芸能

清原亜希を襲う“ママ友いじめ”の恐怖!

20141006kiyohara

 9月22日に、元プロ野球選手の清原和博と離婚したモデルの清原亜希。長男(12)と次男(9)の事もあり話し合いを続けてきたが、ついに14年間の結婚生活にピリオドを打った。

「すでに今年の3月に家を出て別居していました。夫の不倫・女性問題や薬物疑惑まで浮上し、これ以上一緒にいては子供にも悪影響を及ぼすと決断したようです」(女性誌記者)

 プロ野球を引退した頃から、夫・和博の夜遊びもひどくなる一方だったという。

「09年のモナコグランプリに銀座のクラブママを連れて行き大問題になった話は有名ですが、毎日のように酔っぱらって朝帰りをして壁をガンガン叩いて大暴れしていたようです。仕事があった頃まだよかったのですが、今年に入ってからの薬物報道でテレビの仕事もさっぱり。上半身に竜のタトゥを入れているようで、野球界からも見放されていますね」(テレビ局関係者)

 では、夫と別れた亜希夫人の生活は大丈夫なのか。

「モデルの仕事は順調です。集英社の『Marisol』を中心に表紙を飾ったり、CMに出演したり、去年はファッションブックも発売されています。しかし、今住んでいるマンションの家賃は45万。二人の子供の学費だけで年間200万円はかかると言われています。今後、今の仕事だけでやっていくのは大変ではないでしょうか」(前出・女性誌記者)

 そんな中で心配の声が上がっているのが、“ママ友いじめ”だという。

「二人の子供が通うのは、小学校受験の東大といわれる慶応幼稚舎。二人とも成績が良く、学年でトップクラス。しかも、スポーツも万能。ところが、伝統を重んじる慶応幼稚舎では清原家は初代慶応組で下っ端なんです。薬物問題などで騒がれては、江角マキコ並みの“ママ友いじめ”が起きてもおかしくない」(芸能記者)

 離婚した元清原夫人にとって、まさに前途多難な船出となりそうだ。

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    溶解~抗菌~浸透~鎮痒のプロセスで白癬菌を退治!「水虫」の正しい治し方

    Sponsored
    86516

    「あれっ、なんだか足がかゆい」こんな症状に覚えはありませんか? 我慢できないほどのかゆみがなくても、もしかしてそれは「水虫」かもしれません。水虫は、白癬(はくせん)菌という真菌(カビ菌)が、皮膚、角質、爪などのケラチンを栄養源に繁殖して起こ…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , |

    実写映画化で話題沸騰! 『ジョジョの奇妙な冒険 第4部~PART4 ダイヤモンドは砕けない~』のコミック版が無料試し読みに登場

    Sponsored
    85664

    最近は、新聞も雑誌もコミックもスマホで!なんて話をよく聞きます。デジタルをスマートに使いこなすサマは、かっこいい「大人」って感じですよね。でも、紙の雑誌で育った世代にとっては、まだ未体験という人も多いのでは。そんな人にオススメしたいのが、電…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    30代、40代から顕著になる「小じわ」などのお肌への不安、あなたはどうする!?

    Sponsored
    86146

    30代から40代の女性は、結婚や出産・育児などの経験を経ることでママ友や主婦仲間といった新しいコミュニティでのお付き合いが始まったり、そして仕事の場では経験を重ねることで責任あるポジションに就いたりと、家庭や仕事でより充実した毎日を過ごして…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
上原多香子、無言で謝罪する足元に漂う違和感で囁かれる「妊娠説」!
2
上原多香子 夫の自殺に親友が姿を見せない本当の理由
3
愛子さま 憧れの佳子さまを支えに「ふっくら回復」
4
「不貞報道」上原多香子、夫遺族が「証拠」を今公開せざるを得なかった理由!
5
上原多香子「奔放だった男グセ」を「居酒屋デート」ミュージシャンが初激白!