芸能

綾瀬はるか「奥様は、取り扱い注意」にボクシング関係者から非難殺到!

 綾瀬はるか主演のドラマ「奥様は、取り扱い注意」(日本テレビ系)が10月4日にスタート。その初回放送では綾瀬の演じる主婦が元・特殊工作員だったことが明かされ、クライマックスでは妻に暴力を振るっていたDV夫を制裁するシーンが展開された。鮮やかな手さばきで相手のパンチをさばく姿に視聴者は喝采を送っていたが、そのシーンを苦々しく思う人たちも少なくなかったという。スポーツ系のライターがささやく。

「そのDV夫がボクシング経験者で、しかも高校王者や大学王者に輝いた実力者という設定が、ボクシング関係者の逆鱗に触れたのです。妻に手をあげるばかりか、包丁で腹を刺すという異常性格者として描かれていたのですから、『ボクシングとDVを結びつけるな!』『素手で闘うボクサーに刃物を持たせるな!』と、二重の意味で非難が集まるのも当然でしょう」

 作中では綾瀬がDV夫の元を訪れた際に、部屋に飾られた賞状やトロフィーをクローズアップ。さらに綾瀬による制裁シーンではトロフィー類に夫の頭を打ち付けていた。これでは「ボクサー夫=DV」という演出だと指摘されるのも当然だろう。

「それに加えて、どうせボクシングを描くならもっと正しく描いてほしいという声もあがっています。DV夫が飾っていた盾には『全日本大学ボクシングリーグ戦 男子ライト級 優勝』の文字が。しかし大学のリーグ戦は団体対抗戦ですし、日本のアマチュア個人戦には“成年の部”しかなく、大学王者なるものは存在しません。これも制作側がボクシングについてちゃんと調べていなかった証拠です」(前出・スポーツライター)

 綾瀬の「元・特殊工作員」というキャラを際立たせるためにボクシングを利用したのかもしれないが、結果として脚本の底の浅さを露呈してしまったのかもしれない。

(金田麻有)

カテゴリー: 芸能   タグ: , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    「男の育毛ケアはカッコいい」は女性たちの新常識。モテ男を目指すなら今すぐGO!

    Sponsored
    89357

    小さい頃、家の洗面台には親父の育毛剤があって、なんだか悲しい気持ちになったことを覚えている。それを人知れず使っている(しかも家族にも!)親父の後姿は、やけに哀愁が漂っていた。記者が年齢を重ねることに不安を感じたのも、この頃だった。ところが、…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , |

    「小じわ」の放置は「老け顔」に!?今すぐ始める30代からのスキンケア

    Sponsored
    86146

    30代から40代の女性は、結婚や出産・育児などの経験を経ることでママ友や主婦仲間といった新しいコミュニティでのお付き合いが始まったり、そして仕事の場では経験を重ねることで責任あるポジションに就いたりと、家庭や仕事でより充実した毎日を過ごして…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , |

    ラッシュアワーが楽しくなる!?駅・電車内の正しい「苦痛軽減術」

    87987

    昨今、電車内での痴漢及び、痴漢冤罪が社会問題になっている由々しき事態だが、もとより、日々の通勤電車は我々サラリーマンの悩みのタネだった。バリバリ仕事をするためには、移動でくたびれている場合ではない。そこで、通勤時間を快適にするオヤジテクニッ…

    カテゴリー: 社会|タグ: , , |

注目キーワード

人気記事

1
体操 田中理恵 「カメラマン」に対抗した仰天措置 「恥骨テーピング」で激写封じしていた
2
上西小百合、タレント転身も「全局が一斉出禁」の衝撃情報!
3
「美女タレントを射止めた芸人」になり損ねた残念オトコたち
4
「私にくわえさせると薬物に火を点け…」清水良太郎を通報した女性が告白
5
香取慎吾「仮装大賞」降板危機を救う萩本欽一の爆弾発言!