芸能

misono、「死に至るほどの病い」告白も「大ゲサ」総ツッコミされた3つの理由

 もはや、ここまで世間の反応が冷やかなことに驚きを禁じ得ない。

 歌手のmisonoが3月4日にブログを更新。そこで〈2018年1月の時点で、病気は完治してたんだけど…人生において初めて!「もし悪化したら死に至るから、出来るなら今すぐ入院して下さい」と言われるほどの病になりまして…〉と、衝撃の告白をした。

「ところが、ネットでは『肝心の病名は?』『だいたいの病気が悪化したら死に至るだろ』『かまってかまってが本当にウザい』『引退する詐欺に続いて病気設定』『このひとのマネージャーは四六時中こういう話を聞かされてるとしたら精神本気で病みそう』などと、ほとんど心配する声がありません。まあ、まず、完治していると報告しているうえに、病名も明かしていないのでは心配のしようもありませんが」(エンタメ誌ライター)

 さらに、この報告は、いささかタイミングも悪かったのかも知れない。2月21日には、俳優・大杉漣さんが急性心不全で亡くなり、世間に大きな衝撃を与え、早すぎる死を惜しんだばかり。また2月24日には、俳優・左とん平さんも急性心筋梗塞の手術を受け、9カ月間の闘病生活の末にこの世を去っている。

「多くの人が自分の、あるいは近い人の『死』について考えを巡らせた時期だったと思います。病によって命を奪われることの“悔しさ”があった。そんな時に、いつものお調子で“実は死にかけてました”と言われても…と突っ込みたくなる気分もわからなくはないですね。しかし、どんな病気であれ、おそらく医師から『命にかかわるので入院を』と言われたのであれば、単なる風邪や体調不良ではなかったはず。それなのに、まるでオオカミ少年のように誰も取り合ってくれないというのは、もはや気の毒ですらあります」(前出・エンタメ誌ライター)

 ささやかながら、misonoの健康をお祈りしたい。

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    芸能・政治・カネの「実は?」に迫る!月額550円で“大人の裏社会科見学”

    Sponsored
    194887

    予期せぬパンデミックによって生活や通勤スタイルがガラリと変わった昨今、やれSDGsだ、アフターコロナだ、DXだと、目まぐるしく変化する社会に翻弄されながらも、今を生き抜くのが40~50代の男たち。それまでは仕事が終われば歓楽街へ繰り出し、ス…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , |

    出会いのカタチもニューノーマルに!「本気で結婚したい」男がやるべきこと

    Sponsored
    168750

    「結婚はしたいけど、もう少し先でいいかな……」「自然な出会いを待っている……」と思いながらも、「実は独りが寂しい……」と感じてはいないだろうか。当然だ。だって男は弱いし、寂しがりだから。先の“言い訳”じみた考えも、寂しさの裏返しのようなもの…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    テストコアNO3が若者から評判なワケは?理由と口コミ調査

    Sponsored
    184479

    男性の性の悩みといえば、中高年世代のイメージが強い。ところが今、若者の半数近くが夜のパフォーマンスに悩みを抱えている。ヘルスケアメディアの調査(※1)によって、10代から30代の44.7%が「下半身」に悩みを抱えているという衝撃の実態が明ら…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
謎の放置状態で急浮上した「クビになるタレント2人」の「証拠映像」
2
これは見ておくべき!谷まりあ「とんでもない大きさのバスト」を大サービス
3
「仕事がないものですから…」沢田研二が伏せていた「田中裕子との関係」/壮絶「芸能スキャンダル会見」秘史
4
渡辺裕之「コロナ首吊り自死」前の奇行証言!「撮影現場で『物がなくなった』と妙なことを…」
5
フジ井上清華、割れ目クッキリ四つん這いで髪を振り乱し…「ヌケる!」未公開映像