芸能

「あさが来た」冒頭の“木に登る子役”に見覚えを感じた理由は?

20150929haru

 9月28日、京都の豪商の娘として生まれ、やがて銀行や生命保険会社、そして日本初の女子大学を作る起業家を描いたNHK朝の連続テレビ小説「あさが来た」が始まった。主人公・あさを演じる波瑠の双肩にかかるプレッシャーは、近年の作品よりも大きいという。

「前作『まれ』が、決して悪い視聴率ではなかったものの5作ぶりに期間平均で19.4%と20%を割り込みました。大台を回復すべく、スタッフの鼻息は荒いようです」(NHK関係者)

 第1回目は、幼少期のあさの人となりを紹介する場面がふんだんに盛り込まれていた。女の子らしくおしとやかに育てようとする両親に対して、あさは蛇を振り回して男の子を追いかけたり、男の子を相手に相撲を取ったりと、とにかく自由奔放だ。

 そんなあさの振る舞いで、どことなく見覚えのある光景が。大きな凧を担いで木に登り、空を飛ぼうとして飛び降りる場面だ。

「おてんばな女の子が木に登って大名行列を眺め、木から落ちる。NHK大河ドラマ『八重の桜』の第1話のシーンです。見覚えあるのは仕方ありません。だって同じ子役、鈴木梨央ちゃんですから。NHK大河と朝ドラの両方で主人公の子役を演じるのは史上初めてだそうです。このシーンに関してはオマージュを捧げる意味で、あえて似たような演出をしたのかもしれません」(女性誌記者)

 ホントのところはわからずじまいだが、今後も“小ネタ”を随所に織り交ぜてくるかも。注意深く見てみるのも楽しみ方の1つかもしれない。

カテゴリー: 芸能   タグ: , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    薬用和漢のチカラで髪を強くしなやかに…頭皮環境から考える山野愛子流「育毛」ケアとは?

    Sponsored
    76814

    20~60代の女性を対象に行った、ある髪に関するアンケートの結果によると、なんと9割以上の女性が「髪にツヤがあるほうが若く見えると思う」と回答し、4割以上が「初対面の女性の髪の状態またはヘアスタイルを見て、年齢を判断する」と答えたのだそうで…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , |

    女性と無縁の理系アラフォー男が3ヵ月で結婚!男が頼んだ“婚活のプロ”の正体とは?

    Sponsored
    74637

    「男子校出身で、おまけに大学も職場も理系のため、女性との接点がほとんどなかったんです。仕事も忙しく不規則なため、友人からの飲み会の誘いやサークルにも滅多に参加できず、そんな男性社会で20~30代を過ごしていたら、気づけば40歳。そこで慌てて…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , |

    放っておくと命に関わる血管のリスク 「血管の老化」に要注意!?

    Sponsored
    75325

    突然ですが、日本人の主な死因を知っていますか?最も多いのは、1/4以上の割合を占めるガンです。実はその次に多いのが、心疾患や脳血管疾患を合わせた「血管事故」。心筋こうそくや脳卒中などは心臓や脳の特殊な病気ではなく、実は血管が詰まったり破れた…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
経営店も続々閉店…テレビから消えた川越シェフに一体何が?
2
筧美和子、「とんねるず」特番で起きた“胸ポロ”の裏に隠された苦悩
3
よくぞ言った!坂上忍の「本田圭佑批判」がサッカー界から賞賛される理由
4
X JAPANが日本公演の日程を発表、これが「ラストYOSHIKI」になる!?
5
ダレノガレ明美の写真を巡って「ニップル?それともボタン?」の激論が勃発