芸能

消えた「ハーフ美女アナ」は今(2)葉山エレーヌは1児の母となり…

 16年3月にTBSを電撃退社した小林悠(32)。翌月の改編では「NEWS23」のキャスター就任が決定していただけに、周囲の誰もがそのニュースに耳を疑った。放送関係者が証言する。

「局の看板番組に起用される重圧に耐えられなかったようです。同僚たちには『大事な時期に会社に迷惑をかけてしまった』と号泣していたそうです」

 退社以降、女子アナとしての活動は伝わってこないが、小林に近い出版関係者によれば、

「親しい編集者に勧められて、エッセイのような文章を書きためているようですよ。彼女は文章のセンスがあって、映画の批評誌に寄稿したこともあるんです。遠からず作家として日の目を見るかもしれません」

 00年にフジテレビに入社し「発掘!あるある大事典」などに出演していた政井マヤ(41)はメキシコ人の父親を持つハーフアナ。

 03年、同僚のディレクターと婚約中にもかかわらずアナウンス部の男性先輩アナとの「キス写真」が週刊誌にスッパ抜かれ、婚約破棄に至ってしまった。07年に退社してからはメディアで見る機会も少なくなったが‥‥、

「10年ほど前に俳優の前川泰之(44)と結婚し、3人の子宝に恵まれました。子育てがテーマの講演会やイベントの司会などが頻繁に入っているようで、社員アナ時代よりも稼いでいるようですね。また、メキシコ大使館や航空会社のイベントにもたびたび登壇しています」(フジテレビ関係者)

 そんな政井に関する仰天情報をキャッチした。

「政界進出ですよ。近年、政府関係の仕事を通じて、永田町とのパイプができたみたいで、自民党が熱心に口説いているそうです」(前出・フジテレビ関係者)

 日本テレビの葉山エレーヌアナ(35)は日仏のハーフで、オープンな性格で知られている。

「のちの夫となる男性と同棲していた当時は、カーテンもつけない部屋でベタベタして、表の通りからまる見えだったようです。当時、担当していた番組では、スーツのボタンが外れてブラジャーが露出したまま生放送に出てしまい、上司から大目玉を食らいました」(芸能デスク)

 16年6月にインターネット関連の部署に異動となったが、今もアナウンス室に籍を残したままだ。

「異動が伝えられた際は上層部とかなりモメて、“残留”となったようです。現時点ではナレーションや提供スポンサー読みなど、顔が見えない仕事ばかりですね。かつてはホットパンツで太腿を全開にして局内を練り歩いていましたが、今は1児の母ですからね。すっかりOLらしくなっていますよ」

 母は強し、か──。

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    【緊急座談会】中年世代にど真ん中の夏カジュアルはあるのか!?

    Sponsored
    182685

    40代ともなると違和感を感じ始めるのが、休日のカジュアルファッションだ。体型が変わったり、若い頃に着ていた服が似合わなくなったり「何を着たらいいか分からなくなる」のがこの世代の特徴。昔ほどお金をかけるわけにもいかず、とりあえず安価なユニクロ…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , |

    クラファン発!最先端サプリ「スパルトT5」の実力と評判とは?

    Sponsored
    182842

    コロナ禍は、生活様式も働き方も大きく変えた。「仕事帰りにちょっと一杯」も難しくなった今、ビジネスの最前線で活躍する現役世代を蝕む過大なストレスが問題となっている。そんな精神的負担も原因なのか、これまで高齢男性に多かった“夜の悩み”を訴える3…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , |

    出会いのカタチもニューノーマルに!「本気で結婚したい」男がやるべきこと

    Sponsored
    168750

    「結婚はしたいけど、もう少し先でいいかな……」「自然な出会いを待っている……」と思いながらも、「実は独りが寂しい……」と感じてはいないだろうか。当然だ。だって男は弱いし、寂しがりだから。先の“言い訳”じみた考えも、寂しさの裏返しのようなもの…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

注目キーワード

人気記事

1
杉浦友紀よりデカい!?あのNHK美女アナが魅せる「あさイチ」バストのド迫力!
2
本田翼のバストが透けてる?“新CM動画を一時停止”するファンが続出したワケ
3
新垣結衣、ビール新CMで気になり過ぎる!?ニットも歪むバストの“張り具合”
4
菜々緒&仲里依紗、地上波カットされた「スカートの中モロ見え映像」の視聴方法
5
YOSHIKI“芸能界ケンカ最強”でも「大ビビリ」した意外なモノとは