芸能

毎月はイヤ! 乃木坂46生駒里奈ら相次ぐ卒業にバナナマンが吐露した複雑心境

 寂しい気持ちになるのも無理はない!?

 バナナマンが、2月2日深夜放送の「バナナマンのバナナムーンGOLD」(TBSラジオ)で、乃木坂46の生駒里奈、川村真洋の卒業発表の話題に言及。乃木坂メンバーの相次ぐ卒業ラッシュに本音をこぼしていた。バナナマンは乃木坂の冠番組「乃木坂工事中」(テレビ東京系)でMCを務める立場であり、“公式お兄ちゃん”と呼ばれ、メンバーやファンから親しまれる立場だが、生駒の卒業についてはまったく知らされておらず、ニュースで知ったという。そのうえで、設楽統は「もちろん、乃木坂とかああいうグループはさ、卒業する子はどんどん出てくるとは思ってたけど、生駒は順番的にまだまだね。このタイミングで卒業する人って全然思ってなかったから…」と、生駒の卒業は予想外だったことを説明。また、生駒らの卒業発表含め、昨年末に中元日芽香や伊藤万理華といった1期生メンバーの卒業が続いたこともあって、設楽は「これでどんどん1期生とかがさ、年齢的なことだったり、メンバー個人の問題だけど。卒業なんてどんどんここから増えてくよね」と予測。日村勇紀も「毎月『さようなら!』みたいなのイヤだけどね、もう…」と感慨深そうに語っていた。

「『乃木坂工事中』の前身番組『乃木坂って、どこ?』からMCを務めており、CDデビュー前の期間も含めて、6年間も乃木坂を見守ってきた立場だからこそ寂しいのは当然でしょう。『乃木坂って、どこ?』から『乃木坂工事中』に切り替わるタイミングでバナナマンの所属事務所がMC続投を断っていたが、バナナマンの2人が『乃木坂46は妹みたいなものだから、ずっと見守ってあげたい』とマネージャーを説得したということもありましたからね。女性アイドルはいつか卒業するものということは2人も理解しているようですが、この卒業ラッシュを目の当たりにして、ずっと見守る立場を選んだことによる正念場をまさに迎えている状況でしょう」(アイドル誌ライター)

 そのため、設楽は「バカみたいじゃん、オレらだけずっと(番組に)いたら」「オレだけ卒業するとかもあるかもしれないしね。日村さんだけやるとか…」と、ぶつけようのない虚しさから乃木坂ファンがドキッとするような発言を口にする場面もあった。

 メンバーだけでなく、公式お兄ちゃんの心の変化にも注目した方がよさそうだ。

(田村元希)

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    実力派ジョッキー戸崎圭太も登場!「KEIRIN GP2019」スペシャル企画動画『The DAN(座談)』をチェックせよ!

    Sponsored
    138500

    12月にもなると「なんだか気持ちが落ち着かない…」というギャンブル好きの読者諸兄も多いことだろう。というのも年末は、競馬の「有馬記念」、競艇の「賞金王」、オートレースの「SS王座」といったビッグレースが目白押しだからだ。競輪では、12月30…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    センベロ、野球、鉄ちゃん、アニメ、オタク……趣味などの価値観重視で生涯のパートナーを見つけるマッチングアプリが中高年に最適なワケ

    Sponsored
    136162

    50歳で結婚歴のない「生涯未婚率」が激増している。これは2015年の国勢調査の結果によるもので、親世代となる1970年の同調査に比べると、その率なんと約14倍なんだとか。この現実をみると、「結婚できない……」ことを切実な問題として不安に思う…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , |

    “男の活力低下”につけこむ甘い罠…手軽に入手できる海外未承認薬の危険過ぎる実態に迫る!

    Sponsored
    133097

    40代50代の中高年男性といえば、人間関係、リストラの恐怖、のしかかる責任感など仕事上の悩みに加えて、妻や子どもとの関係、健康や老後の不安といったプライベートなことまで、さまざまな問題を抱えているもの。そしてこれらがストレスとなり、加齢によ…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , |

注目キーワード

人気記事

1
「絶対負けたくない」NHK上原光紀が“ライバル心をムキ出しにした”先輩アナ
2
人前で夜の営みを!?沢尻エリカ、「18歳からクスリ漬け&ハメまくり生活」の衝撃
3
ローラ、インスタ公開した“胸の渓谷ショット”がいろいろな意味で深すぎ!
4
唐橋ユミ、奇抜衣装も好感が持たれた“隠れEカップ”と癒やしキャラの健在!
5
槇原敬之、二度目の逮捕で「松本人志のコメント」が注目必至の深いワケ!