事件

来年5月に新天皇即位「死刑囚と恩赦」の闇深きベール(1)戦後12回の実施で14人が!?

 来年4月に実施される今上天皇の譲位と5月の新天皇即位──。こうした慶事に際して実施されることの一つに「恩赦」がある。実は恩赦のシステムや実態は厚いベールに包まれ、一般にはうかがい知れない。現在、確定死刑囚は122人。恩赦によってシャバに戻ることはあるのか。

 恩赦の意味を広辞苑で調べてみると、〈行政権によって犯罪者に対して刑罰権の全部または一部を消滅させる処分〉とある。

 すなわち、裁判で確定した刑罰を特別な恩典によって許し、または軽くすること、である。これは内閣が決定し、天皇が認証する制度だ。

 罪を犯して服役している人を無罪放免にしたり、減刑したり、いくらかの資格停止を解除することを恩赦というのだ。

 恩赦は恩赦法によって規定されているが、大きく「政令恩赦」と「個別恩赦」に分かれている。さらに細かく見ていくと、大赦、特赦、減刑、刑の執行免除、復権の5つがあり、全てひっくるめて恩赦と呼んでいる。

 先頃出版された「恩赦と死刑囚」(洋泉社)の著者であるノンフィクション作家の斎藤充功氏が言う。

「恩赦とは、天皇の戦前の大権を制度として残したものです。慈悲によって罪を赦(ゆる)すのですから、現憲法の下ではいささか奇異に感じる市民も少なくないかもしれない。戦後12回の恩赦が行われ、死刑囚で恩赦になったのは14名ともそれ以上とも言われています。私が調べたところでは7名でしたが、はっきりしない。恩赦は法務省所管の中央更生保護審査会で決められるのですが、厚いベールに包まれて実態は詳しくわからないんです」

 では、恩赦の対象になるのは、どのような罪を犯した人なのか。

 サンフランシスコ平和条約締結恩赦(1952年)では大赦令、減刑令、復権令が出され、殺人および尊属殺人の死刑囚も減刑された。52年4月以前に禁固以上の刑に処せられた者が対象者となったが、強盗、準強盗、強盗致傷、強盗強姦、同未遂、麻薬、建造物放火、同未遂、通貨偽造行使、同未遂、直系尊属傷害同致死などは適用にならなかったのである。

 明治100年記念恩赦の個別恩赦では、選挙違反関係者が75.9%を占めていた。昭和天皇崩御の際の天皇大喪恩赦では、道交法、軽犯罪法、外国人登録法、食糧管理法など17の刑罰が対象となったが、殺人、放火、強盗などの凶悪犯は除外されている。

 このように、時代背景が変わると、恩赦の対象となる犯罪も凶悪犯は避けるなど、様変わりしてきたことがわかる。

 そうしてみると、来春に実施されるであろう恩赦において、凶悪犯、例えば死刑囚も含まれるのかは気になるところだ。

 恩赦を巡っては、時には駆け引きが行われ、予想外の事態になるケースも出てきている。天皇大喪恩赦では、恩赦に期待して控訴を取り下げた保険金殺人の夫婦がいたのである。

カテゴリー: 事件   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    実力派ジョッキー戸崎圭太も登場!「KEIRIN GP2019」スペシャル企画動画『The DAN(座談)』をチェックせよ!

    Sponsored
    138500

    12月にもなると「なんだか気持ちが落ち着かない…」というギャンブル好きの読者諸兄も多いことだろう。というのも年末は、競馬の「有馬記念」、競艇の「賞金王」、オートレースの「SS王座」といったビッグレースが目白押しだからだ。競輪では、12月30…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    センベロ、野球、鉄ちゃん、アニメ、オタク……趣味などの価値観重視で生涯のパートナーを見つけるマッチングアプリが中高年に最適なワケ

    Sponsored
    136162

    50歳で結婚歴のない「生涯未婚率」が激増している。これは2015年の国勢調査の結果によるもので、親世代となる1970年の同調査に比べると、その率なんと約14倍なんだとか。この現実をみると、「結婚できない……」ことを切実な問題として不安に思う…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , |

    “男の活力低下”につけこむ甘い罠…手軽に入手できる海外未承認薬の危険過ぎる実態に迫る!

    Sponsored
    133097

    40代50代の中高年男性といえば、人間関係、リストラの恐怖、のしかかる責任感など仕事上の悩みに加えて、妻や子どもとの関係、健康や老後の不安といったプライベートなことまで、さまざまな問題を抱えているもの。そしてこれらがストレスとなり、加齢によ…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , |

注目キーワード

人気記事

1
石川佳純、ジャージ着用でバスト隠しに「残念!」の声続々
2
フジ堤礼実“肌着のヒモ見え”だけで大騒ぎになった人気と“期待値”
3
石田ゆり子「すっぴん」動画で指摘され始めた“奇跡の50歳”の限界
4
木下優樹菜、夫以外の若い男性との密着公開で「こんな奥さん無理」批判の嵐!
5
田中圭&武田玲奈「ボートレース」CM炎上も「指摘する人は欲求不満!?」の声