芸能

小島瑠璃子、「ヒルナンデス!」男乱入で見せた“ファインプレー”とは?

 ここまで売れたのも納得できるリポートだった!?

 12月21日放送の情報番組「ヒルナンデス!」(日本テレビ系)の生中継レポート中に、まさかの放送事故が発生し、視聴者を驚愕とさせた。問題のシーンは小島瑠璃子とサバンナの高橋茂雄が千葉にある行列のできるパン店でリポートを行っている最中のこと。行列の後ろのほうでリポートをしていると、突如、カメラの前に一般男性がフレームイン。その一般男性はボソボソとつぶやきながら高橋に徐々に接近し、抱き着くという奇行に出たのだ。

 この予期せぬ事態に高橋は「こじるり助けて~」と冗談っぽく叫び、笑いを取ろうとしていたが、助けを求められた小島は「え、うそでしょ? キャー怖い」とリアクションをとった後、高橋を置き去りにして、店の入り口の方にダッシュ。

 高橋もなんとかその男性の抱擁から逃げ、小島と店頭に合流。その後も一般男性は2人に接近していくも、スタッフに制止され、中継は続行された。

 スタジオでその様子を見ていた共演者たちからも「え、マジの…」という動揺の声が上がるなどしていたこともあり、ただならぬ事態であることは視聴者にもヒシヒシと伝わっていたようだ。当然の如く、ネット上ではこの日のアクシデントの話題で持ちきりになっているのだが、そんな中で世間の人々から称賛されているのが小島の対応だ。

「小島はお得意のリアクションで驚きを表現して、一目散に逃げていましたが、よく見ると逃げながらカメラに向けて手招きし、カメラを店の入り口まで誘導させていました。もしも、小島がその男性と高橋の絡みを近くで見守っていたならば、その放送事故の一部始終が放送されてしまっていたわけですから、紛れもない“ファインプレー”ですよね。店頭で高橋と合流した後も、再び男性は2人に接近していましたが、小島はそれを気にせずに他のお客さんへのインタビューに移っていましたから切り替えの早さも大したものです」(エンタメ誌ライター)

 視聴者からは「怖いと言いつつ、実はしっかり仕事をしているのはカッコいい」「これぞ、プロの技だな」「単なるゴリ押し(でのレギュラー出演)だと思ってたけど、見直した」「スタッフもこじるりにものすごく感謝してるだろうな」などといった声が上がり、小島のリポートは大絶賛されている。もし、乱入男性が小島に抱き着いていたらどうやって小島が回避していたのかも気になるところだ。

(本多ヒロシ)

カテゴリー: 芸能   タグ: , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    伊藤沙莉、「バストトップ出し&アエギ声」映画用にボイス訓練の“躍進女優力”

    161972

    若手女優きってのバイプレイヤー伊藤沙莉(26)の大躍進が止まらない。どこか親近感を持てるルックスと独特のハスキーボイスを携えて映画に引っ張りだこだというのだ。「主演の伊藤健太郎のひき逃げのためにお蔵入りになりかけた11月6日公開の『十二単衣…

    カテゴリー: 芸能|タグ: , , , , , |

    多部未華子、「行列のできる法律相談所」で見せた“顔の進化”に視聴者騒然!

    132223

    8月24日から25日にかけ放送された「24時間テレビ」(日本テレビ系)は、平均視聴率16.5%で歴代13位の好成績を記録。駅伝マラソンでの、いとうあさこのラストスパートのシーンでは瞬間最高視聴率39.0%と驚異的な数字をとり、そのまま後番組…

    カテゴリー: 芸能|タグ: , , , , |

    過食やストレスによる“ぽっちゃり” 実は「脳疲労」が原因だった!?

    Sponsored
    157187

    「思うように外出できないし、友だちともなかなか会えない」「四六時中、家族と接していて息が詰まる」「在宅勤務だと仕事に集中できない」「残業がなく収入減で将来が不安」──会議に限らず、飲み会やデート、婚活まで、オンラインによるライフスタイルがニ…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
土田晃之、「バイキング」の進行を止めてまで固執した“大失笑”発言とは?
2
「パラサイト」地上波放送、夫婦の「胸の突起コリコリ」シーンにお茶の間が激怒!
3
本田翼のTシャツバストショットが艶すぎる!“サイズアップ説を裏付ける”1枚
4
千原ジュニア、旅番組「地元の人との会話」で“口にできない悪印象”が判明!?
5
桐谷美玲、「バスト巨大化」噂は本当だった!?“豊かすぎバストライン”に騒然