社会

「天皇と朝日新聞」因縁確執51年の全内幕とは?(3)51年前の事件から反皇室へ

 新年の最初の日、朝日新聞は「『雅子さま 懐妊の兆候』の記事について」という記事を、東京本社編集局長署名で掲載する。

 皇太子ご夫妻を「公人中の公人」としながら、こう論じたのだ。

〈今回は慶事の兆しであることを考え、表現を抑制して報道することを決断しました。社会的関心事について事実を早く正確に把握し、伝えていくことは報道機関の基本的な使命です〉

 しかし、朝日新聞は「皇室」を「公人中の公人」「社会的関心事」と主張しているにもかかわらず、スクープ以外は目立たないところで報じているのだ。

「私は以前、朝日新聞の一年分の皇室報道を全部調べたことがあります。皇室に動きがあると、だいたい社会面の最後の面(第三社会面)の最下段左隅、強盗事件などの下に置かれています。他紙は、配慮して上に持って行こうとします。皇室に対する徹底的な軽視と、潜んだ悪意というものを感じます」(高森氏)

 皇室ニュースの扱いや、「公人」「社会的関心」を理由にした朝日の禁断スクープ報道。これらは朝日の政治的なスタンスから来るものではなく、51年前に起きたある事件が影響しているのではと指摘するのは、評論家の渡邉哲也氏だ。

「第三社会面というのは、事件などでこぼれたニュースなどに使うところです。つまり朝日新聞は皇室をニュースの対象としていないということになります。1963年に起こった『村山事件』の影響があるのではないでしょうか」

 当時、朝日新聞社は創業者の一人である「村山家」の故村山長挙氏が社主(オーナー)で、社長だった。63年3月、同社らが主催した「エジプト美術五千年展」の場内で“事件”は起こった。

 その日訪れた昭和天皇に故村山夫人が近づこうとしたところ、宮内庁職員に制止されたことで転倒。骨折したと夫人は主張し、編集部に宮内庁の糾弾キャンペーンを指示したという。

「この事件は、その後、朝日の内紛に発展します。編集部が夫人の言い分をおかしいと判断。最終的に社長は更迭され、朝日新聞の経営権を失うことになります。朝日はどちらかといえば親皇室の論調でしたが、この糾弾キャンペーンをきっかけに、現在の反皇室的な論調になったのではないでしょうか」(渡邉氏)

 06年にも、朝日新聞は皇室に“もの申して”いる。

「ヒゲの殿下」として親しまれた寛仁親王が毎日新聞や文藝春秋に、女系天皇についての私見を述べた。そして朝日新聞は、「黙れ」と言わんばかりの社説を掲載したのだ。

「寛仁さま 発言はもう控えては」

 朝日新聞社長室で、抗議の自決を遂げた故野村秋介氏の筆頭門下生である「二十一世紀書院」代表の蜷川正大氏が、朝日の皇室報道を分析する。

「言論の自由を旨とする新聞が、皇室に対しては言論を封殺する。人権を声高に主張する新聞ですから、ご皇族も民間人も同じというスタンスでしょう。一方で、『ガン』『ご懐妊兆候』の報道では、人権を毀損している。常にイデオロギーを優先させるので、人の痛みや苦しみなど理解できないのです」

 終わりなき皇室との因縁は、今後も続く──。

カテゴリー: 社会   タグ: , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    忘年会シーズンに糖質制限なんて無理!酵素のチカラで炭水化物も怖くない!?

    Sponsored
    91454

    男30代40代の働き盛り。当然、昼も夜も栄養バランスを考えた食事なんてなかなかできず、酒の付き合いも多い。そのため食生活は極めて不規則だ。話題の糖質オフやグルテンフリーはどこ吹く風で、とりあえず、日本人ならお米だろ!と、エネルギーを蓄えて毎…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , |

    少しのお酒で頬が赤く…赤ら顔は化粧水で簡単ケア!

    Sponsored
    91796

    年末年始の飲み会が増えるこの時期、「少しお酒を飲んだだけでも顔が赤くなってしまう…」と悩む女性がよく見られます。子どもの頃は「ほっぺが赤くてかわいい!」なんていわれて喜んでいたものの、大人になると恥ずかしいものですよね。メイクで必死にカバー…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    2017アサ芸プラス人気記事ベスト5⇒1「マッチ『愚か』な発言」に圧勝の後輩

    95590

    徳間書店が運営するニュースサイト「アサ芸プラス」。先の人気記事第10位⇒第6位に引き続き、2017年の人気記事トップ5を公開します!5位:近藤真彦、国分太一にまくし立てた「パワハラ結婚論」に大ブーメラン!国分太一がMCを務める情報番組「ビビ…

    カテゴリー: 芸能|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
広瀬すず、兄逮捕で3年前の「無邪気な発言」が蒸し返されるワケ
2
酒気帯び運転逮捕!広瀬アリス・すず姉妹の兄の「オタク&武闘派」素顔
3
本田翼「自分を無視した女優」告白で取りざたされた“後輩”の実名!
4
芦田愛菜は学校生活で好感度上昇!?「美女&イケメン化」に成功した元子役3人
5
浜崎あゆみが最新「ヘソ&胸」見えショットを公開!それでもファンが憂うワケ