芸能

2018年がわかる「激動の核心」<芸能界>(1)お酒解禁になった広瀬すずが…

 渡辺謙、斉藤由貴、藤吉久美子、またもやの桂文枝‥‥17年の芸能界は不貞騒動ばかりの1年だったが、はたして今年はどんな話題が世を騒がすのか──。

 まず年の初めはおめでたい話から行こう。昨年12月に宮崎あおい(32)と岡田准一(37)が入籍を発表した。女性誌記者が語る、次に狙う結婚カップルは誰か。

「その筆頭候補がテレ朝・小川彩佳アナ(32)と交際中の嵐・櫻井翔(35)です。『報道ステーション』でキャスターを務める小川アナは、これまで醜聞知らずのスキャンダル処女アナ。しかも、父は慶大教授と、結婚相手としては非の打ちどころがないだけに、ジャニーズも認めざるをえない状況です。櫻井自身も、アイドルながら報道キャスターを10年間継続するなど実績を残しているだけに、結婚には青信号がともっている。いまだ誰も結婚していない嵐メンバーの中で戌年生まれの年男・櫻井がトップを飾るのは間違いない」

 しかし、この本命予想を覆しそうな大物カップルがもう一組いるという。スポーツ紙ジャニーズ担当記者が打ち明ける。

「一昨年秋の沖縄旅行、昨年2月の箱根旅行など着実に交際を続けているのが、宮沢りえ(44)と森田剛(38)のカップルです。熱心なファンの間では『以前交際していたセクシー女優と結婚するなら、りえチャンのほうがまし』と、消極的ですが認める方向だといいます。とはいえ、ジャニーズ事務所では基本、恋愛・結婚がご法度なことに変わりはありません。最終的に、燃え上がっている二人は“できちゃった結婚”で強行突破する可能性が大きい」

 決まるか、中出し婚!?

 昨年3月の高校卒業後、CM契約14社、映画出演3本と、まさに飛ぶ鳥を落とす勢いなのが広瀬すず(19)だ。

「1月ドラマ『anone』(日本テレビ系)では人気脚本家・坂元裕二氏の直々のご指名で、主演に抜擢されました。自身初となるベリーショートの髪形でイメチェンしながら、家族を失い、生き方を見失った少女という難役に四苦八苦しています」(ドラマ関係者)

 このほか今年は2本の映画出演が決まっているうえ、早くも来春のNHK朝ドラ「夏空」で第100代ヒロインに抜擢されるなど、人気にかげりは見えない。

「とはいえ、同じ10代から見れば輝かしいばかりのキャリアですが、本人は周囲に『今は忙しくて何も考えられない。今のことは10年後になったらわかるかも‥‥』など中年女性のように疲れ果てているんです。最近、すずちゃんが深夜、六本木界隈のバーで目撃されたという情報が頻繁に出ている。何をしているのかはわかりませんが、恐らく日頃の憂さを晴らしているのでしょう。6月に20歳になって飲酒解禁となれば、疲労とお酒の二重奏で、憂さ晴らしの泥酔スキャンダルを起こすかもしれません」(民放局芸能デスク)

 泥酔すずをワイドショーが狙い打ち!

 昨年、ドラマの話題を独り占めしたのが大門未知子こと「ドクターX」(テレビ朝日系)の米倉涼子(42)だ。

「ドラマ低調時代に視聴率20%超えを連発するモンスタードラマだけに、局はなんとしても今年も出演を願いたい。米倉自身も最先端の医療情報を取り込み、新鮮味を失わせないスタッフの優秀さをほめたたえている。とはいえ、失敗しないスーパー女医のキャラが固定してしまうことを恐れて、素直に首を縦に振らないんです」(テレ朝関係者)

 そこで、代替案として捻出されたのが、未知子の同僚で内田有紀(42)が演じる麻酔科医・城之内博美の主演ドラマだという。

「医療界では地味な麻酔科医にスポットを当てた内田の人気が急騰しています。すでに、勝村政信(54)が主演で『ドクターY~外科医・加地秀樹~』を実現させているだけに、内田の『ドクターZ』で次の米倉にバトンをつなぐ作戦です」(前出・テレ朝関係者)

 これなら、シリーズ継続も失敗しないのでは!

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    「男の人からこの匂いがしたら、私、惚れちゃいます!」 弥生みづきが絶賛!ひと塗りで女性を翻弄させる魅惑の香水がヤバイ…!

    Sponsored

    4月からの新生活もスタートし、若い社員たちも入社する季節だが、「いい歳なのに長年彼女がいない」「人生で一回くらいはセカンドパートナーが欲しい」「妻に魅力を感じなくなり、娘からはそっぽを向かれている」といった事情から、キャバクラ通いやマッチン…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    今永昇太「メジャー30球団でトップ」快投続きで新人王どころか「歴史的快挙」の現実味

    カブス・今永昇太が今季、歴史的快挙を成し遂げるのかもしれないと、話題になり始めている。今永は現地5月1日のメッツ戦(シティ・フィールド)に先発登板し、7回3安打7奪三振の快投。開幕から無傷の5連勝を飾った。防御率は0.78となり、試合終了時…

    カテゴリー: スポーツ|タグ: , , |

    因縁の「王将戦」でひふみんと羽生善治の仇を取った藤井聡太の清々しい偉業

    藤井聡太八冠が東京都立川市で行われた「第73期ALSOK杯王将戦七番勝負」第4局を制し、4連勝で王将戦3連覇を果たした。これで藤井王将はプロ棋士になってから出場したタイトル戦の無敗神話を更新。大山康晴十五世名人が1963年から1966年に残…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
【雨予報のGI宝塚記念】ドウデュースは大敗!重馬場で急浮上する「この3頭」のウハウハ適性
2
横浜F・マリノス「ホーム試合開催」大ピンチがスポーツ界に拡大する「深刻大問題」
3
人気俳優Aに「年内結婚」「事務所独立」が急浮上
4
サッカー前園真聖の後輩選手がビクビク暴露「高校時代は怖すぎた」その理由を聞いて脱力
5
大谷翔平の主婦人気ガタ落ちは本当か!本塁打単独トップへの無関心に「理由は結婚じゃない」