芸能

小島瑠璃子、「ヒルナンデス!」男乱入で見せた“ファインプレー”とは?

 ここまで売れたのも納得できるリポートだった!?

 12月21日放送の情報番組「ヒルナンデス!」(日本テレビ系)の生中継レポート中に、まさかの放送事故が発生し、視聴者を驚愕とさせた。問題のシーンは小島瑠璃子とサバンナの高橋茂雄が千葉にある行列のできるパン店でリポートを行っている最中のこと。行列の後ろのほうでリポートをしていると、突如、カメラの前に一般男性がフレームイン。その一般男性はボソボソとつぶやきながら高橋に徐々に接近し、抱き着くという奇行に出たのだ。

 この予期せぬ事態に高橋は「こじるり助けて~」と冗談っぽく叫び、笑いを取ろうとしていたが、助けを求められた小島は「え、うそでしょ? キャー怖い」とリアクションをとった後、高橋を置き去りにして、店の入り口の方にダッシュ。

 高橋もなんとかその男性の抱擁から逃げ、小島と店頭に合流。その後も一般男性は2人に接近していくも、スタッフに制止され、中継は続行された。

 スタジオでその様子を見ていた共演者たちからも「え、マジの…」という動揺の声が上がるなどしていたこともあり、ただならぬ事態であることは視聴者にもヒシヒシと伝わっていたようだ。当然の如く、ネット上ではこの日のアクシデントの話題で持ちきりになっているのだが、そんな中で世間の人々から称賛されているのが小島の対応だ。

「小島はお得意のリアクションで驚きを表現して、一目散に逃げていましたが、よく見ると逃げながらカメラに向けて手招きし、カメラを店の入り口まで誘導させていました。もしも、小島がその男性と高橋の絡みを近くで見守っていたならば、その放送事故の一部始終が放送されてしまっていたわけですから、紛れもない“ファインプレー”ですよね。店頭で高橋と合流した後も、再び男性は2人に接近していましたが、小島はそれを気にせずに他のお客さんへのインタビューに移っていましたから切り替えの早さも大したものです」(エンタメ誌ライター)

 視聴者からは「怖いと言いつつ、実はしっかり仕事をしているのはカッコいい」「これぞ、プロの技だな」「単なるゴリ押し(でのレギュラー出演)だと思ってたけど、見直した」「スタッフもこじるりにものすごく感謝してるだろうな」などといった声が上がり、小島のリポートは大絶賛されている。もし、乱入男性が小島に抱き着いていたらどうやって小島が回避していたのかも気になるところだ。

(本多ヒロシ)

カテゴリー: 芸能   タグ: , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    暑いと思ったら顔が赤い?恥ずかしい赤ら顔は化粧水でケア

    Sponsored
    91796

    ゴールデンウィークも終わり、これから夏に向けて徐々に気温が高くなってくる季節ですね。スポーツやイベントなど出かける機会が増えてくる方も多いのではないでしょうか。そんな楽しい季節ですが、気候の変化による肌トラブルも気になります。日中の日差しか…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    高血圧・高血糖・高血中脂質が1つでもあると、動脈硬化につながる「トリプルリスク」になる!?

    Sponsored
    102085

    いま、アラフォー世代を中心に、「トリプルリスク」の危険性が叫ばれている。「かくれ肥満」を提唱し、メタボに警鐘を鳴らした医師の岡部正さんによると、「高血圧・高血糖・高血中脂質のうち、どれか1つでも該当すると他の2つも悪くなる可能性がある」そう…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    認知症の予防に期待!? 世界初、九州大学がプロポリスの認知機能向上効果を実証!

    103760

    九州大学大学院歯学研究院の武洲准教授と倪軍軍助教の研究グループは、中国青海省人民病院との共同研究において、ブラジル産プロポリスが中国チベット高原に住む健常な高齢者の認知機能低下並びに全身性炎症の改善効果をもたらすことを明らかにした。臨床研究…

    カテゴリー: 社会|タグ: , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
Koki、「理想の女性は母」発言で出てしまった「言わないほうがよかった」の声
2
上沼恵美子 関西テレビ界に君臨する「抹殺力」(2)「ポスト上沼」の面々は…
3
山崎アナも消えた!「好きな女子アナランキング」でかつての“王国”が崩壊?
4
女芸人が“先端”全出し?松本人志「ドキュメンタル」最新作のレビューが大荒れ!
5
欅坂46平手友梨奈“メンタル不安視”問題に秋元康がついに言及!