芸能

古舘伊知郎「報ステ」降板報道で気になる後任に「アイツはやめて」の大合唱

20151226hurutati

 12月24日、「報道ステーション」(テレビ朝日系)の古舘伊知郎が3月31日の放送で卒業することが発表された。04年、久米宏の後を受ける形で抜擢された古舘。12年にわたって務め上げた“アンカーマン”だが、「新しいジャンルに挑戦したい」として、テレビ朝日側の慰留を固辞する形で降板することとなった。

 テレ朝があの時間帯での報道を止めることはないとなれば、気になるのは後任だ。

「さっそくいろいろな名前が挙がっていますが、例えば池上彰氏は、みずから取材に向かうスタイルで帯の司会は引き受けないでしょう。テレ朝の朝の帯番組で実績を作った羽鳥慎一キャスターの名前も見られますが、久米、古舘の後としてはまだ若い。久米氏の代行キャスターを務めたことがあり『朝まで生テレビ!』の司会でもある渡辺宜嗣キャスターは実績も安定感もあり、相応しいと思いますけどね。久米氏が広島ファンだったように、渡辺キャスターは熱狂的な中日ファンという一面もある」(テレビ番組制作会社関係者)

 そして、もう1人名前が挙がっているキャスターがいるのだが、その人物については早くも「あいつだけはやめろ」の声がネット上に書き込まれている。

「宮根誠司ですよ。『宮根さんは避けて欲しい』『宮根とかだったら嫌だ』などの声が多いですね。軽妙なトークのイメージが強すぎるのではないでしょうか。しかし、宮根は10月に放送された番組で、尊敬する司会者に古舘を挙げ、後任のオファーが来たらという質問には否定も肯定もしませんでした。少しはその気があるのかもしれません」(週刊誌記者)

 テレビ朝日の決断やいかに!?

カテゴリー: 芸能   タグ: , ,   この投稿のパーマリンク

アサ芸チョイス:

  1. 54881
    PR
    マイナス金利導入で値上がりも?まだ間に合う「生命保険の見直し」その秘策

    今年2月16日から、日本史上初の金融政策である「マイナス金利」が導入されました。だけど、この政策によって私たちの生活にどのような影響があ

  2. 49459
    PR
    元気ハツラツの秘訣は『にんにく』『しじみ』『牡蠣』のトリプルパワー

    年齢を重ねていくたびにしんどくなってくるのが、年末年始の宴会。“おつきあい”とはいえ連日宴席となると、カラダの外も内側もズッシリと溜まり

  3. 56571
    PR
    年齢面で不利な“40代の婚活”を変えた「結婚相談所のサービス」その仕組とは?

    40歳を過ぎていよいよプレッシャーを感じてきたのが「結婚」の二文字。「まだ婚活は早い」「婚活をしなくてもそのうちいい出会いがあるだろう」

注目キーワード

人気記事

1
視聴率爆下げの原因?松本潤「99.9」公式ツイッターの発言に視聴者から批判殺到
2
テレビ復帰は無理!楽しんご、乱暴された被害者女性を口撃してフルボッコに
3
清原和博が供述した大物俳優「X」が警視庁に内偵されている!(1)検査をしようとしたところ…
4
田中みな実が圧勝!前田敦子が自分のインスタグラムで公開処刑される
5
貫地谷しほりが公開したすっぴん写真がまるで「行為中」そのもの!?