芸能

天才テリー伊藤対談「アキラ100%」(1)やはり冬の屋外の営業は大変で…

●ゲスト:アキラ100%(あきら・ひゃくぱーせんと) 1974年、埼玉県生まれ。大学卒業後に俳優を目指して、芸能事務所に就職。20代の頃には椎名桔平の付き人兼運転手をしていたこともある。その後、お笑い芸人を目指し、2005年に大学時代の同級生と「タンバリン」を結成、ボケとネタ作りを担当する。10年にコンビ解散、ピン芸人としての活動を開始。15年1月放送の「ダウンタウンのガキの使いやあらへんで!」(日本テレビ系)の「山-1グランプリ」で披露した一糸まとわぬ姿でのコントで注目を浴びる。16年には「絶対に笑ってはいけない科学博士24時」に原田龍二と共演して話題に。17年2月、「R-1ぐらんぷり2017」で優勝し、大ブレイク。バラエティ番組を中心に、多方面で活躍中。

 全裸姿にお盆で股間を隠しただけという、そのビジュアルだけでもインパクト大! 見えそうで見えないドキドキコントで人気爆発中のアキラ100%が、新春のおめでたムードで登場。この芸風を選んだキッカケや苦労、ブレイクまでの長い道のりを天才テリーにたっぷり語った!

テリー はじめまして。しかし、本当に全裸で来たんだね(笑)。

アキラ はい、どこでもこの格好でやらせていただいてますので(笑)。新年ですし、今日はテリーさんとの対談ということで‥‥。

テリー えっ、ネタやってくれるの?

アキラ はい、小道具もいくつか用意してきましたので、まずは一発、お祝いさせてください。はいっ(とお盆を回すと、裏面に花火のイラスト。そのあと、お盆で股間を隠しながらのお手玉、縄跳び、おたまで股間を隠す芸が続く)。

テリー いやいや、すばらしい(と大拍手)。間近で見ると、お盆をひっくり返すスピードがすごいね。やっぱり、運動神経がいいの?

アキラ そうですね、昔から体を動かすのが好きで、スポーツクラブでバイトもしていたんですよ。バーベルエクササイズとボクササイズのレッスンを担当していました。

テリー そういえば、お正月に24時間マラソンみたいなこと、してなかった?

アキラ あっ、ご覧いただけたんですか。フジテレビさんの深夜の関東ローカルで、マラソン中に出会った人たちと交流するという特番で走らせていただきました。ただ、お話をいただいたのが本番の3週間前だったので、15キロぐらいですぐ足が痛くなってしまって、結局、75キロしか走れなくて。もう少しトレーニングしてから、走りたかったんですが‥‥。

テリー 十分だよ、マラソンがメインの番組じゃないんだから(笑)。それにしても、さっきのお盆芸、俺は真正面だから見えなかったけど、角度的にはどこまで大丈夫なの?

アキラ ちょうど90度ぐらい、野球で言うとフェアグラウンドぐらいですね

テリー なるほど(笑)。でもさ、テレビの収録とかだと斜め前にもお客さんがいるじゃない。

アキラ その時はスタッフさんにもご考慮いただいて、ちょっと後ろに下がってみたり、お客さんから見えない位置でやらせてもらっていますね。

テリー 今までも、小島よしおや、(とにかく明るい)安村みたいな裸芸人はいたけど、全裸でテレビに出てる芸人は初めてでしょう。

アキラ そうかもしれないです。だから、若手がたくさんひな壇に座ってるバラエティ番組で、「ちょっと待ってくださいよ!」とか言って、全員で前に出ていくところとかあるじゃないですか。ああいうところだと、どうしてもワンテンポ遅れちゃうんです。

テリー 冬は、営業も大変だろうね。

アキラ 屋外で控え室がテントだったりすると、やっぱり寒いです。風邪をひかないように、気をつけてはいるんですけど

テリー 股間のお盆も冷たそうだもんなァ。

アキラ そうですね、ヒヤッとしてちぢこまっちゃう時があります(笑)。

テリー ハハハ! 違う意味で見せたくないよね。

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    「男の人からこの匂いがしたら、私、惚れちゃいます!」 弥生みづきが絶賛!ひと塗りで女性を翻弄させる魅惑の香水がヤバイ…!

    Sponsored

    4月からの新生活もスタートし、若い社員たちも入社する季節だが、「いい歳なのに長年彼女がいない」「人生で一回くらいはセカンドパートナーが欲しい」「妻に魅力を感じなくなり、娘からはそっぽを向かれている」といった事情から、キャバクラ通いやマッチン…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    今永昇太「メジャー30球団でトップ」快投続きで新人王どころか「歴史的快挙」の現実味

    カブス・今永昇太が今季、歴史的快挙を成し遂げるのかもしれないと、話題になり始めている。今永は現地5月1日のメッツ戦(シティ・フィールド)に先発登板し、7回3安打7奪三振の快投。開幕から無傷の5連勝を飾った。防御率は0.78となり、試合終了時…

    カテゴリー: スポーツ|タグ: , , |

    因縁の「王将戦」でひふみんと羽生善治の仇を取った藤井聡太の清々しい偉業

    藤井聡太八冠が東京都立川市で行われた「第73期ALSOK杯王将戦七番勝負」第4局を制し、4連勝で王将戦3連覇を果たした。これで藤井王将はプロ棋士になってから出場したタイトル戦の無敗神話を更新。大山康晴十五世名人が1963年から1966年に残…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
習近平が金正恩に重大警告!北朝鮮「地下核実験」がもらたす「不気味な奇病」と「白頭山大噴火」
2
日本ハム低迷時代を終わらせた新庄剛志監督を球団が本気で恐れる「今年で電撃退任」
3
「離婚の原因はキングカズ」元日本代表MFが告発した「有無を言わさぬ電話」事件
4
「体の関係だけの女がいても…」サッカー田中碧と交際する鈴木愛理の大胆思考は「アリかナシか」
5
サッカー超辛口批評の闘莉王がシリア戦代表メンバーを「手のひら返しのベタ褒め」大異変