スポーツ

日ハム斎藤佑樹が「無安打無失点の好投」!“ハンカチ王子復活”あるか?

 年俸1500万円の中日・松坂大輔が今年のキャンプ報道の中心にいるが、一方で昨年末の契約更改で年俸1830万円でサインした日本ハム・斎藤佑樹も、「対外試合3試合で被安打ゼロ、無失点」と好調を維持していた。

 かつて、片や松坂は「決勝ノーヒットノーラン」、斎藤は「マー君との2試合に渡る投げ合い」が伝説となっているともに甲子園の大スター。だが、現状における立ち位置も皮肉なことに、ともに“崖っぷち”だ。

「松坂とは違い、プロでの実績を考えると“復活”と呼ぶのは抵抗がありますが、高校時代、大学時代の輝きを知る野球ファンからすれば、そう言いたくなるのもわかります。投球フォームはコンパクトに修正されており、直球、変化球の制球もいいようです」(スポーツライター)

 2月22日の対サムスン(韓国)戦に5回裏から登板すると、三振、ライトフライで簡単にツーアウトを取り、続いての打者はサードゴロに打ち取る。三塁手・平沼翔太のエラーで出塁を許し、次の打者に四球を与えたものの、ピッチャーゴロでスリーアウト目を取ってみせた。

「これは斎藤にとって、いいアピールになりました。ヒットを許すことなく、スコアリングポジションにランナーを置いた状況を作ったうえに、そこで抑えてみせたわけですから。四球はよけいでしたが、緩いボールで打ち取る“してやったり”な内容でした」(前出・スポーツライター)

 2イニング目もセンターフライ、四球、見逃し三振、空振り三振と切って取った。

「球威があるわけではないので、このまま行っても先発は難しいかもしれないですが、この制球を続ければ、中継ぎとしては期待できる可能性がある」(前出・スポーツライター)

 かつて甲子園を沸かせた中日・松坂大輔との投げ合いが交流戦で実現すれば…野球ファンにとってこれほど楽しみなことはない。

カテゴリー: スポーツ   タグ: , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    過食やストレスによる“ぽっちゃり” 実は「脳疲労」が原因だった!?

    Sponsored
    157187

    提供:一般社団法人ブックスサイエンス「思うように外出できないし、友だちともなかなか会えない」「四六時中、家族と接していて息が詰まる」「在宅勤務だと仕事に集中できない」「残業がなく収入減で将来が不安」──会議に限らず、飲み会やデート、婚活まで…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    参加無料の賞金大会実況リポート!いま激アツなオンライン麻雀の“リアル”

    Sponsored
    156506

    ここ数年、急増している麻雀番組。昨今、超人気アイドルグループをはじめ、グラドル界からも麻雀にハマるメンバーが続々登場。彼女たちの間では「グラドル雀士枠」の争奪戦も展開されているとか。もはや可愛いさだけではなくプロとも渡り合えるガチな雀力が求…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    アラフォー男性の健康トラブルが増えている!?“人生100年時代”を生き抜く3つのヒントとは?

    Sponsored
    155376

    “貧乏暇なし”とはよくいったもので、来る日も来る日も働きづめでストレスはたまる一方だ。暴飲暴食で食生活は乱れ、疲れがなかなかとれないばかりか、眠りは浅く熟睡もできない。こんな毎日だから朝から体がダルいし、集中力や判断力が鈍って仕事ではミスば…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
土屋太鳳、久々公開バストショットの「圧倒的ボリューム感」に驚愕の声続々!
2
バストは大きいのに…土屋太鳳が明かした一般より小さな「体のパーツ」
3
麿赤兒 次男・大森南朋が「お父さんの職業を描きなさい」と言われて描いた絵とは?
4
夏菜、こんもりGバストが“みごとに盛り上がった”「両手を頭乗せ」苦悩姿!
5
週刊アサヒ芸能「創刊60年の騒然男女」芸能スキャンダルの真相!(5)克美しげるに殺害された愛人の父が義憤告白