スポーツ

玉木正之のスポーツ内憂内患「カヌー競技の薬物問題に見る五輪の“罪深さ”」

 スポーツ選手として絶対にやってはならない最悪の事件が起きてしまった。

 カヌー競技で2020年の東京五輪出場を目指していた鈴木康大選手(33)が、後輩のライバル小松正治選手(25)の飲み物にドーピングでの禁止薬物(筋肉増強剤)を入れ、失格処分に陥れようとしたのだ。鈴木選手は他にも、海外遠征中に小松選手のパスポートや現金を隠したり、パドル(カヌーを漕ぐために使う櫂)を盗むなど、様々な嫌がらせをしてライバルを日本代表から排除しようとしたらしい。

 この事件が最悪なのは、スポーツを一緒に行っている仲間が「敵」になってしまったことだ。良心の呵責に耐えきれなくなった鈴木選手が、自ら「犯行」を告白したのは微かな救いと言えるだろう。が、今後日本のスポーツ界では、近くにいる仲間も「敵」として「注意」する必要が生じてしまった。

 実際カヌー協会だけでなく、JOC(日本オリンピック委員会)や日本体育協会は、今後、選手に対して、自分の飲食物の自己管理の徹底を促すという。たしかにそれも必要な「対策」かもしれない。が、それは言葉を変えれば「仲間を信用するな!」と言っているのと同じ。それはスポーツの持つ素晴らしい教育的価値や、スポーツマンの目指す理想とは正反対で、スポーツをやればやるほど(トップ・アスリートに近づくほど)猜疑心や不信感を増幅させ、「非人間的」になってしまうことになる。

 ドーピングという薬物による身体改造行為も、結局は自らの身体を傷つける「非人間的行為」と言えるが、ライバルを蹴落としてまで自分が上に立ちたい(五輪に出場したい)と思うような「歪んだ心」や、「仲間を信用するな!」という「歪んだ考え」も、最悪の「非人間的思考」と言うほかない。

 それらの非人間的な身体や心をスポーツ(オリンピック)が醸成しているとするなら、スポーツやオリンピックのあり方自体を、根本的に考え直す必要がありそうだ。

 数多くのスポーツマンをドーピングに走らせ、人間的な心までも歪めてしまうのは、そもそもオリンピックというイベントがあるから‥‥と断じるのは早計に過ぎるかもしれない。が、間もなく開幕する平昌冬季オリンピックは、スポーツ大会としての話題以上に、北朝鮮と韓国による露骨な政治利用ばかりが際立っている。

 しかも4年後の北京冬季大会も、開催に立候補したのは北京以外にアルマトイ(カザフスタン)だけ。夏季五輪も東京大会のあとは、パリ大会とロサンゼルス大会が決まっている。が、それは莫大な経費のかかる五輪開催に立候補する都市がなくなってきたことに危機感を抱いたIOC(国際オリンピック委員会)が、これ幸いとばかり二つの大都市に28年までの開催地を割り振っただけのことだ。

 今やオリンピックは、青息吐息で延命策が続いているという窮状で、長期間保存していた五輪出場選手の尿検体から、北京大会やロンドン大会のメダリストや入賞者のドーピングが次々と発覚。そのうえアスリートの心までも「歪めている」となると、ここらあたりでオリンピックの「罪深さ」を考え直さないわけにはいかないだろう。

 政治的思惑でもなく、各国のメダル獲得競争でもなく、世界中の人々が本当に開催して良かったと思うようなオリンピック‥‥、そして多くの新たな都市が、自分たちも開催したいと思うようなオリンピック‥‥それは、きっと質素で簡素で人間的な心温まる大会ということになるのだろうが、2020年は派手でなく、目立たなくていいから、そういう東京オリンピックにしてほしいものだ。

玉木正之

カテゴリー: スポーツ   タグ: , , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    暑いと思ったら顔が赤い?恥ずかしい赤ら顔は化粧水でケア

    Sponsored
    91796

    ゴールデンウィークも終わり、これから夏に向けて徐々に気温が高くなってくる季節ですね。スポーツやイベントなど出かける機会が増えてくる方も多いのではないでしょうか。そんな楽しい季節ですが、気候の変化による肌トラブルも気になります。日中の日差しか…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    高血圧・高血糖・高血中脂質が1つでもあると、動脈硬化につながる「トリプルリスク」になる!?

    Sponsored
    102085

    いま、アラフォー世代を中心に、「トリプルリスク」の危険性が叫ばれている。「かくれ肥満」を提唱し、メタボに警鐘を鳴らした医師の岡部正さんによると、「高血圧・高血糖・高血中脂質のうち、どれか1つでも該当すると他の2つも悪くなる可能性がある」そう…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    認知症の予防に期待!? 世界初、九州大学がプロポリスの認知機能向上効果を実証!

    103760

    九州大学大学院歯学研究院の武洲准教授と倪軍軍助教の研究グループは、中国青海省人民病院との共同研究において、ブラジル産プロポリスが中国チベット高原に住む健常な高齢者の認知機能低下並びに全身性炎症の改善効果をもたらすことを明らかにした。臨床研究…

    カテゴリー: 社会|タグ: , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
飲酒ひき逃げ・吉澤ひとみを待ち受ける「刑務所地獄」(1)危険運転致傷罪で重刑に
2
村上信五に「大恥をかかせた」フジテレビにジャニーズが大激怒!?
3
とんねるずとダウンタウンが完全和解!?“奇跡のタッグ”に向けて急加速
4
吉澤ひとみ、ドラレコ動画が拍車をかけた「供述はほとんどがウソ」疑惑!
5
眞子様、佳子様からも選ばれなかった学習院大学から「廃校も…」悲鳴が!