政治

鈴木哲夫の政界インサイド「『質問に答えず相手を批判』に見る“政権の緩み”」

 「とにかく丁寧に‥‥」

 通常国会を前に、安倍首相は予算委員会の自民党理事らとの会合で、そう指示した。今年9月に三選をかけた総裁選が予定されている。

「去年はモリカケ問題の対応で支持率が下がった。その失敗を繰り返さず、とにかく総裁選までは頭を低くして謙虚に行くということだ」(首相側近議員)

 それなのに、安倍政権の慢心を目の当たりにすることになるとは‥‥。1月29日、今国会最初の予算委員会を取材したが、閣僚席の緊張感のなさには目を覆いたくなるほどだった。

 休憩を挟んで、午後1時から始まる質疑の10分ほど前、私は報道カメラとともに委員会室に座った。閣僚たちが次々に入ってくる。これまでの取材経験から、閣僚というものは委員会室の扉の前で一礼するや、表情を一様に厳しくするものだ。もちろん、テレビカメラがスタンバイしているのだから、ヘラヘラするわけにもいかない。

 だが、この日は違った。入室する閣僚は誰かれかまわず言葉を交わし、談笑しているではないか。冗談でも言い合っているのだろうが、肩や背中を叩き合う姿には違和感を覚えた。

 議席3分の2を占め、今年は国政選挙もない。そのうえ、野党結集もうまくいっていない──。そんな理由から緩みきっているのではないか。

 そんな空気は、審議に移っても同じだ。「丁寧に」と指示した首相本人が、こんな調子なのだ。立憲民主党の本多平直議員が、ヘリのトラブルが続発している沖縄の米軍基地問題を取り上げた時だ。第二次安倍政権以来、沖縄に何回、行ったのかを問われると、

「突然のご質問で、すぐには答えかねますが‥‥」

 と逃げ腰の対応に野党からはヤジが飛ぶ。

「委員以外の方がうるさいので注意していただけますか。大切なことは、しっかりと沖縄の負担軽減のために結果を出していくということなんですよ」

 質問に答えない安倍首相に、本多議員は繰り返し回数を問いただすが、

「申し訳ないですが、御党の前身の党では1ミリも進まなかったのは事実‥‥」

 こう質問をかわす首相に対し、本多議員は「わずか7回。普天間を見たのは1回。寄り添っている姿勢とは思えない」とブツける。すると、首相がキレて、

「いろいろと居丈高におっしゃっていますが、安倍政権においては、しっかりと軽減を進めてきている」

 感情的になる安倍首相は、これまでも見受けられた。ここまで答えずに相手を批判したとなると、みずから指示した丁寧な答弁はどこへいってしまったのか、と言いたくなる。

 弛緩した答弁は首相だけではない。茂木敏充・経済再生担当相が線香を有権者に配布。公職選挙法違反ではないかと追及を受けた。茂木氏は「議員活動についてはここで答える必要はない」などと、丁寧とは言いがたい答弁に終始。

 さらに、同委員会で「違法性はない」と茂木氏を擁護した野田聖子総務相と、質疑中に談笑する姿がテレビ中継に映し出され、足元の自公の国対から「気を引き締めろ」「説明責任を果たせ」と注文がついたほどだ。

「本来なら官邸が主導して、茂木さんの答弁を弁護士や国対などと協議のうえで、しっかり準備すべきだった。だが、茂木さんに任せきりで‥‥。緊張感のなさから小さな風穴が開き、政権が危機に陥ることもある」(自民党中堅議員)

 重要な政策課題が山積みだというのに、緩みきった議論を続けることは、国民への背信でしかない。

ジャーナリスト・鈴木哲夫(すずき・てつお):58年、福岡県生まれ。テレビ西日本報道部、フジテレビ政治部、日本BS放送報道局長などを経てフリーに。新著「戦争を知っている最後の政治家中曽根康弘の言葉」(ブックマン社)が絶賛発売中。

カテゴリー: 政治   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    「男の人からこの匂いがしたら、私、惚れちゃいます!」 弥生みづきが絶賛!ひと塗りで女性を翻弄させる魅惑の香水がヤバイ…!

    Sponsored

    4月からの新生活もスタートし、若い社員たちも入社する季節だが、「いい歳なのに長年彼女がいない」「人生で一回くらいはセカンドパートナーが欲しい」「妻に魅力を感じなくなり、娘からはそっぽを向かれている」といった事情から、キャバクラ通いやマッチン…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    今永昇太「メジャー30球団でトップ」快投続きで新人王どころか「歴史的快挙」の現実味

    カブス・今永昇太が今季、歴史的快挙を成し遂げるのかもしれないと、話題になり始めている。今永は現地5月1日のメッツ戦(シティ・フィールド)に先発登板し、7回3安打7奪三振の快投。開幕から無傷の5連勝を飾った。防御率は0.78となり、試合終了時…

    カテゴリー: スポーツ|タグ: , , |

    因縁の「王将戦」でひふみんと羽生善治の仇を取った藤井聡太の清々しい偉業

    藤井聡太八冠が東京都立川市で行われた「第73期ALSOK杯王将戦七番勝負」第4局を制し、4連勝で王将戦3連覇を果たした。これで藤井王将はプロ棋士になってから出場したタイトル戦の無敗神話を更新。大山康晴十五世名人が1963年から1966年に残…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
「ヤリ投げ投法」で故障離脱のドジャース・山本由伸に「球団が契約破棄できるオプトアウト条項」あり
2
しれっと復帰の三浦瑠麗さん、「6.21地上波テレビ出演」の渡部建に「鋼のメンタル」を与えてやって!
3
鉄道ファン騒然「青春18きっぷ」夏用の販売中止を裏付ける「決定的証拠」が出た!
4
日本代表GKが明かした「静岡名物監督」の激ヤバ破天荒「負けたら選手を罵倒した」
5
リーグ戦再開でも騒がしい「しんどいから今年で退任」阪神・岡田彰布監督の取り扱い問題