スポーツ

読んでから見たい「箱根駅伝」オモシロ裏知識10(1)レベルは拮抗している

 日本の正月といえば箱根駅伝。初春の箱根路を精鋭20校と関東学生連合が1月2日と3日に駆け抜ける。今季の大学3大駅伝は、出雲路が東海大、伊勢路を神奈川大が制し、4連覇に挑む青学大は2位、3位だった。第94回大会は、往路、復路、総合の優勝校が全て異なる「10年に一度の大混戦」となりそうだ。

【1】10年に一度の大波乱!

「どこもレベルが上がっている。戦国時代ですよ」

 こう話すのは、昨季の東京箱根間往復大学駅伝競走を制し、3連覇を達成した青山学院大学の名将・原晋監督(50)だ。スポーツ紙デスクが解説する。

「11月の全日本大学駅伝後のこと。前季、青学大は大学3大駅伝(出雲、全日本、箱根)の3冠に輝き、箱根は往路と復路を制しての完全優勝でしたが、今季は無冠。ダブル看板の一人、下田裕太(4年)の調子が上がってこない」

 ただ、もう一人の支柱の田村和希(4年)は、出雲、全日本ともに区間トップと安定した走りを見せた。

 スポーツライター・折山淑美氏の見立てはこうだ。

「二強プラスワンと見ています。1万メートルやハーフマラソンの記録や経験などの総合力から、青学と出雲の覇者の東海大、そこに全日本を制した神奈川大が絡んできた。特に東海大はスピードがあり、往路から一気に飛び出して逃げきってもおかしくはない。とはいえ、それぞれに絶対エースの不在や山の上り下りへの不安なども抱え、波乱が起きても驚きません」

 2代目山の神の柏原竜二氏をスカウトし、成長を見続けた東洋大学陸上競技部・長距離部門の佐藤尚コーチも「今回は3つのタイトルが別々の優勝校になってもおかしくない」と話す。

 過去、往路、復路、総合の各優勝校が全て異なるケースは7回あり、74年は日本体育大の6連覇阻止、06年は駒澤大の5連覇の夢が破れた。今回は10年に一度の大波乱の可能性も!?

【2】白熱の「バトルトーク」

 12月10日、前大会5位までの監督が集うイベントがあり、ヒートアップした。バトルの口火を切ったのは前回5位も、今季の伊勢路を制した神奈川大の大後栄治監督(53)だ。

「(エースの)鈴木健吾(4年)と山藤篤司(3年)、はっきり言って1区、2区で行きます。とにかくハイペースに持ち込み、ガンガン行きたいと思っています」

 前回4位の順天堂大の若き指揮官・長門俊介監督(33)も「3本柱で往路を戦いたい。主将の栃木渡(4年)は、状況が状況なら序盤にぶち込みたい」と会場を沸かせば、「(うちも)1、2区からガンガン行くしかないでしょう」と、名門・早稲田大学を率いる相楽豊監督(37)もまた、往路勝負を匂わせた。

 対する青学大の原監督は「箱根だけは譲れない!」と、恒例の「大作戦」名を明かして応戦。

 前出・スポーツ紙デスクが振り返る。

「今回は『ハーモニー大作戦』。出雲(3位)も全日本(2位)も、流れがかみ合わなかったので、箱根は、じっくりと10区間のラインナップを検討して挑むということでした。ただ、Wエースの起用区間の明言は避けた。ライバル校が先行・逃げきりを示唆する中、青学大は好位からのまくりを狙いそう。12月29日の区間エントリーが楽しみです」

【3】花の2区にエース集結

 前大会から山上りの5区が23.2キロから20.8キロに短縮されたこともあり「花の2区」の重要性が増す。

「好メンバーがそろい、久しぶりにエースがぶつかり合う『花の2区』という感じです」(折山氏)

 スピード自慢の留学生を抱える山梨学院大と拓殖大に対し、神奈川大、順大、東洋大、駒大などがガチンコバトルを展開する。

「注目は神奈川大のエース・鈴木健吾(4年)です。全日本の最長の8区(19.7キロ)での逆転劇は鮮やかで、タイムも日本人歴代2位の好記録。現役学生ナンバーワンの称号を証明した走りでした。そこで区間賞に輝いたのが山梨学院のケニア留学生のドミニク・ニャイロ(3年)です。この一騎打ちは見ものです」(スポーツ紙デスク)

 拓殖大にはエチオピア留学生のワークナー・デレセ・タソ(3年)、順大には塩尻和也(3年)が控える。

「デレセは前回の2区で10人抜きの2位。塩尻は現役唯一のオリンピアン(リオ五輪3000メートル障害)で、前回は8人抜きの5位と、ともに下位からタフさを要求される状況での快走。ただ二人とも、箱根の醍醐味のごぼう抜きよりも『トップ争いをしたい!』と話しています」(専門誌編集者)

 カギを握る1区は、今回もスローが予想される。

 前出・東洋大の佐藤コーチいわく、

「前回、うちは1区にエース服部弾馬を投入してトップ通過も、わずか1秒差。酒井俊幸監督(41)の指示はもっと早めの仕掛けで、本人も『行きます』と話していたが、結局はラスト勝負。彼でも動けないのが箱根のプレッシャーです。でもスロー予想だろうと、エース級を出し惜しみすると致命傷になることもある」

 1区の駆け引きが2区の激闘を演出しそうだ。

カテゴリー: スポーツ   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    「男の人からこの匂いがしたら、私、惚れちゃいます!」 弥生みづきが絶賛!ひと塗りで女性を翻弄させる魅惑の香水がヤバイ…!

    Sponsored

    4月からの新生活もスタートし、若い社員たちも入社する季節だが、「いい歳なのに長年彼女がいない」「人生で一回くらいはセカンドパートナーが欲しい」「妻に魅力を感じなくなり、娘からはそっぽを向かれている」といった事情から、キャバクラ通いやマッチン…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    今永昇太「メジャー30球団でトップ」快投続きで新人王どころか「歴史的快挙」の現実味

    カブス・今永昇太が今季、歴史的快挙を成し遂げるのかもしれないと、話題になり始めている。今永は現地5月1日のメッツ戦(シティ・フィールド)に先発登板し、7回3安打7奪三振の快投。開幕から無傷の5連勝を飾った。防御率は0.78となり、試合終了時…

    カテゴリー: スポーツ|タグ: , , |

    因縁の「王将戦」でひふみんと羽生善治の仇を取った藤井聡太の清々しい偉業

    藤井聡太八冠が東京都立川市で行われた「第73期ALSOK杯王将戦七番勝負」第4局を制し、4連勝で王将戦3連覇を果たした。これで藤井王将はプロ棋士になってから出場したタイトル戦の無敗神話を更新。大山康晴十五世名人が1963年から1966年に残…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
サイ・ヤング賞候補なのに先発投手ランキングから消える…カブス・今永昇太「防御率0点台」に立ちはだかる「問題」
2
「矢野はなんちゅうことをしてくれたんや」阪神OBが嘆く佐藤輝明の「致命的な初期育成ミス」
3
楽天・西武・中日…3弱チームの共通点は「PL学園出身監督」高すぎるプライドに江本孟紀ダメ出し
4
「長嶋監督、怒ってなかった?」高橋由伸が耳を疑った巨人・阿部慎之助監督の「のん気発言」
5
北京五輪「世紀のエラー」G.G.佐藤に野村克也が贈った死の10日前の金言「お前の勝ちだ」