スポーツ

サンスポ水戸正晴の「絶対万券」論「バンゴールの変わり身に期待」

 今週、中山競馬は日曜日に重賞がない。土曜日の中山牝馬Sがメイン扱いだ。

 常套句として「女心と秋の空」とよく言うが、女の気持ちを読めないのは競走馬も一緒だ。とにかくこの重賞はよく荒れる。

 03年に馬単が導入されてからこれまでの15年間、その馬単で万馬券になったのは7回(馬連5回)。この間、1番人気馬は3勝(2着2回)、2番人気馬は勝ち馬なしで、2着もわずか2回のみ。まず、人気どおり決まらない重賞と言っていいだろう。

 荒れる要因はいくつか考えられるが、一線級の出走が少なく、ハンデ戦であり、ほぼフルゲート(16頭)の競馬になることがあげられるだろう。それと、小回り中山の1800メートル戦で器用さが要求されることから、力どおりとならず、紛れがあることだ。

 そして季節柄、牝馬はフケ(発情期)になりやすい。つまり、心身のバランスが取れなくなるわけで、調子のよしあしを関係者でさえつかみづらいのだ。

 というわけで、穴になるのはむしろ当然。なんとも難解な一戦と言っていい。

 さて、顔ぶれを見てみよう。年明けの牝馬同士による愛知杯の1~3着エテルナミノル、レイホーロマンス、マキシマムドパリがそろって出走してくる。それに加えて、牡馬一線級と手合わせし続けてきたトーセンビクトリー、堅実このうえないフロンテアクイーンなど、まさに多士済々。なんともおもしろく、見応えある一戦になりそうだ。

 このメンバーなら別定戦でも簡単に決まりそうにないと思うが、それがハンデ戦である。一筋縄ではとうてい決まるまい。

 では、あらためてデータをひもといてみよう。出走頭数が多いことからもうなずけるが、5、6歳の古馬がよく連絡みしている。過去15年間を見ても、7歳以上で連対したのはわずか1頭。高齢馬は繁殖入りするものが多く当たり前なのだが、まず7歳以上の馬は厳しい戦いになるということだ。

 ハンデについてだが、牝馬だけにそう重量を背負わされない。ハンデ頭といっても、56キロ~57キロぐらいまで。ということで、55キロ~56キロの馬がよく連対している。とはいえ、この斤量を背負うのは実績を積み重ねてきた実力馬で、勝ち負けしても納得である。

 しかし最も連対を果たしているのはその下、53キロ~54キロのハンデ馬だ。上り坂にあり、背負い慣れている斤量なのだから当然か。

 それでも簡単に決まりにくいのだから、ハンデのさじ加減を読みきり、見極めるのがいかに大切か、うなずけよう。

 もろもろ吟味したうえで、最も期待を寄せたいのは、バンゴールだ。

 6歳馬で、まさに今がピーク。しかも年齢のわりに使われておらず、肉体は若馬とそう変わらない。

 小柄で器用さがあり、中山の小回り1800メートル(コーナー4つ)は、この馬にピッタリと言っていい。前走のGIIIターコイズSは53キロを背負って10着。ならば今回はそれ以下のハンデと思われる。狙わないわけにはいかない。

 その前走は、前々走で大きく減っていた体重を戻すことに専念。調教が軽かったきらいがある。そんな良化途上の状態で、勝ち馬とはコンマ4秒差の好内容。使われての変わり身を大いに期待していいわけだ。

 事実、この中間の稽古は軽快そのもの。厩舎スタッフも「本来の姿に戻った。ここでもヒケは取らない」と、期待感たっぷりに、やる気のほどをにじませている。

 祖母ローズバドはオークス2着馬(GIIフィリーズレビューなど重賞2勝)。近親、一族に活躍馬が多数いる血筋でもあり、よほどの道悪にならないかぎり、大きく狙ってみたい。

カテゴリー: スポーツ   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    元SKE48の松村香織がガールズケイリンに潜入。女性アスリートの魅力をスペシャル動画でチェック!

    Sponsored
    137289

    ガールズケイリンをご存知だろうか? これは、2012年7月に復活した女子選手による競輪競走のこと。男子と同じ競輪場のバンクを使うという部分では共通するものの、ガールズならではの見所もある。そのひとつが“華やかさ”。ここ数年の自転車ブームでご…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    センベロ、野球、鉄ちゃん、アニメ、オタク……趣味などの価値観重視で生涯のパートナーを見つけるマッチングアプリが中高年に最適なワケ

    Sponsored
    136162

    50歳で結婚歴のない「生涯未婚率」が激増している。これは2015年の国勢調査の結果によるもので、親世代となる1970年の同調査に比べると、その率なんと約14倍なんだとか。この現実をみると、「結婚できない……」ことを切実な問題として不安に思う…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , |

    “男の活力低下”につけこむ甘い罠…手軽に入手できる海外未承認薬の危険過ぎる実態に迫る!

    Sponsored
    133097

    40代50代の中高年男性といえば、人間関係、リストラの恐怖、のしかかる責任感など仕事上の悩みに加えて、妻や子どもとの関係、健康や老後の不安といったプライベートなことまで、さまざまな問題を抱えているもの。そしてこれらがストレスとなり、加齢によ…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , |

注目キーワード

人気記事

1
大野智、39歳「誕生祭」は国交省も祝福する前代未聞の大盛り上がりだった!
2
深田恭子、「サーフボード手入れ中」水着姿公開でファンが「さすが!」大歓喜
3
下半身はいてない!?マギーの超ミニ丈スカートショットにファン騒然
4
出会って即関係!西野未姫がジャニーズと親密になった疑惑の番組とは?
5
大迷惑!「モトカレマニア」出演の矢田亜希子にまで及ぶ沢尻エリカ逮捕“余波”