芸能

元SMAP映画で監督のプレッシャー?太田光がラジオで大「悪態」大会!

 2月6日放送の「爆笑問題カーボーイ」(TBSラジオ)で、爆笑問題・太田光が、相方の田中裕二もお手上げの大暴走。いつにも増して何かが壊れたのかと思うほど手のつけられない状態となり、取り上げるものすべてに悪態をつき毒づいたのだ。

「太田は今年4月公開予定の元SMAPメンバーがそれぞれ主演するオムニバス映画『クソ野郎と美しき世界』のうち一本の脚本と監督を昨年末にオファーされて快諾。脚本執筆、衣装合わせ、ロケハンを続け、疲労度がMAXだったようです。世間の注目を一身に集め、絶対に失敗できないプレッシャーを抱え、寝不足もあいまって不安定な精神面が爆発してしまったみたいですね。このオムニバス作品で、別の一本の監督を務める園子温監督を一方的にライバル視して『才能もへったくれもないようなヤツ』と吐き捨てたり、脚本に文句をつけてきたという元SMAPマネジャーのI女史に『いつまでもジャニーズだと思うなよ。オレもう怖くないんだからな、お前のことが』と毒づいたことを武勇伝のように語るほどでした」(芸能ライター)

 顔合わせで主演の草なぎ剛が自分の脚本を「面白かったですよ。やっぱり、太田さんスゴいですね」とほめてくれたことを取り上げ、「バカ野郎。オレと園子温じゃ、腕が違う」とも言い放ち、周囲がドン引きの空気にさえなった。

「ただ、太田は元SMAPと仕事する一方で、ジャニーズに残留した木村拓哉に長文のメールを送って、主演ドラマ『BG~身辺警護人~』をベタボメした話も披露してましたね」(ネットライター)

 2日で書き上げた脚本や、1991年公開のオムニバス映画「バカヤロー!4」の一本以来、久々の監督作品となることと併せ、今回の作品の大きな話題作りを狙っていると思えなくもない太田の放言パフォーマンス。ここまで大風呂敷を広げられると、肝心の中身が気になってくるから、もう太田の思うツボか!?

(塩勢知央)

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    「男の人からこの匂いがしたら、私、惚れちゃいます!」 弥生みづきが絶賛!ひと塗りで女性を翻弄させる魅惑の香水がヤバイ…!

    Sponsored

    4月からの新生活もスタートし、若い社員たちも入社する季節だが、「いい歳なのに長年彼女がいない」「人生で一回くらいはセカンドパートナーが欲しい」「妻に魅力を感じなくなり、娘からはそっぽを向かれている」といった事情から、キャバクラ通いやマッチン…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    ドジャース・大谷翔平はなぜ「6月に最高潮」なのか科学的分析!メラトニン分泌とホルモンの秘密

    なぜ大谷翔平は毎年6月になると、調子が上がるのか。メジャー通算500打点にあと1、200本塁打まであと3本に迫った6月最終戦は無安打に終わったものの、月間12本塁打、24打点をマーク。日本人選手として最多となる通算5度目の月間MVP受賞が有…

    カテゴリー: スポーツ|タグ: , , , |

    大谷翔平だけじゃない!メジャー影の首位打者「ベイビー・イチロー」は山形県がルーツの「侍ジャパン候補」

    メジャーリーグは6月を終えて、ア・リーグの打率トップはエンゼルスのレンヒーフォ(3割1分7厘)。それをヤンキースのジャッジが猛追しているが(3割1分3厘)、実は「影の首位打者」がいた。ガーディアンズのスティーブ・クワンだ。現地メディア関係者…

    カテゴリー: スポーツ|タグ: , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
楽天に蔓延する「田中将大は不要」電撃退団後にプライドを捨てて「テスト入団」を!
2
イギリスに実在した「世界最恐のサイコパス双子姉妹」ジューンとジェニファーの「双子語」狂乱人生
3
「ヤリ投げ投法」で故障離脱のドジャース・山本由伸に「球団が契約破棄できるオプトアウト条項」あり【2024年6月BEST】
4
吉沢京子「芦屋夫人」を捨てた離婚と「中村勘三郎との6年愛」仰天告白/壮絶「芸能スキャンダル会見」秘史
5
韓国から「出ていけ!」ホン・ミョンボ代表新監督への〝ウソつき呼ばわり〟は日本人選手がキッカケだった