芸能

飲酒ひき逃げ・吉澤ひとみを待ち受ける「刑務所地獄」(2)屈辱的な検査も受ける必要が…

 女子刑務所に収監された場合、吉澤はまず最初に「一糸まとわぬ姿」の洗礼を受けることになる。これまで多くの元受刑者を取材してきた作家の影野臣直氏が説明する。

「異物検査といって、タバコや薬物などを隠し持っていないか、厳しい身体検査を受けます。女性刑務官が『脱げ!』と言えばアンダーウェアを外し、『広げて!』と言えばみずからの股を開き、見せなければいけません。相手が芸能人でも容赦はありません。かつては膣内に指を入れることもあったようですが、今はそこまではしないようです。いずれにしても、そこで屈辱的な扱いを受けることによって、新入りの女性は自分が受刑者であることを痛感させられるのです」

 こうした「膣内検査」を経て、いよいよ女囚の仲間入りとなる。

「服役中、オシャレらしいオシャレはほとんどできません。化粧も厳禁。色鉛筆で眉を描くくらいしかできません。いつもメイクさんがついていたような芸能人にはキツいでしょうね」(影野氏)

 さて、ここで実際の「経験者」に女囚の生活を語ってもらおう。

「(モー娘。のヒット曲)『ハッピーサマーウェディング』は、ムショの運動会で踊った曲でもあり、懐かしいです(笑)。とにかくムショは娯楽が少ないので、運動会やカラオケ大会はめっちゃ気合いが入りました。お菓子はこうした行事のある時でないと食べられないので、大半の懲役囚がツラいと考えているでしょうね」

 こう話すのは通算12年の服役経験があり、今年5月に「女子刑務所ライフ!」(イースト・プレス刊)を上梓した中野瑠美氏だ。続けて塀の中の壮絶なイジメ体験を明かす。

「ムショはとにかく閉鎖的で厳しいところで、みんな気がすさんでいます。私物を隠されたり、やってもいないことを告げ口されたりなどのトラブルはしょっちゅう。こっそり歯ブラシを便器につけてまた戻しておくようなイジメもあります。私も最初の頃はイジメられて死にたくなったこともありました」

 影野氏も次のように言って吉澤の身を案じるのだ。

「女子刑務所のイジメはとにかく陰湿です。深夜、雑居房で寝ている標的をいきなり布団でグルグル巻きにしてボコボコにするという話を聞いたことがあります。やられたほうは誰に殴られたかわからないので、被害を訴えることも報復することもできないのです」

 イジメの標的にならないためにも、下着への心配りが欠かせないという。

「拘置所から刑務所に持ち込む所持品は『携入品』と呼ばれ、ある程度の自由はきくので、カラフルな下着を身につけることもできます。ただ、女子刑務所では男子と異なり、下着は自分たちで洗濯・管理するのがルール。ゆえに、あまりに高級な下着を身につけていると、周囲の反感を買って、トイレに流されたりといった嫌がらせを受けるかもしれません」(影野氏)

カテゴリー: 芸能   タグ: , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    センベロ、野球、鉄ちゃん、アニメ、オタク……趣味などの価値観重視で生涯のパートナーを見つけるマッチングアプリが中高年に最適なワケ

    Sponsored
    136162

    50歳で結婚歴のない「生涯未婚率」が激増している。これは2015年の国勢調査の結果によるもので、親世代となる1970年の同調査に比べると、その率なんと約14倍なんだとか。この現実をみると、「結婚できない……」ことを切実な問題として不安に思う…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , |

    高血圧・高血糖・高血中脂質が1つでもあると、動脈硬化につながる「トリプルリスク」になる!?

    Sponsored
    102085

    いま、アラフォー世代を中心に、「トリプルリスク」の危険性が叫ばれている。「かくれ肥満」を提唱し、メタボに警鐘を鳴らした医師の岡部正さんによると、「高血圧・高血糖・高血中脂質のうち、どれか1つでも該当すると他の2つも悪くなる可能性がある」そう…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    認知症の予防に期待!? 世界初、九州大学がプロポリスの認知機能向上効果を実証!

    103760

    九州大学大学院歯学研究院の武洲准教授と倪軍軍助教の研究グループは、中国青海省人民病院との共同研究において、ブラジル産プロポリスが中国チベット高原に住む健常な高齢者の認知機能低下並びに全身性炎症の改善効果をもたらすことを明らかにした。臨床研究…

    カテゴリー: 社会|タグ: , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
木下優樹菜「タピオカ屋恫喝」で離婚危機!?「夫が後輩に“ヤバいことに…”吐露」
2
同棲報道、二宮和也と伊藤綾子が結婚前の“極秘出産計画”を進行中だって!?
3
「タピオカ騒動」木下優樹菜、一転謝罪も指摘される「ファンに『黙れ』」過去!
4
浅田真央、「姉の舞に負けないほど胸が急成長」魅せつけた“ワンピの特徴”!
5
「恫喝騒動」木下優樹菜が指摘されたアノ女性タレントとのイタすぎ“雲泥の差”