女子アナ

有賀さつき、「伝説の誤読事件」の真相を元フジアナ・山中秀樹が告白!

 元フジテレビアナウンサーの有賀さつきさんが1月末に亡くなっていたことが明らかになったのは2月5日。詳しい死因などは明らかになっていないが、昨年から闘病生活に入っていたという。急な訃報に世間から驚きの声が上がっているのは言うまでもない。同時に有賀さんにまつわる“伝説の誤読”が掘り起こされることになってしまった。

「彼女はかつて『旧中山道』を『いちにちじゅうやまみち』と間違えて読んだとして伝説になっています。その後、女子アナの漢字の読み間違いが起こるたびに、恥ずかしい間違いだとして何度も蒸し返されてきました」(女子アナ評論家)

 ところが、彼女が亡くなってすぐに、この伝説が間違いであると元フジテレビアナウンサーで現在フリーアナの山中秀樹がツイッターで明かした。それによると、有賀アナが「きゅうちゅうさん…」と読み間違えそうになったのを司会の上岡龍太郎が見て「どうせ誤読するんなら『いちにちじゅう~』にしなさい」と突っ込まれたというのである。このエピソードが事実として流布してしまったというわけだ。

「『きゅうちゅうさんどう』という読み間違いだったら恥ずかしさも中途半端だったでしょうが、『いちにちじゅうやまみち』となると、突き抜けた感じになって強烈に記憶に残りました。むしろ、上岡さんが作った伝説といってもいいでしょうね。ただ、こんな間違いも許せるほど彼女はキュートだったことは間違いありません」(前出・女子アナ評論家)

 今はただご冥福を祈りたい。

カテゴリー: 女子アナ   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    出会いのカタチもニューノーマルに!「本気で結婚したい」男がやるべきこと

    Sponsored
    168750

    「結婚はしたいけど、もう少し先でいいかな……」「自然な出会いを待っている……」と思いながらも、「実は独りが寂しい……」と感じてはいないだろうか。当然だ。だって男は弱いし、寂しがりだから。先の“言い訳”じみた考えも、寂しさの裏返しのようなもの…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    多部未華子、「行列のできる法律相談所」で見せた“顔の進化”に視聴者騒然!

    132223

    8月24日から25日にかけ放送された「24時間テレビ」(日本テレビ系)は、平均視聴率16.5%で歴代13位の好成績を記録。駅伝マラソンでの、いとうあさこのラストスパートのシーンでは瞬間最高視聴率39.0%と驚異的な数字をとり、そのまま後番組…

    カテゴリー: 芸能|タグ: , , , , |

    過食やストレスによる“ぽっちゃり” 実は「脳疲労」が原因だった!?

    Sponsored
    157187

    「思うように外出できないし、友だちともなかなか会えない」「四六時中、家族と接していて息が詰まる」「在宅勤務だと仕事に集中できない」「残業がなく収入減で将来が不安」──会議に限らず、飲み会やデート、婚活まで、オンラインによるライフスタイルがニ…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
橋本環奈の70万円が関係?「ゴチ」大不評な“割り勘ルール”導入の裏事情
2
大橋未歩の“バックは必要”発言!/フリー女子アナ「スキャンダル黒歴史」(終)
3
「バス旅」にまたしてもヤラセ疑惑!?ゴール直前に発生した“トイレ事件”
4
吉岡里帆、「強引に脱がされバストを責められる」衝撃シーンが大反響!
5
手越祐也、大ファンだった「後藤真希と急接近」で危惧される“アパ不貞”密会!