西野朗

スポーツ

本田圭佑、監督務めるカンボジア代表が「史上最悪の惨敗」も“余裕の釈明”!

10月10日、アジア各地でカタールW杯アジア2次予選の試合が行われた。日本代表はホームでモンゴルと対戦。6-0で快勝している。その影で本田圭佑が実質的な監督を務めるカンボジアが0-14の大惨敗を喫した。これはカンボジア代表史上、最悪のスコア…

カテゴリー: スポーツ | タグ: , , , |
スポーツ

ロシアW杯・西野朗監督に囁かれる中国リーグ“10億円爆買いオファー”

日本中を興奮させた指揮官に、巨額のオファーが舞い込んでいるようだ。サッカー日本代表監督としてロシアW杯を指揮し、“期待を裏切る”ベスト16進出を果たした西野朗氏に対して、中国スーパーリーグから大きなオファーが届けられているという。グループス…

カテゴリー: スポーツ | タグ: , , , |
スポーツ

ラモス瑠偉、一部で浮上していた「日本代表監督就任」説の“根拠”

7月10日、日本サッカー協会の田嶋幸三会長は、ロシアW杯を指揮した西野朗監督の後任候補について、噂に上がっていた元ドイツ代表監督のユルゲン・クリンスマン氏の就任を否定し、さらに西野朗の続投説も「100%ない」と言及。ほぼ同時に、2020年東…

カテゴリー: スポーツ | タグ: , , , , |
スポーツ

W杯日本代表の全激闘を“裏”VAR判定(4)<特別講座>西野流“オンナの扱い方”

西野監督のルーティンはギャグだけではない。Jリーグの監督時代、チームが窮地に追い込まれた際の意外な行動があった。「ホテルの部屋を真っ暗にして、一糸まとわぬ姿になって瞑想するんですよ。監督本人いわく『ゼロの状況から物事を考えることができて、思…

カテゴリー: スポーツ | タグ: , , , , |
スポーツ

W杯日本代表の全激闘を“裏”VAR判定(3)<特別講座>西野流処世術で「デキる男」に

突然の監督就任から2カ月余りで日本代表チームを“戦える集団”に激変させた西野朗監督。選手を奮い立たせ、チームをまとめた“監督術”には、「デキる男」になるためのヒントが多く隠されていた。「予選で見せた『ボール回し戦術』に西野さんのスタンスが凝…

カテゴリー: スポーツ | タグ: , , , , |
スポーツ

W杯日本代表の全激闘を“裏”VAR判定(2)<2022年問題>ビッグ3が全員抜けて「無口ジャパン」に

「西野さんとは『今大会の結果がどうであれ、これが最後』と約束し、慰留することはしませんでした」ロシアから帰国した7月5日、会見に応じた日本サッカー協会の田嶋幸三会長(60)は注目の監督人事に触れ、西野監督の退任を発表した。大会期間中から「続…

カテゴリー: スポーツ | タグ: , , , , |
スポーツ

W杯日本代表の全激闘を“裏”VAR判定(1)<場外アクシデント>取材対応でピリピリしていた大迫だったが…

日本代表が「ベスト16」へ快進撃を続けていた頃、ピッチ外でも熱いバトルが繰り広げられていた。ある「大事件」の引き金になったのは6月28日のスポーツ紙1面だった。ニッカン、スポニチ、報知の3紙で、1次リーグ3戦目のポーランド戦の予想スタメンが…

カテゴリー: スポーツ | タグ: , , , , , |
スポーツ

長友佑都、国名を聞いただけで号泣スイッチ入ったブラジルW杯の「屈辱記憶」

サッカー日本代表DF長友佑都が7月6日、自身のツイッターを更新し、ロシアW杯で共闘した西野朗監督の帰国会見での発言に“ツッコミ”を入れている。西野監督は会見中、ロシア大会での裏話として、「ある“小さな選手”が1次リーグを突破した翌日のミーテ…

カテゴリー: スポーツ | タグ: , , , , |
スポーツ

「あの試合で様々な教訓を得た」ベルギー“守護神”が回想した日本との激闘!

「日本戦のおかげで僕らは成長した」ロシアW杯決勝トーナメント1回戦での日本代表戦をそのように振り返ったのは、準決勝で惜しくもフランス代表に敗れたベルギー代表GKティボー・クルトワだ。周知の通り、日本は後半開始早々に原口元気と乾貴士によるゴー…

カテゴリー: スポーツ | タグ: , , , , , |
スポーツ

西野ジャパン後の新監督に「クリンスマンはやっぱりダメ」な決定的理由!

西野朗監督率いるサッカー日本代表は大きな手応えと達成感を胸にロシアW杯から帰国したが、早くも新監督就任説が囁かれており、“西野ジャパン解体”の日が近づいているようだ。1勝1分1敗でのグループステージ突破から、強豪ベルギー戦における大健闘。同…

カテゴリー: スポーツ | タグ: , , , , |
スポーツ

ロシアW杯 サッカー日本代表「泣かせる話」ハットトリック(5)DF昌子源はプロ入りも危うかった

初戦と2試合目で先発した唯一のJリーガー・DF昌子源(25)は、各国のエースを封じ込め、海外クラブの評価も急上昇中だが、高校入学当初はプロ入りすら「ありえない」選手だった。「米子北高校に進学した時はFWでしたが、高1の夏に練習試合でDFの選…

カテゴリー: スポーツ | タグ: , , , , , |
スポーツ

ロシアW杯 サッカー日本代表「泣かせる話」ハットトリック(4)腐りかけていた乾を変えた香川との出会い

今大会で初参戦の選手たちにも、涙なしでは語れない出来事があった。セネガル戦で救世主になったMF乾貴士(30)は、高校時代から天才ドリブラーとして注目を集め、卒業後は横浜F・マリノスに入団。しかし、出場機会に恵まれず、わずか1シーズンで当時J…

カテゴリー: スポーツ | タグ: , , , , , |
スポーツ

ロシアW杯 サッカー日本代表「泣かせる話」ハットトリック(3)長友が気づいた香川の異変

W杯で快進撃するためには、MF香川真司(29)の復活が喫緊の課題だった。背番号「10」のプレッシャーに押し潰されて、前回大会は無得点でチームに貢献できず涙を飲んでいる。リベンジを誓って4年間をサッカーにささげ、自宅のベランダに人工芝を張って…

カテゴリー: スポーツ | タグ: , , , , , |
スポーツ

ロシアW杯 サッカー日本代表「泣かせる話」ハットトリック(2)本田が“天敵・川島”をかばう

「大迫半端ないって」とホメ言葉で使われるならまだしも、それをモジッて「川島それはないって」と猛批判を浴びたのは、2試合連続で大失態したGK川島永嗣(35)だ。セネガル戦での“パンチングパス”について、サッカージャーナリストの六川亨氏が振り返…

カテゴリー: スポーツ | タグ: , , , , , |