芸能

とんねるず、「日テレ出禁」は木梨憲武ではなく石橋貴明が原因だった!?

 3月22日に「とんねるずのみなさんのおかげでした」(フジテレビ系)が最終回を迎え、ついにレギュラー番組が消滅したとんねるず。4月16日には同じフジテレビで「石橋貴明のたいむとんねる」がスタートするものの、相方の木梨憲武についてはレギュラー出演番組の予定は聞こえてこないようだ。

 その木梨があるバラエティ番組にゲスト出演することになり、業界内で驚きの声があがっている。なぜなら4月10日に出演予定の「ウチのガヤがすみません!」(日本テレビ系)は、とんねるずが出入り禁止だと噂される日本テレビの番組だからだ。ここでテレビ誌のライターがささやく。

「とんねるずはレギュラー番組『とんねるずの生でダラダラいかせて!!』が2001年3月に終了して以降、日本テレビには出演していません。諸説ありますが、局側の実力者から嫌われて出禁になったというのがもっぱらの噂です。ただ石橋に関してはこの番組が終了した半年後に連続ドラマ『レッツ・ゴー!永田町』で主役を務めていたことから、出禁の原因は木梨にあると見られていました。ところがその木梨が『ウチのガヤが』に出演することから、実は石橋こそが日テレから出禁になっていたのかと驚くテレビ関係者が少なくないようです」

 その日テレととんねるずを巡る因縁には浅からぬものがあるとされている。たとえば2013年に放送された、ともに放送開始から60年を振り返る日テレとNHKとの共同制作番組などでも、とんねるずの名前はいっさい出なかったという。ただ、日テレのこれまでの放送内容を見ていくと、木梨に関しては、今回の「ウチのガヤ」のみならず、15年10月放送の「いろもん極」にもゲスト出演していたり、同じく15年8月放送の「NEWS ZERO」で画家・木梨に密着取材するなど、日テレとの関係は断絶していないようだった。

「そうなるとやはり、出禁の原因は石橋にあると考えるのが自然でしょう。『生ダラ』終了後に出演したドラマについては、その『生ダラ』で石橋と密接な関係にあった名物テレビマンの土屋敏男氏が、番組終了後に編成部長に異動したことで実現したとの観測もあります。そして石橋自身も自分が日テレ出禁であることは強く自覚しているはず。だからこそ昨年12月21日に『みなおか』で、『細かすぎて伝わらないモノマネ選手権』の最終回が放送された時は、冒頭に『これだけでも持ってですね、日テレに行きます』とのギャグを飛ばせたのでしょうね」(前出・テレビ誌ライター)

 出禁であることが周知の事実だからこそ、あり得ない話としてギャグにできるということか。ともあれ日テレで今後、木梨の姿を観る機会は何度でもありそうだ。

(金田麻有)

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    「男の人からこの匂いがしたら、私、惚れちゃいます!」 弥生みづきが絶賛!ひと塗りで女性を翻弄させる魅惑の香水がヤバイ…!

    Sponsored

    4月からの新生活もスタートし、若い社員たちも入社する季節だが、「いい歳なのに長年彼女がいない」「人生で一回くらいはセカンドパートナーが欲しい」「妻に魅力を感じなくなり、娘からはそっぽを向かれている」といった事情から、キャバクラ通いやマッチン…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    今永昇太「メジャー30球団でトップ」快投続きで新人王どころか「歴史的快挙」の現実味

    カブス・今永昇太が今季、歴史的快挙を成し遂げるのかもしれないと、話題になり始めている。今永は現地5月1日のメッツ戦(シティ・フィールド)に先発登板し、7回3安打7奪三振の快投。開幕から無傷の5連勝を飾った。防御率は0.78となり、試合終了時…

    カテゴリー: スポーツ|タグ: , , |

    因縁の「王将戦」でひふみんと羽生善治の仇を取った藤井聡太の清々しい偉業

    藤井聡太八冠が東京都立川市で行われた「第73期ALSOK杯王将戦七番勝負」第4局を制し、4連勝で王将戦3連覇を果たした。これで藤井王将はプロ棋士になってから出場したタイトル戦の無敗神話を更新。大山康晴十五世名人が1963年から1966年に残…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
DeNA大型新人・渡会隆輝「とうとう2軍落ち」に球団内で出ていた「別の意見」
2
「趣味でUber Eats配達員をやってる」オードリー若林正恭に「必死の生活者」が感じること
3
桑田真澄に「偉業を全て盗まれた」同級生の元バッテリー捕手が明かす「ほとんど完全試合」時代
4
「3Aで最多安打記録」巨人に新加入の外国人ヘルナンデスに「超不吉なデータ」
5
豊臣秀吉の悪口に反論したら「耳と鼻をそがれて首を刎ねられた」悲劇の茶人