芸能

乙武洋匡、自身への“ド直球暴言”にアンチを黙らせた「神対応」

 ストレートな暴言をうまくいなす相変わらずのクレバーさを見せつけた。

 作家でタレントの乙武洋匡氏が4月4日、自身のツイッターにて、失礼なフォロワーとのやり取りを明かしている。乙武氏は、〈久しぶりにツイートをしたら、『死ねばいいのに』というド直球なリプライをいただいたのですが〉と切り出し、乱暴な物言いが寄せられた事実を紹介すると、〈心配せずとも寿命が尽きれば誰でも死んでいくので、いましばらくお待ちください。そのときまで精一杯に生きてゆきます!!〉と応対。屈辱的な暴言に対し、オトナな反応を見せたとしてファンもこの絶妙な切り返しをこんなふうに絶賛している。

「さすが乙武さん!まったく感情的にならないところがカッコ良い!」「この返しをされたら暴言吐いたやつも恥ずかしいだろうな」「その切り返しで頭の良さが伝わってくる!」「そんなひどいことをリプライするクソ野郎は無視して楽しくやっていきましょう!尊敬しております」

 もちろん中には乙武氏がなぜこのようなリプライを受けるのかを推察するような意見も見られた。

「乙武さんはいくら言われてもしかたがない。まだ反省してないから」「なぜそう言われてしまうのか、傷つけた人の気持ちを考えてみてはいかがでしょうか?」

「乙武氏といえば、過去に長年連れ添った元妻を裏切る5人の女性との不貞行為が報じられています。その“モテ男ぶり”に、嫉妬半分の恨み節コメントが寄せられているわけです」(テレビ誌ライター)

 テレビ番組では、報道やバラエティーにかかわらず、ニコッと爽やかに笑いながら的を射たコメントを突き刺す乙武氏。世の女性が彼を放っておかないのには、理由があるのだろう。

(木村慎吾)

カテゴリー: 芸能   タグ: , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    「男の人からこの匂いがしたら、私、惚れちゃいます!」 弥生みづきが絶賛!ひと塗りで女性を翻弄させる魅惑の香水がヤバイ…!

    Sponsored

    4月からの新生活もスタートし、若い社員たちも入社する季節だが、「いい歳なのに長年彼女がいない」「人生で一回くらいはセカンドパートナーが欲しい」「妻に魅力を感じなくなり、娘からはそっぽを向かれている」といった事情から、キャバクラ通いやマッチン…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    ドジャース・大谷翔平はなぜ「6月に最高潮」なのか科学的分析!メラトニン分泌とホルモンの秘密

    なぜ大谷翔平は毎年6月になると、調子が上がるのか。メジャー通算500打点にあと1、200本塁打まであと3本に迫った6月最終戦は無安打に終わったものの、月間12本塁打、24打点をマーク。日本人選手として最多となる通算5度目の月間MVP受賞が有…

    カテゴリー: スポーツ|タグ: , , , |

    大谷翔平だけじゃない!メジャー影の首位打者「ベイビー・イチロー」は山形県がルーツの「侍ジャパン候補」

    メジャーリーグは6月を終えて、ア・リーグの打率トップはエンゼルスのレンヒーフォ(3割1分7厘)。それをヤンキースのジャッジが猛追しているが(3割1分3厘)、実は「影の首位打者」がいた。ガーディアンズのスティーブ・クワンだ。現地メディア関係者…

    カテゴリー: スポーツ|タグ: , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
韓国から「出ていけ!」ホン・ミョンボ代表新監督への〝ウソつき呼ばわり〟は日本人選手がキッカケだった
2
イギリスに実在した「世界最恐のサイコパス双子姉妹」ジューンとジェニファーの「双子語」狂乱人生
3
1軍首脳陣に嫌われた阪神・秋山拓巳に「他球団からトレード申し入れ」という「救いの手」
4
「黙らすぞクソ豚、コラァ!」坂本勇人のアドレナリン爆発を誘発させた大久保博元の「策略」
5
美女雀士・岡田紗佳の「激震しすぎる放送事故」で画面が緊急チェンジ!【2024年6月BEST】