スポーツ

メダルラッシュでも隠せない「平昌五輪“裏”ダイジェスト」(2)選手に負けじとNHK・杉浦友紀アナは…

 熱戦を繰り広げる選手に負けじと、NHKの杉浦友紀アナ(34)は現地で体当たりレポートを敢行して、お茶の間を熱狂させていた。

 2月3日に放送された「サタデースポーツ」では、五輪会場に設置されたボブスレーを体験できるVRに挑戦。カーブを曲がるたびに振動が大きくなり、推定Hカップのバストをブルブルと上下に揺らしまくった。

 続けて杉浦アナが五輪会場の食レポで手に取ったのは、ソフトクリームのコーンに入った細長い棒状のデザート。形といい長さといい、ちょうどいい具合のブツをパクリ。

「これ、私好き~」

 と言いながら、唇についたソースを舌で舐め取るサービスショットまで披露してくれたのだ。

「残念ながら、杉浦アナは3月いっぱいで5年間司会を務めた『サタデースポーツ』を卒業するため、見納めエロスになりそうです」(女子アナウオッチャー)

 NHKの平昌五輪「放送サポーター」に大抜擢されたのは、バラエティー番組で活躍するタレントの足立梨花(25)。午後からの中継番組に出演しているのだが、こちらの評判はイマイチのようで‥‥。

「サポーター就任決定時の発表では、『冬季競技のルールなどまだまだ勉強中』とコメントしていたのですが、それ以前の問題でした。早口でカミカミだし、応援メッセージを読んだ時には、『雪上(せつじょう)に舞う』を『ゆきじょう』と言ってしまい、アナウンサーが慌てて訂正する一幕も」(NHK関係者)

 日本テレビの水卜麻美アナ(30)も初めての五輪取材とあって、現地でのイレ込み具合も相当なものだった。

「張り切りようはかなりのもので、周囲には『私、寒さには強いんです!』と猛烈にアピール。2月9日の開会式取材のため、『スッキリ』を途中退席して羽田空港に向かったのですが、かなり薄着で周囲はヒヤヒヤしていたそうです。会場に向かう途中で渋滞に巻き込まれて遅刻しそうになっても、慌てることなくそつなくレポートしたのはさすが。休日返上の強行軍だったため、スタッフのお土産を買うヒマもなかったそうです」(日テレ局員)

 それでもミトちゃんの本領発揮とばかりに“足跡”を残したのは、得意の「食レポ」でのこと。

「現地のB級グルメレポートでイカフライを食べたら、衣からイカだけポロリとこぼれてしまい、『やばい、全部出てきちゃった。どうしよう~』との名言を残し、あらためて存在感を示していました」(前出・女子アナウオッチャー)

 思わず“先走り”しそうな発言にお茶の間は騒然!?

 イカはイカでも、現地で怒りの群衆に遭遇したのが、フジテレビの三田友梨佳アナ(30)。2月6日、「万景峰号上陸」の取材をしている最中、北朝鮮の五輪参加に反対するデモ隊と警察の衝突に巻き込まれた。

「アイスホッケー女子の南北合同チームの取材をしていた2月4日にも、合同チーム賛成派と反対派の乱闘に巻き込まれて受難続き。メディアを狙って攻撃を仕掛けてくる人もいるそうで、ケガをしなかっただけよかった」(フジ局員)

 危険な目にあった先輩アナの陰で、現地の特設センターからお色気を届けたのがフジの宮司愛海アナ(26)。2月10日の「めざましどようび」に出演し、防寒グッズを紹介すると、

「宮司アナはなぜか薄手のインナー1枚。これが体にぴったりフィットしていて、胸の形やサイズをはっきりと浮かび上がらせていました。防寒どころか、熱くなりましたよ」(前出・女子アナウオッチャー)

 4月から新スポーツニュース番組「SPARK」のMCに決まった宮司アナ。フジのスポーツの「顔」として名刺代わりのおっぱいアピールになったようだ。

カテゴリー: スポーツ   タグ: , , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    暑いと思ったら顔が赤い?恥ずかしい赤ら顔は化粧水でケア

    Sponsored
    91796

    ゴールデンウィークも終わり、これから夏に向けて徐々に気温が高くなってくる季節ですね。スポーツやイベントなど出かける機会が増えてくる方も多いのではないでしょうか。そんな楽しい季節ですが、気候の変化による肌トラブルも気になります。日中の日差しか…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    高血圧・高血糖・高血中脂質が1つでもあると、動脈硬化につながる「トリプルリスク」になる!?

    Sponsored
    102085

    いま、アラフォー世代を中心に、「トリプルリスク」の危険性が叫ばれている。「かくれ肥満」を提唱し、メタボに警鐘を鳴らした医師の岡部正さんによると、「高血圧・高血糖・高血中脂質のうち、どれか1つでも該当すると他の2つも悪くなる可能性がある」そう…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    認知症の予防に期待!? 世界初、九州大学がプロポリスの認知機能向上効果を実証!

    103760

    九州大学大学院歯学研究院の武洲准教授と倪軍軍助教の研究グループは、中国青海省人民病院との共同研究において、ブラジル産プロポリスが中国チベット高原に住む健常な高齢者の認知機能低下並びに全身性炎症の改善効果をもたらすことを明らかにした。臨床研究…

    カテゴリー: 社会|タグ: , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
新垣結衣があの新婚女優に見える瞬間?「けもなれ」でささやかれる珍現象
2
関ジャニ大倉、ファンからカバンに「使用後肌着」大量入れられ被害の“苦悩”
3
嵐・相葉主演ドラマが爆死状態で“なりふり構わぬテコ入れ作戦”始まった!
4
今年もダウンタウンが「嫌いな芸人」1位!選出される“キーワード”とは?
5
本田翼、「あざとすぎるCMダンス」に業界から「やっちまったな」の声!