芸能

松本人志、公開したモリモリ胸筋に「細川ふみえみたい」の声!

 ダウンタウンの松本人志が1月1日、自身のTwitterにアップした写真が大きな話題となっている。松本の〈すいません、こんな体になってしまいました、、、今年もよろしくお願いします〉というコメントともに公開されたのは、リゾート地の海岸をバックに上半身裸になった松本の姿。その身体は胸筋モリモリ、みごとに腹筋が割れた鍛え抜かれた肉体だった。これを見たファンからは〈どうしたらそんな体になるの!?〉〈超人ハルクやで〉〈下手なプロレスラーより良いカラダしてますね〉など驚きの声が寄せられ、中には〈おおwおっぱい細川ふみえ〉と、巨乳で一世を風靡したタレント細川ふみえの名前をあげる者もいた。

「松本は、自身の関西ローカル番組『松本家の休日』(朝日放送系)で、『松ザップ』と称し独自に編み出したトレーニング法を紹介しています」(番組関係者)

 松ザップとは、一日で体を集中的に鍛えるトレーニング法。トレーナーを付けずに架空のパーソナルトレーナーを想像して、決めた回数よりさらに数回多くトライ。ものによっては限界が来てからさらに100回トライする、自分を追い込む恐るべきトレーニング方法なのだ。結果、松本は135キロのベンチプレスを軽々と持ち上げる筋肉を手に入れることができたという。松本のTwitterには、そんな彼を賞賛するコメントが寄せられるとともに、一方で思いもよらぬ“指摘”に注目が集まっている。

「写真に写った松本の“乳首”の位置について、《乳首シャイですね》《乳首の位置直して》など、あまりの胸筋の盛り上がりに下を向いてしまった乳首について、ザワつく事態が起きています」(女性誌記者)

 実際、松本は昨年1月に放送された「ワイドナショー」(フジテレビ系)でも「年を取ったと感じること」という話題で「年をとると乳首が下がる」と悩みを漏らしたこともある。何にせよこの筋肉はスゴい。2018年、「松ザップ」を掲げる松本は、いろいろな意味でどこまで進化を遂げるだろうか。

(窪田史郎)

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    「男の人からこの匂いがしたら、私、惚れちゃいます!」 弥生みづきが絶賛!ひと塗りで女性を翻弄させる魅惑の香水がヤバイ…!

    Sponsored

    4月からの新生活もスタートし、若い社員たちも入社する季節だが、「いい歳なのに長年彼女がいない」「人生で一回くらいはセカンドパートナーが欲しい」「妻に魅力を感じなくなり、娘からはそっぽを向かれている」といった事情から、キャバクラ通いやマッチン…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    ドジャース・大谷翔平はなぜ「6月に最高潮」なのか科学的分析!メラトニン分泌とホルモンの秘密

    なぜ大谷翔平は毎年6月になると、調子が上がるのか。メジャー通算500打点にあと1、200本塁打まであと3本に迫った6月最終戦は無安打に終わったものの、月間12本塁打、24打点をマーク。日本人選手として最多となる通算5度目の月間MVP受賞が有…

    カテゴリー: スポーツ|タグ: , , , |

    大谷翔平だけじゃない!メジャー影の首位打者「ベイビー・イチロー」は山形県がルーツの「侍ジャパン候補」

    メジャーリーグは6月を終えて、ア・リーグの打率トップはエンゼルスのレンヒーフォ(3割1分7厘)。それをヤンキースのジャッジが猛追しているが(3割1分3厘)、実は「影の首位打者」がいた。ガーディアンズのスティーブ・クワンだ。現地メディア関係者…

    カテゴリー: スポーツ|タグ: , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
「デパ地下」も静かに終了…池袋西武が象徴する「インバウンドに特化」デパートの苦境と未来
2
韓国から「出ていけ!」ホン・ミョンボ代表新監督への〝ウソつき呼ばわり〟は日本人選手がキッカケだった
3
1軍首脳陣に嫌われた阪神・秋山拓巳に「他球団からトレード申し入れ」という「救いの手」
4
サッカー元日本代表「王様・中田英寿」は自ら演出した「策略」だった!チームメイトが明かす「嫌われ役」秘話
5
「函館記念」はオニャンコポンの1着固定!3連単平均57万円の超大荒れレースで買えない人気馬のガチ共通点