芸能

ニッポンの「超大作映画」秘史が全部わかる!<仰天真相・なぜかポシャった「幻の企画書」たち>

 大風呂敷を広げながら、ついに実現しなかった大作は、あるいは公開されたものより多いかもしれない。そんな“星のかけら”をここに、秘密上映!

「代々木(日本共産党の本部)が動員してくれりゃ、右も左もあらへん」

 そうまくしたてたのは、東映の名物社長・岡田茂氏だった。73年に東宝が創価学会・戸田城聖第2代会長を映画化し、組織の動員力で大ヒットした「人間革命」に刺激され、東映の巻き返し策として目をつけたのが「実録・共産党」だった。

 岡田社長は「仁義なき戦い」で知られる名脚本家・笠原和夫氏にシナリオを完成させ、あとはクランクインを待つばかりであったが──、

「代々木がよぉ、前売り切符思ったほど買わねぇから、やめたやめた!」

 実際には、共産党側との交渉が不調に終わったとの見方もあるが、岡田社長のプランはまだまだ終わらない。

「昭和天皇をテーマに描いてくれや」

 岡田社長は再び、笠原氏にシナリオを依頼。80年代の東映は「二百三高地」(80年)や「大日本帝国」(82年)など戦争大作が当たっていたが、これをさらに踏み込んだのが「昭和天皇」だった。

 ただし、宮内庁の猛抗議を受けて計画は頓挫。前出の「実録・共産党」と同様、渾身のシナリオが封印された笠原氏は、大きなショックを受け、以降の仕事に身が入らなくなったと述懐している。

 それでも岡田社長は、どこまで本気だったか不明だが「プロ野球黒い霧事件」「田中角栄伝」「実録・紅白歌合戦」「毛利郁子愛人刺殺事件」など、次々とアドバルーンを掲げていった。

 こうした中、空前絶後の理由で製作が中止になったのは、大映が「ゴジラ」に負けじと特撮映画に取り組んだ「大群獣ネズラ」である。巨大化したネズミたちが東京を襲うという設定で、64年の公開を目指していたが‥‥。

 大映の宣伝マンだった中島賢氏が言う。

「本物のネズミを数百匹も集めて飼育したため、ダニやノミが発生。撮影スタッフだけでなく、近隣にも被害が及んだことから、保健所の指導で中止を余儀なくされました」

 これにより、大映の特撮第1作は「大怪獣ガメラ」(65年)に変更となり、東京撮影所の成功に刺激された京都撮影所が「大魔神」(66年)を作るなど、結果的に相乗効果をもたらしている。

 最後は、弊社の創業者・徳間康快が企画した「阿片大戦争」である。19世紀の香港を舞台にした超大作で、ヒロインのヴィクトリア女王役に起用を願った相手とは──。

「ダイアナ妃に出演いただきたい。出ていただけるなら、ギャラは2億円を払う」

 残念ながら、この映画が実現することはなく、またダイアナ妃も97年に非業の死を遂げている。はたしてオファーは実際にあったのか、そしてダイアナ妃の心を揺さぶったのだろうか‥‥。

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    まだそんなに料金払ってるの? 今さら聞けない光回線カンタン乗り換え術

    Sponsored
    231550

    「も~、うちのネット回線ってマジ遅いんだけど?ホントに光なの?」今年、大学受験を控える娘がプリプリした態度で怒鳴り込んできた。自室で受講していたオンライン塾の画面がフリーズしたという。M氏(51歳)は、妻と共働きで、高3の娘、中学2年になる…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , |

    出会いのカタチもニューノーマルに!「本気で結婚したい」男がやるべきこと

    Sponsored
    168750

    「結婚はしたいけど、もう少し先でいいかな……」「自然な出会いを待っている……」と思いながらも、「実は独りが寂しい……」と感じてはいないだろうか。当然だ。だって男は弱いし、寂しがりだから。先の“言い訳”じみた考えも、寂しさの裏返しのようなもの…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    テストコアNO3が若者から評判なワケは?理由と口コミ調査

    Sponsored
    184479

    男性の性の悩みといえば、中高年世代のイメージが強い。ところが今、若者の半数近くが夜のパフォーマンスに悩みを抱えている。ヘルスケアメディアの調査(※1)によって、10代から30代の44.7%が「下半身」に悩みを抱えているという衝撃の実態が明ら…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
鎌田がキレて久保は欠場…W杯サッカー日本代表に起きている「異変」
2
久々にタイ旅行に行ってみたら…酒も「連れ出し」もとんでもない値段に激変していた
3
小倉優子「早稲田大受験」密着番組がまさかの打ち切り!世間の関心と危ないモチベーション
4
桜井木穂「母から『あんた、その胸ならグラビアに行けるわよ』と言われた」
5
ぺこぱに太川陽介の旅番組ファンが激怒「伝統の名企画を2人が潰した」