女子アナ

大島由香里、「耐え難いことがあった」離婚原因の吐露に見る小塚の“罪深さ”

 フリーアナの大島由香里が、10月21日深夜に放送された「グータンヌーボ2」(関西テレビ)に出演。離婚などの経緯について語った。

 この日の放送で大島は、長谷川京子MCのもとロケゲストとしてフォトグラファーのヨシダナギとともにゲスト出演した。

 大島は昨年末にフィギュアスケートの小塚崇彦とわずか約3年で離婚し、現在は娘2人をもつシングルマザーだが、実際に小塚と暮らしていたのは「1年半~2年ぐらい」だという。

 長谷川が「いいですか?聞いても。“離婚しよう”と思ったのは? 何か“ん?”“やだ”とか思うことがあっても気づいたら1年くらい経ってると思うんですよ。まして子供がいたりしたら」と大島に疑問をぶつけると、「本当ゼロからの育児でバタバタもう毎日している中で、ずっとここでこういう気持ちを抱きながら一生過ごしていくんだろうかっていうことを、毎日のようにずっと考えていた」と大島。

 さらに溜め息交じりで「まあ本当に…耐え難いことがいろいろとあったので…」とし、「自分で食べていける生活力があるんだったら、結婚する意味って何だろうって」と、現時点での再婚については「現実味がない」としていた。

「2人の別居状態が18年末に報じられた際、その原因は“多忙によるすれ違い”とされていましたが、実際は小塚の家族を顧みない夜遊びぶりにあったといわれています。また、結婚前からそんな小塚の遊び好きは大島は知っていたものの、“腹をくくった”と惚れ込んだ小塚との結婚を選んだとされ、子供ができれば小塚も変わると思っていた面もあったのかもしれません。今回、離婚の具体的な原因は明かされませんでしたが、『耐え難いこと』などと語るあたり、覚悟の想像を超えた小塚の裏切りがあったことが想像できますね」(芸能記者)

 とはいえ大島は8月、週刊誌で初のグラビアに挑戦。張りのあるたわわな横バストを披露するなど、まだまだオンナとしては真っ盛り。懲りずにぜひ新しい恋をしてほしいものである。

カテゴリー: 女子アナ   タグ: , , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    伊藤沙莉、「バストトップ出し&アエギ声」映画用にボイス訓練の“躍進女優力”

    161972

    若手女優きってのバイプレイヤー伊藤沙莉(26)の大躍進が止まらない。どこか親近感を持てるルックスと独特のハスキーボイスを携えて映画に引っ張りだこだというのだ。「主演の伊藤健太郎のひき逃げのためにお蔵入りになりかけた11月6日公開の『十二単衣…

    カテゴリー: 芸能|タグ: , , , , , |

    多部未華子、「行列のできる法律相談所」で見せた“顔の進化”に視聴者騒然!

    132223

    8月24日から25日にかけ放送された「24時間テレビ」(日本テレビ系)は、平均視聴率16.5%で歴代13位の好成績を記録。駅伝マラソンでの、いとうあさこのラストスパートのシーンでは瞬間最高視聴率39.0%と驚異的な数字をとり、そのまま後番組…

    カテゴリー: 芸能|タグ: , , , , |

    過食やストレスによる“ぽっちゃり” 実は「脳疲労」が原因だった!?

    Sponsored
    157187

    「思うように外出できないし、友だちともなかなか会えない」「四六時中、家族と接していて息が詰まる」「在宅勤務だと仕事に集中できない」「残業がなく収入減で将来が不安」──会議に限らず、飲み会やデート、婚活まで、オンラインによるライフスタイルがニ…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
太川陽介、「バス旅でわがままマドンナを夜に慰めていた」秘話を激白!
2
朝ドラ「おちょやん」初回から視聴率イマイチで今後も心配の“致命点”
3
瀧内公美、ドラマ「共演NG」「恋する母たち」より見たい完脱ぎ映画3作品!
4
ASKAがツイッターで突然の“ご乱心”!?一般人にからむ「謎発言」連発の怪
5
太川陽介のバス旅、次企画は「鬼ごっこ」!ライバルチームリーダーは誰だッ