芸能

朝日奈央の「アイドリング!!!」、実はAKB48と競うほどに売れていた!

 その卓越したバラエティ対応力で人気上昇中の朝日奈央が、みずからのアイドル時代を「売れるわけない」と振り返った。

 朝日は3月4日放送の「行列ができる法律相談所」(日本テレビ系)に初登場。MCの東野幸治から「アイドルは辞めたんですか?」と振られると、2年くらい前に辞めたと返答し、その理由として「やっぱりもう全然人気なかったんですぐ終わりましたね。売れるわけないんで、あんなグループ。だって可愛い子もいないし歌もうまくないし」と、自らが所属していた「アイドリング!!!」をディスりまくったのである。

「このセリフこそバラエティ色の濃かったアイドリング!!!風味。朝日はさらに『菊地亜美ちゃんなんてトップ可愛くないじゃないですか!』と続け、それに対して菊地がすかさず『朝日も顔は普通だけどなぜか人気だった。チクショー』とツイッターで反論していましたが、そこまで含めてのお約束ですね。かつてのファンならこれらのやり取りに目を細めていることでしょう」(アイドル誌の編集者)

 そのアイドリング!!!だが、世間的にはさほど目立たないアイドルグループだったことは否定できない。ラストライブこそ日本武道館で開催したものの、一般層にも知られるヒット曲には恵まれず、レギュラー番組もCS放送の「フジテレビONE」がメインで、世間に届く機会も少なかったのである。だが、そのアイドリング!!!が一時期、アイドル界のトップグループと人気面で拮抗していたというのだ。アイドル誌の編集者が続ける。

「06年10月結成のアイドリング!!!は当初、05年12月結成のAKB48と追いつ追われつのデッドヒートを演じていました。たとえばAKBの6thシングル『夕陽を見ているか?』や8thシングル『桜の花びらたち2008』はランキングで10位でしたが、両CDの直後に発売されたアイドリング!!!の2ndシングル『Snow celebration』や3rdシングル『告白』は9位と、実績面で上回ることもあったんです。09年4月には両グループが“AKBアイドリング!!!”としてコラボし、シングル『チューしようぜ!』をリリース。同作は両者にとっての最高順位となる2位に輝いています。ただその頃から差が開き始め、09年10月にAKB48が『RIVER』で初の1位をゲットした時から、2組の明暗はパッキリと分かれることになりました」(前出・アイドル誌編集者)

 当時、アイドル界の王道を歩んだAKB48に対し、アイドリング!!!はバラエティに活路を見出していた。冠番組ではMCのバカリズムと絶妙な掛け合いを見せ、その師弟関係は今でも継続。アイドリング!!!が番組内で披露したバラエティ企画が、数か月後にAKB48の「AKBINGO!」(日本テレビ系)で後追いされるなど、バラエティに限って言えばアイドリング!!!のほうが上回っていた面も多いという。

「アイドルとしての人気は比較するのも無意味なほどに開きましたが、菊地や朝日がバラエティ番組で活躍しまくっているように、アイドリング!!!はテレビタレントを育てることには成功したと言えます。一方でAKB48からは何人もの女優が巣立っていますし、アイドルグループが女性芸能人の供給源として機能しているのは明らかです」(前出・アイドル誌編集者)

 いずれにせよ、ファンはアイドル卒業後のメンバーにも熱心な声援を送っているに違いない。

(金田麻有)

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    暑いと思ったら顔が赤い?恥ずかしい赤ら顔は化粧水でケア

    Sponsored
    91796

    ゴールデンウィークも終わり、これから夏に向けて徐々に気温が高くなってくる季節ですね。スポーツやイベントなど出かける機会が増えてくる方も多いのではないでしょうか。そんな楽しい季節ですが、気候の変化による肌トラブルも気になります。日中の日差しか…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    高血圧・高血糖・高血中脂質が1つでもあると、動脈硬化につながる「トリプルリスク」になる!?

    Sponsored
    102085

    いま、アラフォー世代を中心に、「トリプルリスク」の危険性が叫ばれている。「かくれ肥満」を提唱し、メタボに警鐘を鳴らした医師の岡部正さんによると、「高血圧・高血糖・高血中脂質のうち、どれか1つでも該当すると他の2つも悪くなる可能性がある」そう…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    認知症の予防に期待!? 世界初、九州大学がプロポリスの認知機能向上効果を実証!

    103760

    九州大学大学院歯学研究院の武洲准教授と倪軍軍助教の研究グループは、中国青海省人民病院との共同研究において、ブラジル産プロポリスが中国チベット高原に住む健常な高齢者の認知機能低下並びに全身性炎症の改善効果をもたらすことを明らかにした。臨床研究…

    カテゴリー: 社会|タグ: , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
飲酒ひき逃げ・吉澤ひとみを待ち受ける「刑務所地獄」(1)危険運転致傷罪で重刑に
2
吉澤ひとみ、ドラレコ動画が拍車をかけた「供述はほとんどがウソ」疑惑!
3
とんねるずとダウンタウンが完全和解!?“奇跡のタッグ”に向けて急加速
4
剛力彩芽にはどうしても「月旅行」に行けない理由があった!
5
村上信五に「大恥をかかせた」フジテレビにジャニーズが大激怒!?