する何等かの“メッセージ”ではないかとささやかれているのだ。

「浜崎は11月の末からインスタの投稿をガラリと変えました。以前は普段の生活をとらえた写真と自分の言葉でつづっていたのですが、今ではプロが撮影したと思われる写真にポエムのような文章をそえています。例えば12月17日は《今日も会えたね、大好きなその笑顔。今日も聴けたね、大好きなその声。》、12月7日は《人を求め、人を憎み、人を信じた傷と一緒に生きていく。》といった感じです。話題の《綺麗なマルに~》も一見ポエム風ですが、前後とは少し違っている。極めて異質な文章なんです。そのため、安室出場に対してのメッセージだと見られているわけです」(スポーツ紙芸能記者)

 浜崎と安室は歌のスタイルは違えど、同時期に歌姫として人気を博したライバル同士。今も歌姫としてカリスマ的人気を誇る安室と、容姿の劣化や激太りばかりが報じられる浜崎ではだいぶ差がついてしまったが、それでも頑張ろうという気持ちが〈綺麗なマルにはなれないけれど──〉という文章から伝わってくる。

「今回、NHKが三顧の礼で安室を迎えたことも気に入らないはずです。浜崎は1999年から2014年まで15年連続で紅白に出場し、6回もトップバッターを務めて番組に貢献してきました。最後は浜崎のほうから“卒業”したことになっていますが、実情は『NHKから切られそうになったので先手を打った』という見方が強い。NHKの扱いは今や雲泥の差ですからね」(音楽プロデューサー)

 どんなに「いびつ」でも浜崎あゆみの輝きは曇るものではない。これからもスターでありつづけてほしいものだ。

カテゴリー: 芸能   タグ: , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    実力派ジョッキー戸崎圭太も登場!「KEIRIN GP2019」スペシャル企画動画『The DAN(座談)』をチェックせよ!

    Sponsored
    138500

    12月にもなると「なんだか気持ちが落ち着かない…」というギャンブル好きの読者諸兄も多いことだろう。というのも年末は、競馬の「有馬記念」、競艇の「賞金王」、オートレースの「SS王座」といったビッグレースが目白押しだからだ。競輪では、12月30…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    センベロ、野球、鉄ちゃん、アニメ、オタク……趣味などの価値観重視で生涯のパートナーを見つけるマッチングアプリが中高年に最適なワケ

    Sponsored
    136162

    50歳で結婚歴のない「生涯未婚率」が激増している。これは2015年の国勢調査の結果によるもので、親世代となる1970年の同調査に比べると、その率なんと約14倍なんだとか。この現実をみると、「結婚できない……」ことを切実な問題として不安に思う…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , |

    “男の活力低下”につけこむ甘い罠…手軽に入手できる海外未承認薬の危険過ぎる実態に迫る!

    Sponsored
    133097

    40代50代の中高年男性といえば、人間関係、リストラの恐怖、のしかかる責任感など仕事上の悩みに加えて、妻や子どもとの関係、健康や老後の不安といったプライベートなことまで、さまざまな問題を抱えているもの。そしてこれらがストレスとなり、加齢によ…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , |

注目キーワード

人気記事

1
フジ永島優美、激し過ぎる本格ダンスでやっぱり見えちゃった“バストの奥”!
2
畠山愛理も霞む”Eバスト”!NHK副島萌生の「色香滴り」衣装にネット騒然
3
「三角」はイヤ!西野七瀬「水着嫌い」告白にファンから逆に歓喜の声
4
あの「りさお姉さん」が強そうになってる!ガッチリ化にパパたちの涙
5
石川佳純が“極太棒”を手に…思わずニンマリの妄想爆発ショットとは?