スポーツ

平昌五輪まるわかり!激ヤバ「機密文書」(4)高梨沙羅のメイクはメンタル対策

 前回のソチ五輪から金メダルの筆頭候補と言われつつも、なかなか“本番”で結果を残せないのが、高梨沙羅(21)だ。昨季までW杯2連勝中だった高梨も今季は未勝利のまま12日の五輪本番に臨むこととなる。

「最近では競技の話題よりも私生活が取りざたされることのほうが多い。化粧が濃いとか、2000万円もするベンツに乗っているとかもっぱらですよ」(スキー関係者)

 だが彼女がここにきて急激に“イメチェン”しているのにはワケがあるという。

「高梨がいちばん気にかけているのは、メンタルの弱さです。本人も『ガラスのハート』と自称するほどで、あのお化粧も高級車購入も周囲の環境に惑わされないように意識の変化を目指したガラスの心臓対策の一つです。しかも彼女は謝るのが苦手なタイプでプライドが高いので、誤解されやすいのも気の毒ですね」(スポーツ紙記者)

 12日の本番では起死回生のジャンプが見られるか。

 男子に比べて注目度は劣るものの、日本女子フィギュアのエースとしてメダル獲得を期待されるのが宮原知子(19)。16年12月に発症した左股関節の疲労骨折という大ケガからみごとな復活を果たし、初の五輪代表入りを決めた。

 濱田美栄コーチを筆頭にトレーナーや医療サポート、リハビリスタッフや栄養チームが全面的にバックアップ、細心の注意を払って調整してきたことが今季のパフォーマンス向上につながった。思いどおりに回復が進まない時期もあり、そのたびにスケジュールの変更を余儀なくされたが、

「宮原本人は『早く仕上げたい』という気持ちからジャンプの練習をやりたがる。足への負担を懸念する濱田コーチが『平昌後もスケートを続けていくつもりなら、焦らないで5年後を目指して練習していきましょう』と説得したそうです」(スポーツジャーナリスト)

 世界女王メドベージェワ(ロシア)の負傷欠場で繰り上がり出場した昨年12月のGPファイナルはショートプログラムでのジャンプが回転不足となり、加点されなかった。そのことが響き5位に沈んだものの、平昌のメダル候補である3位のオズモンド(カナダ)とは僅差。フリーの技術点ではオズモンド、4位のコストナー(イタリア)を上回っており、五輪本番での逆転は決して不可能ではない。

カテゴリー: スポーツ   タグ: , , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    実力派ジョッキー戸崎圭太も登場!「KEIRIN GP2019」スペシャル企画動画『The DAN(座談)』をチェックせよ!

    Sponsored
    138500

    12月にもなると「なんだか気持ちが落ち着かない…」というギャンブル好きの読者諸兄も多いことだろう。というのも年末は、競馬の「有馬記念」、競艇の「賞金王」、オートレースの「SS王座」といったビッグレースが目白押しだからだ。競輪では、12月30…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    センベロ、野球、鉄ちゃん、アニメ、オタク……趣味などの価値観重視で生涯のパートナーを見つけるマッチングアプリが中高年に最適なワケ

    Sponsored
    136162

    50歳で結婚歴のない「生涯未婚率」が激増している。これは2015年の国勢調査の結果によるもので、親世代となる1970年の同調査に比べると、その率なんと約14倍なんだとか。この現実をみると、「結婚できない……」ことを切実な問題として不安に思う…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , |

    “男の活力低下”につけこむ甘い罠…手軽に入手できる海外未承認薬の危険過ぎる実態に迫る!

    Sponsored
    133097

    40代50代の中高年男性といえば、人間関係、リストラの恐怖、のしかかる責任感など仕事上の悩みに加えて、妻や子どもとの関係、健康や老後の不安といったプライベートなことまで、さまざまな問題を抱えているもの。そしてこれらがストレスとなり、加齢によ…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , |

注目キーワード

人気記事

1
中居正広、「ジャニーズ退所」報道で再噴出する“裏切り者キムタク”の辛辣声!
2
永島優美、仕事とプライベートの充実ぶりで隠しきれない爆裂バストの“張り”
3
田中みな実「先端当て」VS 鷲見玲奈「極太パックン」!/妖艶「放送事故」大全(3)
4
太川陽介のバス旅を超える?復活が待望される「テレ東旅番組」はこんなにある!
5
藤原紀香、「ミニ丈スカート」白美脚に熱視線!「生で見たかった」の声が続々