芸能

「貴族探偵」の犯人役がいまだに「深キョンの元カレ」と呼ばれてしまう悲劇

 舞台装置や小道具に億単位の額をかけているというフジテレビの月9ドラマ「貴族探偵」。4月17日放送の初回視聴率は11.8%と2ケタ台だったものの、主演する嵐・相葉雅紀のポンコツ貴族ぶりや脚本のつまらなさなどが早くも叩かれている。

「贅沢すぎる脇のキャスト陣のムダ遣いぶりも疑問視されていますが、首を傾げたくなるのが犯人役に内田朝陽を抜擢したこと。連ドラ初回の出演者は、どんなに小さな役でもスポンサーまでもがOKを出さないと出演できない超難関です。しかし、今回犯人役を演じた内田は、もはや話題にすらならないクラスの俳優。なぜ起用したのかわかりません。業界内でさえ内田の名前を覚えていない人も多く、なかには顔を見て『ああ、深キョンの元カレね』と思い出す人も。内田と深田がおそろいのパーカーを着て歩いているところを写真誌に撮られたのは05年10月。00年公開の映画『死者の学園祭』で主演の深田の相手役としてオーディションで優勝して芸能界入りした内田を、公私に渡って深田が手厚くケアしていたと言われています。内田は14年12月に東大卒の地方公務員女性と結婚しましたが、その時でさえも話題なりませんでした」(芸能事務所関係者)

 身長は公称183センチ、胸囲は103センチと立派な体格の内田。そのガタイに相応しい存在感を見せつけてほしいものだが。

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    「男の育毛ケアはカッコいい」は女性たちの新常識。モテ男を目指すなら今すぐGO!

    Sponsored
    89357

    小さい頃、家の洗面台には親父の育毛剤があって、なんだか悲しい気持ちになったことを覚えている。それを人知れず使っている(しかも家族にも!)親父の後姿は、やけに哀愁が漂っていた。記者が年齢を重ねることに不安を感じたのも、この頃だった。ところが、…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , |

    ラッシュアワーが楽しくなる!?駅・電車内の正しい「苦痛軽減術」

    87987

    昨今、電車内での痴漢及び、痴漢冤罪が社会問題になっている由々しき事態だが、もとより、日々の通勤電車は我々サラリーマンの悩みのタネだった。バリバリ仕事をするためには、移動でくたびれている場合ではない。そこで、通勤時間を快適にするオヤジテクニッ…

    カテゴリー: 社会|タグ: , , |

    「小じわ」の放置は「老け顔」に!?今すぐ始める30代からのスキンケア

    Sponsored
    86146

    30代から40代の女性は、結婚や出産・育児などの経験を経ることでママ友や主婦仲間といった新しいコミュニティでのお付き合いが始まったり、そして仕事の場では経験を重ねることで責任あるポジションに就いたりと、家庭や仕事でより充実した毎日を過ごして…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
出演作をコケさせガール!?水原希子ムービーが「観客10人」の大惨事!
2
安室奈美恵を引退に至らしめた6年前の「カネがらみトラブル」!
3
乃木坂46白石麻衣の「倹約」告白にファンが再びザワつき始めた理由!
4
吉良吉影が見られない!?山崎賢人「ジョジョ」映画版が大コケで続編は絶望的!
5
嵐・二宮和也が明かした自分に一生付いて回る「根深い悩み」とは?