吉永小百合

芸能

吉永小百合、言葉の端々に感じる「女優魂」

最新作には「東映創立60周年記念作品」の肩書きがついている。大女優にふさわしい盛りつけであるが、実は「50周年記念作品」もまた、吉永の主演だった。助演に天海祐希、常盤貴子、高島礼子、松田聖子ら豪華な女優陣をしたがえた歴史絵巻「千年の恋 ひか…

カテゴリー: 芸能 | タグ: , |
芸能

吉永小百合と同じコタツに入れなかった「きみまろ」

「まんまと先生には‥‥」物語のクライマックスで、定年間近な刑事に扮した石橋蓮司が苦笑する。出番はわずかながら、圧倒的な存在感を発揮する石橋が口にすると、それはシナリオだけとは思えない。初老の川島はる先生を演じた吉永小百合(67)の演技に対し…

カテゴリー: 芸能 | タグ: , , |
芸能

吉永小百合、挙式の夜に脅迫電話が

73年8月3日、千秋(せんしゅう)与四夫邸の前は早朝から150人もの報道陣でごった返していた。誰にも知らせていなかったはずが、国民的女優の挙式ということで、完全にマークされていたのである。「奈良岡さんが入る時に揉み合ってカメラマンがケガした…

カテゴリー: 芸能 | タグ: , |
芸能

吉永小百合、5人だけの極秘結婚式

東京・高輪の閑静な住宅街に、3階建ての家を千秋(せんしゅう)与四夫は構えている。夫人はベテラン歌手の畠山みどりで、千秋はフジテレビ開局からの花形プロデューサーとして鳴らした。「これは3階の和室で撮った写真だけど、おそらく小百合ちゃんも持って…

カテゴリー: 芸能 | タグ: , |
芸能

吉永小百合、落馬が原因で歌手活動休止

女優だけでなく、歌手としても「レコード大賞」を筆頭に数多くの実績をあげた。日本が誇るマドンナの吉永小百合だけに、その結婚においても、親族や限りない数のファンをいかに納得させるかに苦心する。そして選んだのは、戒厳令下のままに強行することだった…

カテゴリー: 芸能 | タグ: , |
芸能

吉永小百合「ソープ嬢も乗り気でした」

「天国の駅」における吉永は、戦争で不能になった夫に満たされず、そっと指を股間に忍ばせ、切ない息を漏らす。今までの吉永と一線を画す生々しさだ。さらにその瞬間を若い警官(三浦友和)にのぞき見されたことから、事態が劇的に変化する。三浦が演じた小悪…

カテゴリー: 芸能 | タグ: , |
芸能

吉永小百合「原爆が憎いなんていえません」

劇場版の「夢千代日記」における浦山の演出方法や撮影進行は、主演の吉永だけでなく、配給の東映とも深刻な対立を招いた。最も象徴的だったのが、ついに夢千代に死が訪れる場面である。ここで浦山は、早坂のシナリオにない要求をした。「夢千代が死ぬ間際に『…

カテゴリー: 芸能 | タグ: , |
芸能

吉永小百合、近視が招いた「夢千代」の色香

女優・吉永小百合(67)の半世紀をおおまかに分けると、日活でヒットを連発した60年代は青嵐期、独立後に道を模索した70年代は雌伏期、そして80年代から「第二章」が始まったと言えよう。日活を卒業した70年代は、中村錦之助(後の萬屋錦之介)主演…

カテゴリー: 芸能 | タグ: , |