芸能

自身への“スタミナ太郎”野次が効いた? GACKT、「RIZIN」解説辞退の裏

 さすがに自分でも完成度の悪さには気付いた?

 4月21日にフジテレビ系で放送された格闘技大会「RIZIN.15」でゲスト解説を務めたGACKTが、今後は解説の仕事を受けないことを宣言した。GACKTは翌22日にフェイスブックを更新し、〈今回度重なる要請を受けてやったものの、ボクの話すペースは全く解説者向きじゃない。解説を本業にやってる方達にも失礼だとも思うし、技術面も話せる人がいるならボクがそれを話す必要も全くない〉と、今回の解説を務めた経緯について明かしつつも、自身の仕事ぶりに満足いっていないとコメント。

 続けて、〈今後解説席に座ることはもうない。これで最後だ。強く頼まれたこととはいえ、ボクが格闘技ファンとして客観的にボク自身を見たらボクは要らない〉と、ここでも厳しい言葉で自身を批判し、今回で解説席に座ることは最後であると宣言している。

 実際、GACKTの解説については解説にしては内容が薄すぎたこともあって、SNS上では批判的な声が上がっていた。

「格闘技通で知られるGACKTですから、どういった解説を展開していくのか、非常に興味深いものでしたが、フタを開けてみれば、同じような内容を連呼。『RENA × サマンサ・ジャン=フランソワ』の1戦では試合前に『(対戦相手も含め)おたがいスタミナがないので、早く決着する』と分析すると、試合開始後も『これ以上長引かせるとスタミナが持たなくなってくる』『RENA選手のスタミナが上回っていた』と、とにかく“スタミナ”というワードを連呼。そのため、SNS上では、あまりにスタミナを連呼することからGACKTに対して『スタミナ太郎』という小馬鹿にしたあだ名までつけられる始末でした。また、WEB番組『高田横粂の世相談義』でこの日の試合についてRENAは振り返っていましたが、GACKTの『スタミナがない』発言について、『スタミナは大丈夫です(笑)。私、後半強いタイプなんですけど。フランソワ選手の試合も見たことあるのかな?(笑)』と言及しており、頼みの綱であるスタミナについても何やら的外れなことを言っていたことがわかってしまいましたから、GACKTとしてもプライドはズタズタでしょう」(エンタメ誌ライター)

 格闘技をかじっているとはいえ、単なるゲストならともかく解説者として語るには無理があったか?

(田中康)

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    過食やストレスによる“ぽっちゃり” 実は「脳疲労」が原因だった!?

    Sponsored
    157187

    「思うように外出できないし、友だちともなかなか会えない」「四六時中、家族と接していて息が詰まる」「在宅勤務だと仕事に集中できない」「残業がなく収入減で将来が不安」──会議に限らず、飲み会やデート、婚活まで、オンラインによるライフスタイルがニ…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    参加無料の賞金大会実況リポート!いま激アツなオンライン麻雀の“リアル”

    Sponsored
    156506

    ここ数年、急増している麻雀番組。昨今、超人気アイドルグループをはじめ、グラドル界からも麻雀にハマるメンバーが続々登場。彼女たちの間では「グラドル雀士枠」の争奪戦も展開されているとか。もはや可愛いさだけではなくプロとも渡り合えるガチな雀力が求…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    アラフォー男性の健康トラブルが増えている!?“人生100年時代”を生き抜く3つのヒントとは?

    Sponsored
    155376

    “貧乏暇なし”とはよくいったもので、来る日も来る日も働きづめでストレスはたまる一方だ。暴飲暴食で食生活は乱れ、疲れがなかなかとれないばかりか、眠りは浅く熟睡もできない。こんな毎日だから朝から体がダルいし、集中力や判断力が鈍って仕事ではミスば…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
本田真凛、「NHK杯」9位の苦戦よりファンが注目した“ボディの成長”!
2
太川陽介のバス旅、あのマドンナが「ヒップ躍動」魅せ!新たな見どころになるか
3
フジ井上清華、「めざましテレビ」では見せない“ギャンブラー”本性
4
「バス旅Z」最新回!?田中要次&羽田圭介“ロケ目撃情報”
5
和久田麻由子“独り生活”の淋しさが溢れ出る?ただ今フェロモン大放出中!