芸能

吉高由里子 主演映画の不入りで「サボリ病」発症

 18年夏に、木村拓哉、二宮和也と共演する映画「検察側の罪人」(東宝)の公開を控えている吉高由里子(29)。プライベートでは、破局がささやかれていた関ジャニ∞・大倉忠義(32)との寿司デートが報じられるなど、熱愛も継続中だ。

 ところが公私ともに順調のように思われる反面、その実情はイマイチ芳しくないようなのである。吉高をよく知る芸能関係者が語る。

「17年9月に公開された映画『ユリゴコロ』(東映、日活)が“不入り”で、彼女のモチベーションに重大な支障が生じているんですよ。5年ぶりの主演映画となった同作は彼女にとって絶大な思い入れのある作品。監督も『100年残る吉高由里子の代表作』と太鼓判を押していました。それだけに番宣も旺盛にこなしたのですが、結果、驚くほど客が入らなかった。そのショックで、吉高の“仕事したくないサボリ病”が再発している。仕事のオファーが事務所に来ても受け付けないんですよ」

 吉高といえば、14年にNHKの朝ドラ「花子とアン」のヒロインを務めたあと、信頼していたマネージャーの退社などが影響し、しばらく休養していたのだが、現在も、その時と同じような状態なのだという。

 そして、彼女のサボリ病は「体型」にも影響を与えていた。

「大倉とはもちろん、飲み歩くだけの生活がたたって太り、最近は冗談にならないレベルまで“肥大化”が進んでいる。日テレ系ドラマ『東京タラレバ娘』の特別版が18年秋放送をメドに企画されていますが、吉高の太りすぎで実現が危ういと言われる始末です」(広告代理店社員)

 さすがに、そんな姿を見られたくはないようだ。

「10月29日、彼女はヤフオクドームで行われた日本シリーズ第2戦で始球式を務めました。シリーズの冠スポンサーが、CMキャラを務める企業だったため、しぶしぶ、引き受けたようです。その際、『現在の体型が絶対にバレないように』という吉高サイドの要求で、体のラインが完全にわからない“ダボダボユニホーム”が作られ、『スポーティーさのかけらもない』として関係者の間で大不評だった」(前出・広告代理店社員)

 今後、さすがに「検察側の罪人」の番宣には登場するというが、夏までは例外を除いて、しばらく“開店休業状態”になるという。

 かくも深刻な病から立ち直るのはいつ!?

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    暑いと思ったら顔が赤い?恥ずかしい赤ら顔は化粧水でケア

    Sponsored
    91796

    ゴールデンウィークも終わり、これから夏に向けて徐々に気温が高くなってくる季節ですね。スポーツやイベントなど出かける機会が増えてくる方も多いのではないでしょうか。そんな楽しい季節ですが、気候の変化による肌トラブルも気になります。日中の日差しか…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    高血圧・高血糖・高血中脂質が1つでもあると、動脈硬化につながる「トリプルリスク」になる!?

    Sponsored
    102085

    いま、アラフォー世代を中心に、「トリプルリスク」の危険性が叫ばれている。「かくれ肥満」を提唱し、メタボに警鐘を鳴らした医師の岡部正さんによると、「高血圧・高血糖・高血中脂質のうち、どれか1つでも該当すると他の2つも悪くなる可能性がある」そう…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    認知症の予防に期待!? 世界初、九州大学がプロポリスの認知機能向上効果を実証!

    103760

    九州大学大学院歯学研究院の武洲准教授と倪軍軍助教の研究グループは、中国青海省人民病院との共同研究において、ブラジル産プロポリスが中国チベット高原に住む健常な高齢者の認知機能低下並びに全身性炎症の改善効果をもたらすことを明らかにした。臨床研究…

    カテゴリー: 社会|タグ: , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
嵐・相葉主演ドラマが爆死状態で“なりふり構わぬテコ入れ作戦”始まった!
2
関ジャニ大倉、ファンからカバンに「使用後肌着」大量入れられ被害の“苦悩”
3
今年もダウンタウンが「嫌いな芸人」1位!選出される“キーワード”とは?
4
新垣結衣があの新婚女優に見える瞬間?「けもなれ」でささやかれる珍現象
5
本田翼、「あざとすぎるCMダンス」に業界から「やっちまったな」の声!