スポーツ

メダルラッシュでも隠せない「平昌五輪“裏”ダイジェスト」(4)目が話せない北朝鮮「美女軍団」

 五輪参加選手たちが過ごす選手村は、競技によって山間部の「平昌」と、日本海に面した「江陵」の2カ所に分かれている。

「スキーやスノーボードなどの選手が泊まる平昌の選手村は、娯楽施設が少なく、床暖房が壊れている部屋もあって不満が多い。急ピッチで準備したため、塗料の臭いが残る施設もあるそうです。一方、運営サイドから選手全員に韓国大手メーカー『サムスン』のスマートフォンが支給され、大会後も返さなくていいので選手たちは大喜び。北朝鮮の選手だけは受け取りを拒否したようですが」(スポーツ紙記者)

 選手村で使っている五輪マーク入りの掛け布団も好評で、お土産として“暗黙の了解”でお持ち帰りする選手もいるという。

 選手村では、今や五輪の「定番」となったコンドームも配られていた。

「選手村の化粧室にコンドームを入れたカゴを置いたり、競技場などにも用意されています。その数は冬季五輪では過去最高の約11万個。ただし、これは選手一人あたり35個以上という計算になり、はたして使いきれるのかどうか(笑)」(スポーツライター)

 試合会場で選手以上に目立ったのは、何といっても北朝鮮から派遣された「美女軍団」だ。2月10日、アイスホッケー女子の南北合同チームの初戦となったスイス戦の観戦に訪れ、

「我々はひとつ!」

 などと大声で連呼。謎の美男子のお面をかぶって応援する場面も見られたが、マスコミからの注目度の高さを自覚しているようで、

「取材陣がスチールカメラで撮ったら、『シワが写っていませんでしたか?』と聞いてきました」(韓国メディア記者)

 2月15日には、フィギュアスケートペア(フリー)の会場にも姿を見せたのだが‥‥。

「競技開始前から歌ったり国旗を振り回すなど大騒ぎして観客の注目を集めていました。北朝鮮ペアの滑走順は6番目で、一時はメダル圏内にいたのですが、続く(他国の)有力ペアが演技を行うとズルズル後退。他の選手が残っているのに、5位に転落した時点で、いきなり撤収を始めたので会場はちょっとしたパニックに。ガードマンに囲まれながら会場を去る時も統率が取れていて、まるで軍隊の行進を見ているようでした」(日本人観戦客)

 2月25日の閉会式まで日本選手団の活躍に期待する一方、「美女軍団」たちの謎の集団行動からも目が離せそうにない。

カテゴリー: スポーツ   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    実力派ジョッキー戸崎圭太も登場!「KEIRIN GP2019」スペシャル企画動画『The DAN(座談)』をチェックせよ!

    Sponsored
    138500

    12月にもなると「なんだか気持ちが落ち着かない…」というギャンブル好きの読者諸兄も多いことだろう。というのも年末は、競馬の「有馬記念」、競艇の「賞金王」、オートレースの「SS王座」といったビッグレースが目白押しだからだ。競輪では、12月30…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    センベロ、野球、鉄ちゃん、アニメ、オタク……趣味などの価値観重視で生涯のパートナーを見つけるマッチングアプリが中高年に最適なワケ

    Sponsored
    136162

    50歳で結婚歴のない「生涯未婚率」が激増している。これは2015年の国勢調査の結果によるもので、親世代となる1970年の同調査に比べると、その率なんと約14倍なんだとか。この現実をみると、「結婚できない……」ことを切実な問題として不安に思う…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , |

    “男の活力低下”につけこむ甘い罠…手軽に入手できる海外未承認薬の危険過ぎる実態に迫る!

    Sponsored
    133097

    40代50代の中高年男性といえば、人間関係、リストラの恐怖、のしかかる責任感など仕事上の悩みに加えて、妻や子どもとの関係、健康や老後の不安といったプライベートなことまで、さまざまな問題を抱えているもの。そしてこれらがストレスとなり、加齢によ…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , |

注目キーワード

人気記事

1
「ドクターX」米倉涼子の降板説で飛び交う“2代目大門未知子”仰天候補
2
中島健人&平野紫耀、「Premium Music」の“ワイプ芸”に上がった「酷評」
3
広瀬すずに橋本環奈に及ばぬ「弱点」が?若手女優のバチバチ相関図を一挙公開!
4
NHK・近江友里恵アナ「15歳差婚」発覚で“あの若手アナ”に男性人気集中!?
5
“幻の”ローカル路線バス乗り継ぎの旅を再放送!太川陽介が音を上げた理由は!?