芸能

とんねるず、「日テレ出禁」は木梨憲武ではなく石橋貴明が原因だった!?

 3月22日に「とんねるずのみなさんのおかげでした」(フジテレビ系)が最終回を迎え、ついにレギュラー番組が消滅したとんねるず。4月16日には同じフジテレビで「石橋貴明のたいむとんねる」がスタートするものの、相方の木梨憲武についてはレギュラー出演番組の予定は聞こえてこないようだ。

 その木梨があるバラエティ番組にゲスト出演することになり、業界内で驚きの声があがっている。なぜなら4月10日に出演予定の「ウチのガヤがすみません!」(日本テレビ系)は、とんねるずが出入り禁止だと噂される日本テレビの番組だからだ。ここでテレビ誌のライターがささやく。

「とんねるずはレギュラー番組『とんねるずの生でダラダラいかせて!!』が2001年3月に終了して以降、日本テレビには出演していません。諸説ありますが、局側の実力者から嫌われて出禁になったというのがもっぱらの噂です。ただ石橋に関してはこの番組が終了した半年後に連続ドラマ『レッツ・ゴー!永田町』で主役を務めていたことから、出禁の原因は木梨にあると見られていました。ところがその木梨が『ウチのガヤが』に出演することから、実は石橋こそが日テレから出禁になっていたのかと驚くテレビ関係者が少なくないようです」

 その日テレととんねるずを巡る因縁には浅からぬものがあるとされている。たとえば2013年に放送された、ともに放送開始から60年を振り返る日テレとNHKとの共同制作番組などでも、とんねるずの名前はいっさい出なかったという。ただ、日テレのこれまでの放送内容を見ていくと、木梨に関しては、今回の「ウチのガヤ」のみならず、15年10月放送の「いろもん極」にもゲスト出演していたり、同じく15年8月放送の「NEWS ZERO」で画家・木梨に密着取材するなど、日テレとの関係は断絶していないようだった。

「そうなるとやはり、出禁の原因は石橋にあると考えるのが自然でしょう。『生ダラ』終了後に出演したドラマについては、その『生ダラ』で石橋と密接な関係にあった名物テレビマンの土屋敏男氏が、番組終了後に編成部長に異動したことで実現したとの観測もあります。そして石橋自身も自分が日テレ出禁であることは強く自覚しているはず。だからこそ昨年12月21日に『みなおか』で、『細かすぎて伝わらないモノマネ選手権』の最終回が放送された時は、冒頭に『これだけでも持ってですね、日テレに行きます』とのギャグを飛ばせたのでしょうね」(前出・テレビ誌ライター)

 出禁であることが周知の事実だからこそ、あり得ない話としてギャグにできるということか。ともあれ日テレで今後、木梨の姿を観る機会は何度でもありそうだ。

(金田麻有)

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    伊藤沙莉、「バストトップ出し&アエギ声」映画用にボイス訓練の“躍進女優力”

    161972

    若手女優きってのバイプレイヤー伊藤沙莉(26)の大躍進が止まらない。どこか親近感を持てるルックスと独特のハスキーボイスを携えて映画に引っ張りだこだというのだ。「主演の伊藤健太郎のひき逃げのためにお蔵入りになりかけた11月6日公開の『十二単衣…

    カテゴリー: 芸能|タグ: , , , , , |

    多部未華子、「行列のできる法律相談所」で見せた“顔の進化”に視聴者騒然!

    132223

    8月24日から25日にかけ放送された「24時間テレビ」(日本テレビ系)は、平均視聴率16.5%で歴代13位の好成績を記録。駅伝マラソンでの、いとうあさこのラストスパートのシーンでは瞬間最高視聴率39.0%と驚異的な数字をとり、そのまま後番組…

    カテゴリー: 芸能|タグ: , , , , |

    過食やストレスによる“ぽっちゃり” 実は「脳疲労」が原因だった!?

    Sponsored
    157187

    「思うように外出できないし、友だちともなかなか会えない」「四六時中、家族と接していて息が詰まる」「在宅勤務だと仕事に集中できない」「残業がなく収入減で将来が不安」──会議に限らず、飲み会やデート、婚活まで、オンラインによるライフスタイルがニ…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
日テレ水卜麻美、「スッキリ」卒業で色白Eバスト求め視聴者も「ZIP!」大移動!?
2
桑田真澄、クロマティが明かしていた巨人に15年間も呼ばれなかった理由
3
割れ目のドアップが?綾瀬はるか、「天国と地獄」で見せた“よつんばい”ポーズの衝撃!
4
茂木健一郎、鼻マスク受験生“頑な擁護”で想起される「松本人志とのイザコザ」
5
太川陽介「バス旅」パートナーの意外過ぎる人選と懸念ポイント