芸能

最低すぎる!フジテレビがキムタク「HERO」の陰湿な不謹慎シーンを隠蔽

20150721kimutaku

 7月18日から木村拓哉主演の映画「HERO」が公開され、大ヒットを飛ばしている。公開に合わせて制作のフジテレビは様々な番組で宣伝を行っているが、17日に放送されたバラエティ番組「ダウンタウンなう」(フジテレビ系)の「HERO」特集において、あるシーンに修正が施されていたという。

「番組では過去の『HERO』の名場面が流されていたのですが、その中で、キムタクが墓参りする最終回のシーンが流れました。ですが、当時の放送で背後に元々映っていたはずの、『古館』『竹内』という墓石に刻まれた文字の部分だけが、なぜか綺麗に消されていたのです」(テレビ誌記者)

 今回、なぜフジテレビはその文字を消さなければならなかったのか。過去の放送時、墓に刻まれた名前が映しだされたのは「古館」「竹内」の2つだけ。この組み合わせは「報道ステーション」(テレビ朝日系)に出演するキャスター古舘伊知郎と、竹内由恵アナの名前を想像させ、当時の視聴者も「古館は珍しい苗字だから偶然じゃない」「さすがに悪趣味だ」「あの世へ行けってことか? 陰湿で最低すぎる」とドン引きする声が相次いだ。

 ただの偶然との声もあるが、過去にフジテレビは何度もこうした陰湿なメッセージを作品に込めてきたという。

「ドラマ『イケメンパラダイス』で、アメリカ軍が広島市に投下した原子爆弾のコードネーム『リトルボーイ』と書かれたTシャツを前田敦子に着させたり、『最高の離婚』に登場した人物の名刺に『tsunami-lucky』(ツナミラッキー)という東日本大震災をあざ笑うかのようなアドレスを記載するなどして問題となっています。今回の番宣VTRで、わざわざ文字を消したということは、当時何かしらの意図があったということかもしれません」(前出・テレビ誌記者)

 もしキムタクが何も知らず真面目に演技をしているとすれば、気の毒というほかない。

(森嶋時生)

カテゴリー: 芸能   タグ: , , ,   この投稿のパーマリンク

アサ芸チョイス:

  1. 54881
    PR
    マイナス金利導入で値上がりも?まだ間に合う「生命保険の見直し」その秘策

    今年2月16日から、日本史上初の金融政策である「マイナス金利」が導入されました。だけど、この政策によって私たちの生活にどのような影響があ

  2. 49459
    PR
    元気ハツラツの秘訣は『にんにく』『しじみ』『牡蠣』のトリプルパワー

    年齢を重ねていくたびにしんどくなってくるのが、年末年始の宴会。“おつきあい”とはいえ連日宴席となると、カラダの外も内側もズッシリと溜まり

  3. 56571
    PR
    年齢面で不利な“40代の婚活”を変えた「結婚相談所のサービス」その仕組とは?

    40歳を過ぎていよいよプレッシャーを感じてきたのが「結婚」の二文字。「まだ婚活は早い」「婚活をしなくてもそのうちいい出会いがあるだろう」

注目キーワード

人気記事

1
ゲス極・川谷絵音の衝撃発言で囁かれる「ベッキーのボディはバツグン」説
2
小林麻耶が一時意識不明、番組退席直前の異変とブログに綴っていた“心の闇”
3
貫地谷しほりが公開したすっぴん写真がまるで「行為中」そのもの!?
4
桐谷美玲が突如髪型をチェンジするも「阿部サダヲに激似」と爆笑祭りに!
5
常盤貴子 新作映画で魅せる「私生活は仮面夫婦」でも12年ぶり「濡れ場」の妖艶度