芸能

ドラマ高視聴率の裏で「4代目相棒」反町隆史に危惧される“悪いクセ”とは?

20151028sorimachi

 テレビ朝日系のドラマ「相棒」シリーズに、水谷豊扮する杉下右京の“4代目相棒”として出演している反町隆史が話題を集めている。

 10月14日に放送された「相棒 season14」の初回視聴率は、今年放送された連続ドラマの初回としては1位となる18.4%を記録して好調な滑り出しを見せた。

「長年多くのファンを持ち、シリーズ化もされて、今やテレ朝にとっては金看板ともなっている『相棒』ですが、前シリーズで成宮寛貴扮する“3代目相棒”が、実は犯人だったという不可解な終わり方をするなど最近は迷走気味で、今後の展開が心配されていました。そんな中での高視聴率だけに、局内でも“反町効果”は大きな話題となっています」(テレビ朝日関係者)

 反町にとっても、松嶋菜々子と結婚後は以前ほどの活躍を見せていなかった。プライベートでは、愛犬のドーベルマンが同じマンションの住人に噛みつく傷害事件を起こして裁判沙汰になるなど、公私ともに不調だっただけに、今回の出演ドラマの高視聴率は久々の明るいニュースとなっていることだろう。

 だが、以前から反町をよく知るテレビ関係者はこう危惧する。

「反町も歳を重ねて以前よりもだいぶ丸くなっているようですが、今回のドラマのヒットで悪い癖が出なければいいなと‥‥。決して人付き合いのうまいタイプではないですからね」

 今回の相棒シリーズへの出演が決まった際、反町は「歴史ある作品に参加できて大変光栄」「(水谷は)お話しすると気さくな方で、作品に対する熱い思いを感じました。僕が演じさせていただく役を通して、水谷さんの熱い思いに応えたいです」とのコメントを発表。あくまで作品や主演の水谷を立てて支えていこうという謙虚な姿勢がにじみ出ているが‥‥。

「若い頃から反町は、根は悪いヤツじゃないんですけど、自分を大きく見せようと、スタッフに対してやたらと大柄な態度を取るんですよね。ジャニーズをクビになって、その後に苦労を重ねて人気若手俳優の地位を築いたわけで、いろいろと苦労もしたでしょうし、気持ちもわからないではないんですけど、現場ではスタッフから挨拶されても無視が当たり前という態度で、常に王様気質でしたからね。まして、今回のドラマはロングシリーズということで、古くから作品に携わっているスタッフも多い。今回、高視聴率を取ったことで天狗になって、以前の悪いクセが出ないといいんですけど」(前出・テレビ関係者)

 今のところは「現場では機嫌も良く、主演の水谷さんをはじめ、スタッフにも丁寧に対応しているみたいですよ」(前出・テレビ朝日関係者)と、猫を被っている様子だというが、はたして反町はこのまま無事に「相棒組」に溶け込むことはできるのか!?

(しおさわ かつつね)

カテゴリー: 芸能   タグ: , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    「蜂に刺されたら尿をかける」は大間違い!実はキケンな「応急処置」

    88462

    この夏も各地キャンプ場で「蜂に刺された」という被害が報告された。「スズメバチはもともと攻撃性の高い蜂なのですが、夏~秋にかけて攻撃性がさらに高まります。家の軒先や樹木などにも大きな巣を作りますので、レジャーの時だけでなく、この時期は日常的に…

    カテゴリー: 社会|タグ: , , , , |

    ラッシュアワーが楽しくなる!?駅・電車内の正しい「苦痛軽減術」

    87987

    昨今、電車内での痴漢及び、痴漢冤罪が社会問題になっている由々しき事態だが、もとより、日々の通勤電車は我々サラリーマンの悩みのタネだった。バリバリ仕事をするためには、移動でくたびれている場合ではない。そこで、通勤時間を快適にするオヤジテクニッ…

    カテゴリー: 社会|タグ: , , |

    「小じわ」の放置は「老け顔」に!?今すぐ始める30代からのスキンケア

    Sponsored
    86146

    30代から40代の女性は、結婚や出産・育児などの経験を経ることでママ友や主婦仲間といった新しいコミュニティでのお付き合いが始まったり、そして仕事の場では経験を重ねることで責任あるポジションに就いたりと、家庭や仕事でより充実した毎日を過ごして…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
嵐・櫻井翔に真っ向勝負!?関ジャニ∞は「苦学生時代」をアピール!
2
有名人家族「骨肉の修羅」全真相(2)安室奈美恵 「親族が実母を惨殺」事件のトラウマ現場
3
石原さとみ危うし?Fカップ「全見せ」解禁で今野杏南が女優として猛追!
4
中村昌也、稲本潤一&田中美保の結婚式出席拒否の「裏事情」暴露で非難殺到
5
フジ「めちゃイケ」、超低迷でも局員が「打ち切りは絶対ない」と言い切る理由