芸能

「24時間テレビ」で信者が急増中!?V6・森田剛のブルースな生き様

20150828morita

 DAIGOの100キロマラソンの武道館ゴールインが視聴率34.6%を記録するなど、さすがの名物番組ぶりを見せた「24時間テレビ38 愛は地球を救う」(日本テレビ系)。その視聴率効果か、メインパーソナリティーを務めたV6の森田剛の生き方が「カッコイイ」とファン以外からも称賛されているのだ。

 同番組はV6とHey! Say! JUMPという2組のメインパーソナリティーで展開する初の試みということもあり、両グループのメンバーがさまざまな企画で積極的にトークに参加。そんな中、自らはトークに絡んでいくこともなく、あまり笑いもせずクールな姿勢を貫いたのが森田だった。その彼の株が上がったのはメインパーソナリティー2組と嵐を交えての3世代ジャニーズトークコーナーでのこと。

 同企画内で、V6とHey! Say! JUMPが親睦を深めるための食事会を実施したことが報告された。その際、V6の長野博にHey! Say! JUMP・伊野尾慧が失礼な態度をとり続けていたため、普段はめったにしゃべらない森田が一喝したというのだ。

「ネット上では『物静かだけど、大事なところではちゃんとキレる森田は本物の男前』と称賛の声が続出しました」(芸能記者)

 さらに、森田が携帯のメールアドレスを頻繁に変えて随時の報告もないため、V6のメンバーでもアドレスを把握できていないということも判明。なんらかの拍子でメンバーにアドレスを知られてしまった場合、翌日にはアドレスを変更しているという。

 普通なら理解しがたいエピソードだが、これが若い世代の視聴者に刺さったようだ。

「つながりをやたら大切にする時代に、その逆行ぶりがカッコイイ」「一人で生きていける証拠」「彼氏にはしたくないけど、男っぽさは感じる」「それで仕事に穴を開けないならすばらしい」など、我が道を行く姿勢に感銘を受けたコメントが相次いだ。

「森田クラスの人気者となれば、たくさんの女性と交友関係を持っているはず。ですが森田の性格上、相手が女性であってもアドレスを変更したことをいちいち相手に報告していないため、アドレス帳の登録件数もかなり少ないということ。頻繁に変える理由について、本人は『(メンバーにも)知られたくないから』と説明していましたが、たしかに最近の男性の在り方とは違いますね。きっと陰で泣いている女性も多いでしょう(笑)。今度はそのケジメのつけ方を聞いてみたいですね」(アイドル誌ライター)

 男は黙ってなんとやら‥‥。こんなブルージーな生き方が現代でも通用するとしたら、男としてはうらやましいばかりだ。

(佐伯シンジ)

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    溶解~抗菌~浸透~鎮痒のプロセスで白癬菌を退治!「水虫」の正しい治し方

    Sponsored
    86516

    「あれっ、なんだか足がかゆい」こんな症状に覚えはありませんか? 我慢できないほどのかゆみがなくても、もしかしてそれは「水虫」かもしれません。水虫は、白癬(はくせん)菌という真菌(カビ菌)が、皮膚、角質、爪などのケラチンを栄養源に繁殖して起こ…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , |

    実写映画化で話題沸騰! 『ジョジョの奇妙な冒険 第4部~PART4 ダイヤモンドは砕けない~』のコミック版が無料試し読みに登場

    Sponsored
    85664

    最近は、新聞も雑誌もコミックもスマホで!なんて話をよく聞きます。デジタルをスマートに使いこなすサマは、かっこいい「大人」って感じですよね。でも、紙の雑誌で育った世代にとっては、まだ未体験という人も多いのでは。そんな人にオススメしたいのが、電…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    「小じわ」の放置は「老け顔」に!?今すぐ始める30代からのスキンケア

    Sponsored
    86146

    30代から40代の女性は、結婚や出産・育児などの経験を経ることでママ友や主婦仲間といった新しいコミュニティでのお付き合いが始まったり、そして仕事の場では経験を重ねることで責任あるポジションに就いたりと、家庭や仕事でより充実した毎日を過ごして…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
松本人志の怒りに触れた説も…「しくじり先生」打ち切り宣告のシリアス現場!
2
乃木坂46白石麻衣、仲良しプリクラ写真が逆説的に物語る「異次元の可愛さ」!
3
上原多香子 夫の自殺に親友が姿を見せない本当の理由
4
座ったまま合体!有村架純、松本潤との超過激ベッドシーンに映画関係者も大興奮
5
「24時間テレビ」で富士登山にチャレンジした麻痺少年の“虐待デマ映像”が拡散