週刊アサヒ芸能 2012年 3/15号

芸能

TV美女目撃スクープ60連発!「アサ芸はミタ!」リターンズ(7)スタッフも知らない「意外な関係」

足の引っ張り合いが日常茶飯事の芸能界。気のおけない友人関係は、仕事現場以外で醸成されることも少なくない。とかくチヤホヤされ、警戒心の強い美女たちならなおのこと。そんな彼女たちの意外な関係をつまびらかにする。…

カテゴリー: 芸能 | タグ: , , , |
芸能

TV美女目撃スクープ60連発!「アサ芸はミタ!」リターンズ(6)大島優子 朝までカラオケ

主婦やOLのみならず、芸能界でも「女子会」が大流行だ。男の視線を気にせずに、思いの丈をぶつけ合う。だが、ご用心――。大きな声は、周囲に筒抜けなのだ。…

カテゴリー: 芸能 | タグ: , , |
スポーツ

人気美女「お局VS若手」仁義なき蹴落としあい(6)女子プロレス編 ブル中野が地方巡業のイジメ体験を悲痛回想

リングに上がれば、先輩後輩関係なく殴り合う世界。とはいえ、リングを降りても上下関係はドロドロだった。“女帝”として一時代を築いた、ブル中野が陰湿イジメの全貌を語ってくれた。…

カテゴリー: スポーツ | タグ: |
芸能

TV美女目撃スクープ60連発!「アサ芸はミタ!」リターンズ(5)由美かおるが「内助の功」発揮

「老いらくの恋」と言われた数学者の秋山仁氏と由美かおる(61)は、オープンな交際を続けている。…

カテゴリー: 芸能 | タグ: , , |
芸能

人気美女「お局VS若手」仁義なき蹴落としあい(5)歌手編 和田アキ子→仲間由紀恵にダメ出し&絢香をき突き飛ばし

独立独歩で地位を築いた個性派ぞろいの音楽業界は、アクの強いお局たちの巣窟だ。とりわけ紅白歌合戦は、お局が活躍する絶好の舞台のようで‥‥。*音楽業界の“女ボス”といえば、和田アキ子(61)を外すことはできない。最近も、…

カテゴリー: 芸能 | タグ: |
芸能

人気美女「お局VS若手」仁義なき蹴落としあい(4)ドラマ&バラエティ編 友近→柳原可奈子

人気美女「お局VS若手」仁義なき蹴落としあい(4)ドラマ&バラエティ編 友近→柳原可奈子共演者の多い、ドラマやバラエティの現場では、円滑な人間関係の形成が重要だ。ところが、お局の存在がその大きな障壁となっているようである。*昨年シ…

カテゴリー: 芸能 | タグ: |
芸能

TV美女目撃スクープ60連発!「アサ芸はミタ!」リターンズ(4)小雪&松ケン 北京ダックをドカ食い/江角マキコ 病院内絶叫電話

清純派やツンと澄ました美人タレントほど、意外なギャップがあるというもの。知られざるプライバシーを一挙に紹介しよう。…

カテゴリー: 芸能 | タグ: , , , |
社会

南相馬市長 桜井勝延が「原発事故1年」を全激白(4)命と生活を支えた物瓦礫じゃないんだ!

震災以降、南相馬を訪れた政治家は多い。被災地のために尽くしてくれた人物、予想外の反応をした者─。政治にはメッセージ力が必要なんだよ。今の民主党にそれがありますか? 復興も進んでないのに増税、TPP、あげくに八ッ場ダムだよ。こんなことが続くと…

カテゴリー: 社会 | タグ: |
芸能

TV美女目撃スクープ60連発!「アサ芸はミタ!」リターンズ(3)石原さとみ 新幹線で酒ガブ飲み

本人は覚えてなくとも目撃者にインパクト絶大なのが、美女の酔っ払い痴態。ましてや、芸能人ならなおさらのことだろう。目撃者もコーフン気味に語る一部始終とは――。…

カテゴリー: 芸能 | タグ: , , |
芸能

人気美女「お局VS若手」仁義なき蹴落としあい(3)グラドル編 手島優がグラビア戦国時代の舞台ウラを激白

「愛がいっぱい Iカップ」の手島優(27)も、グラドル歴ははや8年。上も下もいろいろ見てきました。素肌は見せても決して見せない、グラビアアイドルたちの裏物語を語り尽くしてもらった。*――デビューしたのは04年でした。当時は、お局的な怖い先輩…

カテゴリー: 芸能 | タグ: |
スポーツ

ダルビッシュVS上原 ドロドロ「4年確執」(3)ロッカーも隣同士ではない

現在、キャンプでダルは7種類の変化球を披露し、全てにおいて絶賛されるなど、早くも期待に違わぬ実力の片鱗を見せている。そんなキャンプでダルと上原は、建山を含めて日本人3人で同じグループに入ってメニューをこなしているのだ。…

カテゴリー: スポーツ | タグ: |
スポーツ

江本孟紀 新著で訴えた「プロ野球の病巣」

「日本の球団は、親会社の下にある子会社でしかない。だから、親会社から野球を知らない人が天下ってくる。これが球界衰退の原因の一つであり、『アホ』な構造なわけですよ。『清武の乱』は、まさにその縮図です」こう話すのは、野球評論家の江本孟紀氏。江本…

カテゴリー: スポーツ | タグ: |
スポーツ

「無職ランナー」藤原新でわかった実業団の弊害(3)「駅伝は食いっぱぐれない」

また、取り組み方の特徴について、金氏はこう言う。「藤原君には、『これに生活がかかっている』、川内君には『限られた環境の中で最善を尽くそう』というハングリーさがそれぞれあります。実際の練習距離は、実業団選手が月に平均1200キロを走るのに対し…

カテゴリー: スポーツ | タグ: |
社会

南相馬市長 桜井勝延が「原発事故1年」を全激白(3)爆発まではいかない事故は何度もあった

震災以降、南相馬を訪れた政治家は多い。被災地のために尽くしてくれた人物、予想外の反応をした者─。意外に思う人もいるかもしれないんだけど、復興相やってた松本龍さんって、被災地ではいい動きをしてくれてたんですよ。ちゃんとやるって言って、実際やっ…

カテゴリー: 社会 | タグ: |
123