PL学園

スポーツ

大坂桐蔭が目指す選抜連覇を達成した81年、82年のPL学園

大会4日目の第2試合。今大会もV候補の大本命に推されている大阪桐蔭がいよいよ登場する。同校が優勝すれば選抜史上3校目の連覇達成となる。極めて困難なこの偉業を前回成し遂げたのは、同じ大阪府代表で、1980年代に甲子園で一時代を築いたPL学園で…

カテゴリー: スポーツ | タグ: , , , , |
スポーツ

KKコンビのPL学園「甲子園連勝記録」を20で止めた東京・岩倉

「高校野球史上、最強のチームは?」ファンの間でしばしば論争になる永遠のテーマである。そしてこの論争の答えとして1、2を争う位置で必ず名前が挙がるのが桑田真澄&清原和博(ともに元・読売など)の“KKコンビ”が甲子園を席巻した時のPL学園(大阪…

カテゴリー: スポーツ | タグ: , , , , , |
スポーツ

KKコンビの5季連続甲子園決勝進出を阻み初出場初優勝した高知・伊野商

桑田真澄&清原和博(ともに元・読売など)の“KKコンビ”のPL学園(大阪)は高校野球史上最強チームの一つとされているが、実は5季連続甲子園出場を果たした中で唯一、決勝進出を逃したことがある。それが1985年の第57回春の選抜。豪腕・渡辺智男…

カテゴリー: スポーツ | タグ: , , , , , |

スポーツ

甲子園「春夏」「夏の大会」通算本塁打数1位はともに清原和博だが、2位以下は?

今大会が始まるまで、過去の夏の甲子園の大会最多本塁打記録は06年第88回大会での60本だった。それが今大会は準々決勝を終えた時点で過去最多を更新する64本ものホームランが飛び出している。個人としても広陵の中村奨成捕手が3試合連続個人1大会4…

カテゴリー: スポーツ | タグ: , , , , |
スポーツ

夏の甲子園で1試合最多となる3本の本塁打を放った選手はこの2人!

今大会では2回戦で神戸国際大付(兵庫)の谷口嘉紀と天理(奈良)の神野太樹が2打席連続本塁打を放ち、スラッガーぶりを見せつけた。実は昨年までの夏の甲子園で2打席連続本塁打を放った選手は31人もいるのだが、これが3打席連続本塁打となるとまだ誰も…

カテゴリー: スポーツ | タグ: , , , , |
スポーツ

夏の甲子園「代表校が優勝」最多は大阪府だが、「優勝校を最多輩出」県は?

47都道府県のうち、夏の甲子園で予選を勝ち抜いた代表校の優勝回数が最も多いのは大阪府だ。昨年までで計12回。2位の愛知県が8回だから、余裕の1位といえよう。その大阪の最初の優勝は戦後最初に開かれた46年第28回大会。浪華商(現・大体大浪商)…

カテゴリー: スポーツ | タグ: , , , , |
スポーツ

「春の選抜」都道府県別の勝ち星数「100勝」を超えている4都府県

今春の選抜は、大阪府勢が好調である。実は都道府県別の春の選抜通算勝利数で、大阪府は昨年の大会終了時点で189勝を挙げている。今大会でも3月28日時点でベスト8に2校が残っており、200勝の大台まであと少しなのである。もちろんこの数字は47都…

カテゴリー: スポーツ | タグ: , , , , , |
スポーツ

「春の選抜」歴代のチーム大会最多得点は5試合で取りも取ったり59得点!

今年の選抜大会は、投手よりも打者に高素材が多いとされるせいか、2ケタ得点を挙げて勝つチームが目立っている。そこで過去の選抜の打撃のチーム記録を調べてみた。まずは1大会における最多本塁打記録だ。これは“KKコンビ”時代のPL学園で、84年第5…

カテゴリー: スポーツ | タグ: , , , , |
スポーツ

「春の選抜」過去2校しかない“大会連覇”に挑む奈良・智弁学園

高校野球甲子園大会で、夏の選手権では過去6回もある大会連覇の記録が、実は春の選抜ではまだ過去2例しかないという事実をご存知だろうか。夏の大会連覇は第7回大会から第8回大会和歌山中(現・桐蔭)が最初で、以下、第15回大会から第16回大会の広島…

カテゴリー: スポーツ | タグ: , , , , |
スポーツ

「春の選抜」東京勢は大阪相手に9連敗中!日大三は呪縛を解けるか?

大会初日の第2試合で1回戦屈指の好カードが実現した。昨秋の明治神宮大会覇者でプロ注目のスラッガー・安田尚憲擁する覆正社(大阪)と、投の櫻井周斗と打の金成麗生がチームを引っ張る日大三(東京)。もちろん両校とも堂々の優勝候補で戦力は甲乙つけがた…

カテゴリー: スポーツ | タグ: , , , , , |
スポーツ

夏の甲子園・我が心の決勝戦(6)「最高の舞台で逃げる必要はない」清原に立ち向かった背番号11

1年時の83年夏の選手権で優勝して以降、3度の甲子園では準優勝2回、ベスト4が1回と、あと一歩栄冠に届かなかったPL学園(大阪)の“KKコンビ”桑田真澄&清原和博。この二人は最後の夏となった85年の選手権で有終の美を飾るべく、堂々決勝戦に進…

カテゴリー: スポーツ | タグ: , , , , , |
スポーツ

あのスターを生んだ夏の甲子園(15)「申し子」福留孝介の阪神移籍は必然だった!?

12年オフにメジャーリーグから日本球界に復帰、古巣の中日ではなく阪神へ入団した福留孝介。昨シーズンは打率、本塁打数、打点の打撃3部門でチーム最高の成績を残すなど、ベテランとなった39歳の今も主軸として甲子園でその勇姿を披露している。いわば福…

カテゴリー: スポーツ | タグ: , , , , |
スポーツ

夏の甲子園でスターになれなかった男たち(3)前田健太を襲った悲運なアクシデント

今季からMLBのロサンゼルス・ドジャースに活躍の場を求めた“マエケン”こと前田健太。その右腕の名が初めて全国に轟いたのは、当時は大阪の名門校だったPL学園のエースとして出場した06年の春の選抜だった。初戦の真岡工(栃木)戦でまず毎回の16奪…

カテゴリー: スポーツ | タグ: , , , , |
芸能

「どちらもPLの恥だ!」日テレ上重アナが“清原逮捕”コメントで大炎上

日本テレビの上重聡アナが3日、司会を務める「スッキリ!!」に出演し、清原和博が薬物所持で逮捕されたことについて、PL学園高校野球部の後輩として、「本当に驚きましたし、ただただ残念」と語った。「上重アナが『清原容疑者』と読み上げた時の表情がつ…

カテゴリー: 芸能 | タグ: , , , , |
12