スポーツ

日ハム斎藤佑樹が「無安打無失点の好投」!“ハンカチ王子復活”あるか?

 年俸1500万円の中日・松坂大輔が今年のキャンプ報道の中心にいるが、一方で昨年末の契約更改で年俸1830万円でサインした日本ハム・斎藤佑樹も、「対外試合3試合で被安打ゼロ、無失点」と好調を維持していた。

 かつて、片や松坂は「決勝ノーヒットノーラン」、斎藤は「マー君との2試合に渡る投げ合い」が伝説となっているともに甲子園の大スター。だが、現状における立ち位置も皮肉なことに、ともに“崖っぷち”だ。

「松坂とは違い、プロでの実績を考えると“復活”と呼ぶのは抵抗がありますが、高校時代、大学時代の輝きを知る野球ファンからすれば、そう言いたくなるのもわかります。投球フォームはコンパクトに修正されており、直球、変化球の制球もいいようです」(スポーツライター)

 2月22日の対サムスン(韓国)戦に5回裏から登板すると、三振、ライトフライで簡単にツーアウトを取り、続いての打者はサードゴロに打ち取る。三塁手・平沼翔太のエラーで出塁を許し、次の打者に四球を与えたものの、ピッチャーゴロでスリーアウト目を取ってみせた。

「これは斎藤にとって、いいアピールになりました。ヒットを許すことなく、スコアリングポジションにランナーを置いた状況を作ったうえに、そこで抑えてみせたわけですから。四球はよけいでしたが、緩いボールで打ち取る“してやったり”な内容でした」(前出・スポーツライター)

 2イニング目もセンターフライ、四球、見逃し三振、空振り三振と切って取った。

「球威があるわけではないので、このまま行っても先発は難しいかもしれないですが、この制球を続ければ、中継ぎとしては期待できる可能性がある」(前出・スポーツライター)

 かつて甲子園を沸かせた中日・松坂大輔との投げ合いが交流戦で実現すれば…野球ファンにとってこれほど楽しみなことはない。

カテゴリー: スポーツ   タグ: , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    実力派ジョッキー戸崎圭太も登場!「KEIRIN GP2019」スペシャル企画動画『The DAN(座談)』をチェックせよ!

    Sponsored
    138500

    12月にもなると「なんだか気持ちが落ち着かない…」というギャンブル好きの読者諸兄も多いことだろう。というのも年末は、競馬の「有馬記念」、競艇の「賞金王」、オートレースの「SS王座」といったビッグレースが目白押しだからだ。競輪では、12月30…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    センベロ、野球、鉄ちゃん、アニメ、オタク……趣味などの価値観重視で生涯のパートナーを見つけるマッチングアプリが中高年に最適なワケ

    Sponsored
    136162

    50歳で結婚歴のない「生涯未婚率」が激増している。これは2015年の国勢調査の結果によるもので、親世代となる1970年の同調査に比べると、その率なんと約14倍なんだとか。この現実をみると、「結婚できない……」ことを切実な問題として不安に思う…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , |

    “男の活力低下”につけこむ甘い罠…手軽に入手できる海外未承認薬の危険過ぎる実態に迫る!

    Sponsored
    133097

    40代50代の中高年男性といえば、人間関係、リストラの恐怖、のしかかる責任感など仕事上の悩みに加えて、妻や子どもとの関係、健康や老後の不安といったプライベートなことまで、さまざまな問題を抱えているもの。そしてこれらがストレスとなり、加齢によ…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , |

注目キーワード

人気記事

1
「絶対負けたくない」NHK上原光紀が“ライバル心をムキ出しにした”先輩アナ
2
今田美桜、「女子高生時代の水着動画」拡散で“バスト急成長の謎”論争が勃発!
3
「麒麟がくる」出演者の「バスト見せ&元気な下半身」が話題沸騰!
4
人前で夜の営みを!?沢尻エリカ、「18歳からクスリ漬け&ハメまくり生活」の衝撃
5
ローラ、インスタ公開した“胸の渓谷ショット”がいろいろな意味で深すぎ!